fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

ソフトウェアテストには、大きく分けて2つのカテゴリーがあります。手動テストと自動テストです。

手動テストは時間と労力がかかり、複雑なソフトウェアでは、それだけを使用するとコスト高になることもあります。 自動化されたテストは、プロセスを合理化し、テストにかかる時間を短縮し、ソフトウェア開発者がソフトウェアの機能テストに退屈な時間を費やしているような非効率性を排除します。

以下は、自動テストと、それがソフトウェアテストのワークフローにどのように役立つかをまとめたものです。

目次

テスト自動化とは何か、なぜ必要なのか?

テスト自動化とは?

ソフトウェアテストの自動化とは? 自動化テスト は、新しく開発されたソフトウェアやアップデートを一連のテストを通して実行し、潜在的なコーディングエラーやボトルネック、その他のパフォーマンスの障害を特定するソフトウェアツールを使用するプロセスです。 ソフトウェアテスト自動化ツールは、以下のような機能を持っています。

  • テストの実施と実行
  • 結果の分析
  • 期待される成果との比較
  • 開発ソフトウェアの性能に関する報告書の作成

新しいソフトウェアやソフトウェアのアップデートをテストする場合、手動テストはコストがかかり、面倒な作業になります。 一方、自動テストはコストがかからず、時間もかかりません。

自動化されたテストは、ヒューマンエラーの可能性を低くし、障害をより早く検出するのに役立ちます。 さらに、変更のたびに、あるいは期待通りの結果が得られるまで、何度も実行することが容易です。

また、自動化することで、ソフトウェアを市場に投入するまでのプロセスを短縮することができます。 自動化によって特定分野のテストを徹底的に行うことができるため、次のフェーズに進む前に共通の問題に対処することができます。

テスト自動化ピラミッド

テスト自動化ピラミッドは、各タイプのテストをどれくらいの頻度で実行すべきかを理解するのに役立ちます。

テスト自動化ピラミッドでは、テストを4つのレベルに分割しています。 一番下の層は、最も頻繁に実行すべきテストを表しています。 ピラミッドの頂点に近づくほどレベルは小さくなり、より少ない回数で行うべきテストを表しています。

テスト自動化ピラミッドが示す、やるべきテストの種類を、多いものから少ないものへと並べてみました。

  • 単体テスト
  • 統合テスト
  • APIテスト
  • UIテスト

1.単位

ユニットテストでは、開発ソフトウェアを消化しやすい単位に分解し、エラーやパフォーマンスの問題を特定します。

ユニットテストは、ソフトウェア開発工程が進みすぎる前にエラーを特定するのに役立ちます。 このタイプのテストは、ソフトウェア開発の初期段階で行われ、テストを進める前に問題の切り分けと対処を行います。

ユニットテストは、最も頻繁に行うべきテストです。なぜなら、最小のソフトウェアコンポーネントがすべて正しく動作していることを、それらを全体に統合する前に確認するためです。

2.統合化

ソフトウェアを構成する個々の部品が正しく動作していることを確認したら、今度はそれらを組み合わせて、すべての部品が連動して動作しているかどうかを判断します。 統合試験は、同じソフトウェアプログラム内を含むコンポーネントの相互作用を検証するものです。

統合されたすべてのコンポーネントが、ソフトウェアやWebサービスなどの外部サービスと正しく相互作用することが不可欠です。 したがって、ほとんどの人は、統合テストのためにデータベースを作成し、すべての可能なシナリオをリストアップすることを選択します。

コードエラーの大部分はユニットテスト中に解決されるので、統合テストはそれほど頻繁に行う必要はないはずです。

3.API

アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)テストでは、2つの異なるソフトウェアコンポーネントが様々な状況下で互いに通信できるかどうかをテストします。

APIテストの種類には、以下のようなものがあります。

  • バリデーションテスト
  • 機能テスト
  • セキュリティテスト
  • 負荷テスト

4.UI

ユーザーインターフェース(UI)テスト(GUIテストとも呼ばれる)は、OSやブラウザなど、エンドユーザーがソフトウェアを操作する様々なユーザーインターフェースでの動作を確認するものです。 UIテストは、機能性、ビジュアルデザイン、パフォーマンス、ユーザビリティなどの機能を評価します。 幸いなことに、UIオートメーション・テストを使えば、テスト用に複数のデバイスを購入する必要がありません。

UIテストの自動化は、エンドユーザーの体験を考慮し、そのインタラクションにマッチするようにソフトウェアを成形するのに役立ちます。 UIテストの自動化フレームワークには、システムやプロセスのボトルネックに関連するテストシナリオを含める必要があります。

これまでのすべてのテストステップで、ソフトウェアが持つ可能性のある問題の大部分を特定し、修復しているはずなので、UIテストは最も時間のかからないテストであるはずです。 UI自動化ツールでさらに時間短縮

テスト自動化プロセスを成功させるための主な基準とは?

テスト自動化の主な目的は、ソフトウェアのエラーを特定し、プロジェクトが別のフェーズに進む前、あるいはエンドユーザーに届く前に修復することです。 テスト自動化プロセスの成功は、より短い時間で、意図したとおりに動作し、機能を提供するソフトウェアを作成することができます。

ベストプラクティス ソフトウェアテストの自動化

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

1.専任のチームを持つこと

ソフトウェアをテストするための専門チームを持つことは不可欠です。 開発者、テスター、品質保証チームがテストプロセスの異なる部分に関与することで、各レベルのテストにおいて見落としがないようにすることができます。

2.正しい道具を持つこと

適切なテスト自動化ツールを選択することが重要です。 自動テストツールは、そのような場合に最も効果的に機能します。

  • 使い勝手の良さ
  • 様々なOS、ブラウザ、デバイスのテストが可能であること
  • 必要なものをテストするために必要なツール(フルスタック)を装備しています。
  • スクリプト言語をサポートし、スクリプト言語を知らない人、コーディングスキルのない人でも簡単に使えること
  • 複数のテストや変更に再利用可能
  • 複数のソースからの大規模なデータを活用し、データに基づく検証を行うことができる。

3.専用の予算があること

すでにソフトウェア開発に投資している場合、テスト自動化ソフトウェア、開発、トレーニングに専用の予算を確保することで、長期的に費用を削減することができます。 手動でのテストに費やす時間が減り、より早くソフトウェアを稼動させることができます。

4.強力なテストフレームワークの実装

テストフレームワークとは何ですか? テストのためのガイドライン、ベストプラクティス、ツール、ルールを含むテストフレームワークは、時間と労力を節約することができます。 優れたWebオートメーションフレームワークは、次のような様々な機能を統合する必要があります。

  • 図書館
  • テストデータ
  • 再利用可能なモジュール
  • サードパーティーツールとの連携

自動テストの種類とは?

自動化が可能なテストの種類はたくさんありますが、ここでは最も一般的なものを紹介します。

1.機能テスト

機能テストは、ソフトウェアやアプリが期待通りに動くかどうかを判断するのに役立ちます。 ソフトウェアがエラーやギャップなしに正しい結果を出しているかどうかをテストします。

2.非機能テスト

非機能テストは、次のようないくつかのことを測定します。

  • さまざまな環境下でのソフトウェアの性能
  • ピーク時を含む、想定されるユーザー負荷でのソフトウェアの動作状況
  • 最も負荷のかかる条件下で、どれだけソフトウエアが機能するか

3.コード解析


コード解析
は、コードを見て、テストを通じて問題を特定する、などです。

  • 冗長なコードとパフォーマンスのループ
  • 動作しないコード
  • インターフェースに問題があるコード
  • 他のコードと内部で競合しているコード

4.単体テスト

ユニットテストは、個々のソフトウェアコンポーネントを評価するものです。 ユニットテストの目的は、ソフトウェア内の特定のユニットの基本的な機能が損なわれておらず、エラーがないことを確認することです。

5.統合テスト

統合テストは、各ユニットが互いに接続されたときに一緒に動作することを確認します。 構成要素が論理的に協調し、正しい値を生成しているかどうかを検証する。 また、サードパーティツールとモジュールが連動しているかどうかのテストも行います。

6.スモークテスト

開発者は、新しいビルドのたびに、システム全体の安定性を検証するためにスモークテストを使用します。

7.パフォーマンステスト

パフォーマンステストは、ソフトウェアがどの程度うまく機能するかを測定するものです。 ソフトウエア全体の品質、失敗するポイント、スピード、スケーラビリティが主な関心事です。

8.回帰テスト

回帰テストは、新しいコード、エラーの修復、または更新が、ソフトウェア内の既存のコンポーネントの機能を破壊しないことを保証します。

9.APIテスト

APIテストは、2つのコンポーネントが様々なシナリオで確実かつ安全に通信できることを確認します。 APIテスト自動化フレームワークは、使いやすく、拡張性があり、再利用可能であるべきです。

自動化すべきプロセスやテストの種類は?

自動化シナリオの目標は、テスト時間の短縮とコスト削減であるため、データに基づいた自動化が不可欠です。 ここでは、自動化が有効なプロセスの例をいくつか紹介します。

1.繰り返しテスト

シーケンシャルで規則的な繰り返しを含むテストは、手動テストよりも高速に実行できるため、自動テストの恩恵を受けることができます。

2.ハイリスク検査

自動化により、潜在的な障害点を分離し、コードの変更を開始する前に対処することができます。 テストによって問題が発見されない限り、コードの変更を避けることで開発サイクルを遅らせることを防ぐことができます。

3.時間のかかるテスト

手動テストは時間がかかり、ミスも起こりやすい。 テストを自動化することで、テストの実施に必要な人員を削減し、重要なエラーを検出できない可能性を減らすことができます。

4.多面的なアプリ

ソフトウェアが他のアプリケーションやソフトウェアと多くの相互作用を持つ場合、コンフリクトが発生する可能性が高くなります。 自動化することで、潜在的なコンフリクトをすべて捕捉することができます。

テスト自動化プロセスに関与すべき人々

ソフトウェアテスト自動化ツールや計画に携わるべき人

自動化テストは、一人の社員が担当することはほとんどありません。 ここでは、自動化テスト工程に関わるべき人の例をいくつか紹介します。

1.開発者

開発者は、コードの誤りから生じる問題がないことを確認するための最初のテスターです。 ユニットテスト、スモークテスト、統合テストなど、より細かなテストに対応します。

2.テスター

テスターはユニットテストも少し行うし、スモークテストや統合テストを行うこともある。 また、新しいコンポーネントが古いコンポーネントと連動して動作することを確認する回帰テストも行います。

3.品質保証チーム

自動化されたテストを使用することで、QAチームがコーディングの専門知識を持っていなくても、関連する基礎的な知識を身につけることができます。 開発者やテスト担当者が見逃してしまうような問題を見つけるのが彼らの仕事です。 また、ソフトウェアの能力の限界も試されます。

優れたGUIテスト自動化フレームワークは、開発者や他のテスターに頼ることなく、QAチームがテストを処理する能力を向上させます。

4.ステークホルダー(エンドユーザー)

最終製品を使う人にきちんと機能するかどうか、エンドユーザーからのベータテストは欠かせません。

テスト自動化プロセス&導入チェックリスト

ソフトウェアテストチェックリスト

成功するテスト自動化システムは、以下のプロセスを遵守します。

ステップ1:テスト目標の設定

実行するテストを選択する前に、テストによって達成したいことをマップ化する。 こうすることで、意味のない結果のために処理時間を浪費することがなくなります。

ステップ2:テストの優先順位付け

テストの優先順位を決めることで、まず最も重要な分野に集中し、重要度の低いものから順次取り組んでいくことができます。

ステップ3:クロスプラットフォームへの適用性

さまざまなOSやブラウザ、デバイスで動作するかどうかを検証することが不可欠です。

ステップ4:テストのしやすさ

テストは、再利用可能で、他のアプリケーションに適用でき、または他のシナリオに迅速に適応できるものでなければなりません。 こうすることで、テスト工程を開始する際に車輪の再発明をする必要がなくなります。

ステップ5:コミュニケーションの効率化

テストに情報を提供する必要がある全員がそうし、その情報が共通の場所で利用できるようにすること。 それぞれのテストに誰が参加し、どのような結果を出すのかを明確にマップ化することで、重複や誰かの苦労が水の泡になることを防ぐことができます。

ステップ6:品質保証

QAチームによる結果の検証は不可欠です。 QAテストグループを利用することで、最終製品の重要なエラーを見落とす可能性をなくすことができます。

テスト自動化に関するよくある誤解

自動テストに関する最大の誤解は、自動テストがすべての開発ソフトウェアに対応するフィックスオールであるということです。 その思い込みは、次のような間違った前提を導き出す。

1.手動テストに代わる自動化

自動化が手作業に取って代わるというのは、食器洗い機が手作業の食器洗いをすべて根絶してしまうという誤った考えからきています。 しかし、手洗いが必要な食器は必ずあります。

ソフトウェアにおける自動テストも同じ考え方です。 自動化により、一般的なテストシナリオを高速化し、テストのワークロードを削減します。 しかし、特にトラブルシューティングの段階では、開発者の方がエラーの原因を特定しやすいので、手作業のテスターの必要性がなくなるわけではありません。

2.自動化によるエラーの排除

どんなに優れたテストでも、エラーやシステムクラッシュをなくすことはできません。 コードの欠陥の中には、プロセス固有のものもあります。 その他のコーディングエラーは、非常に特殊なシナリオでのみ有効です。 自動テストの活用は、信号機によって交差点の安全性は高まりますが、事故やボトルネック、渋滞がなくなるわけではないのと同じです。

3.自動化の開発には経験が必要

自動テストの中には複雑で、経験豊富な開発者が必要なものもありますが、多くのテストパッケージでは、初心者でも簡単な自動テストを書くことができます。

テスト自動化プロセスの前・中・後に留意すべきこと

どんなテストシステムでもそうですが、ある種の仮定と現実は常に考慮しなければなりません。

1.テストは万能ではない

テストは、ロボットによる自動化プロセスで問題を特定する方法です。
ロボットによる自動化プロセス
. 一回で解決するものではなく、すべての問題を特定できるわけではありません。 すべての部品が正常に動作するまで、再試験が必要です。

2.急ぐと失敗する

テストを急ぐと、テストの整合性が損なわれる危険性があります。 各テストを実行する場合は、必ず完了まで実行させるようにしてください。 良い結果が得られると思い込んで、途中で止めてしまうと、後で嫌な思いをすることになりかねません。

3.テストにもエラーがある

テストには、特定の状況下でのみ表面化するエラーがあることがあります。 検査結果を確認する際には、検査ミスの可能性を念頭に置き、異常があればフォローアップする。

ZAPTESTによるエンドツーエンドのテスト自動化テスト

ザップテスト は、自動テストのリーダーであり、無料/無償のテスト自動化フレームワークとエンタープライズレベルのサービスの両方を提供しています。 の多くの利点のいくつかは、次のとおりです。
ソフトウェアテストサービス
をZAPTESTで提供します。

  • 複数のプラットフォームで同時にテスト
  • 豊富なテスト自動化スクリプト言語
  • 異なるプラットフォームで複数のスクリプトを同時に実行する機能
  • 複数のモバイル、デスクトップ、ウェブアプリケーションとのペアリング機能
  • テスト用スクリプトのワンクリック変換
  • 自動化されたスクリプト
  • 多彩なテストシナリオ
  • リアルなリアルタイムシミュレーション
  • 実行可能なスクリプトのシナリオ記録
  • 開発者以外の利用を想定したコードフリー(No-Code)テストフレームワーク
  • JIRAやその他のALMおよびテスト管理プラットフォームなど、現在お使いのソフトウェアとの組み合わせが可能です。
  • クラウドホスティングによるテストソリューション

  • ハイパーオートメーション

    ロボティック・プロセス・オートメーション
  • オートドキュメンテーション
  • 動画撮影のシナリオ
  • 24時間365日の専門家によるカスタマーサポート
  • ROIの向上

よくあるご質問

自動テストに関するよくある質問とその内容を紹介します。

オートメーションテストとは?

自動化テストは、ソフトウェアが次の開発段階やエンドユーザーに移行する前に、外部のツールを使ってテストを行うことです。 自動化テストは、時間とコストを節約し、手動テストに伴うエラーを回避します。 また、ソフトウェアアプリケーションの市場投入のスピードアップにもつながります。

オートメーションフレームワークとは?

自動化フレームワークは、テストプロセスのコンポーネントを標準化し、包括的かつ効率的な結果を得るための方法を提供します。 テストのためのガイドライン、プロトコル、ツール、ルールなどが含まれています。 フレームワークには、コーディング規約やテスト環境へのアクセス管理などのプロトコルが含まれる場合があります。

テスト自動化におけるフレームワークとは?

テスト自動化では、テストの実行を支援し、包括的なテスト結果を提供するコンポーネントがフレームワークに含まれます。 これらのコンポーネントには、テストツール、スクリプト、および自動テストルールが含まれる場合があります。

データドリブンオートメーションフレームワークとは?

データ駆動型自動化フレームワークは、表計算ソフトからデータを入力し、データを保存する。

なぜ自動テストが必要なのか?

自動テストは必須ではありませんが、手動テストに比べれば便利です。 時間や手間のかかる作業、高い人件費、複数のデバイスやシステムでテストを行う必要がなくなります。 最終的には、お金と時間の節約になります。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post