fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

ソフトウェアテストは、企業や独立系開発者がさまざまなテスト手法で製品を改善しようとする、非常に複雑で集中力のいる分野です。

企業がテストを行う際の代表的な手法として、開発者とテスターの間に距離を置き、正確な結果を出し、バイアスを排除するブラックボックステストがあります。

ブラックボックステストとは何か、ブラックボックステストの実施方法、ソフトウェアエンジニアリングでブラックボックステストを実施するメリットについて、この詳細なガイドで学んでください。

 

目次

ブラックボックステストとは何ですか?

チェックリスト uat、ウェブアプリケーションテストツール、自動化など

ブラックボックステストとは、システムやソフトウェアが内部でどのように動作しているかという予備知識を持たずにテストするプロセスを指します。 これは、ソースコードそのものを知らないだけでなく、ソフトウェアにまつわる設計書を見たことがないことを意味します。 テスターは、エンドユーザーと同じように入力を行い、出力を受けるだけです。 これは単純なブラックボックステストの定義ですが、一般的なシステムを示しています。

ブラックボックステストの目的は、ソフトウェアについてすでに知っていることからくる既存のバイアスを持たずに、通常よりも自然な形でユーザーにソフトウェアと接してもらうことです。

この方法論では、テストを完成させる責任者はソフトウェアを開発した人とは異なるため、2つのチームの間に分離が生じます。

 

1.ソフトウェアテストにおいて、いつ、なぜブラックボックステストが必要なのか?

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

ブラックボックステストの使用が理想的な開発サイクルのフェーズはいくつかありますが、ほとんどのブラックボックステストは開発の終盤、リリース直前に行われます。

これには、リリース前のテストとして、ソフトウェアのターゲットとなるユーザーに対して行うユーザー受入テストなどの方法が含まれます。 これは一般にベータテストと呼ばれるもので、露出度が高いほどソフトウェアの潜在的なバグを発見しやすくなるため、企業にとって理想的なツールです。

ユーザーがアクセスしやすいバージョンであるため、開発サイクルの終盤にブラックボックス手法で作業することは必須です。 個々の機能に対してブラックボックステストを行うことも可能ですが、それではテストの意味がなくなってしまいます。

 

2.ブラックボックステストが必要ない場合

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

ブラックボックステストは、開発の初期段階ではほとんど意味がない。 企業がソフトウェアの基本機能を構築する際、開発者がコードのどの部分に問題があるかを確認できるように、ホワイトボックステストを使用します。

また、オープンソースや比較的シンプルなWebツール、第三者のコーディングプロジェクトを支援するために設計されたソフトウェアの場合、比較的素のユーザーインターフェースがあり、ユーザーはいずれにしてもプログラムのソースコードにアクセスできるため、ブラックボックステストは必要ではありません。 ユーザーがソースコードにアクセスすることを想定している場合、ブラックボックステストはその主目的を失います。

 

3.ブラックボックステストには誰が参加するのか?

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

ブラックボックステストプロセスに関わる役割は多岐にわたりますが、その中にはテストを行う企業の性質に応じた役割もあります。

 

ブラックボックステストプロセスに関与する重要な役割は以下の通りです:

 

– テスター

 

テスターは、企業内で手動テストケースを完成させる役割を担っており、アプリを詳しく調べるテストケースを徹底的に書いてから実行し、結果を報告します。 この役割は、主に手動テストプロセスで存在し、テスト自動化が実施されている場合は自動化システムがその役割を担います。

 

– QA アナリスト

 

QAアナリストは、主に企業がQAテスト自動化プロセスを使用している場合、QAプロセスにおけるテストケースのプログラミングを担当する。

高い機能性を確保するための徹底したテストケースの設計と、そのテストケースを実行し、結果を得るというプロセスです。

 

– デベロッパー

 

QAチームがテストするソフトウェアの開発責任者。 開発者は、テストチームからのフィードバックを受け、それに応じてソフトウェアをアップデートします。開発チームの一員として働きながらも、テスターと常にコミュニケーションを取りながら仕事をします。

 

– QAマネージャー

 

QAマネージャーは、品質保証チームのリーダーであり、テスターが行うすべての業務を管理する責任を負っています。

テストスケジュールの調整、スタッフのやるべきことリストの整理、チーム内の対立の解消などです。 また、新入社員研修ではブラックボックステストの説明をしている。

 

– プロジェクトリード

 

最終的なプロジェクトの品質に対する責任者であるプロジェクトリーダーは、テストプロセスや開発を監督し、クライアントが全体の概要を満たすソフトウェアパッケージを受け取れるようにします。

 

ブラックボックステストのメリット

ROI計算機

開発業務でブラックボックステストを使用することには、いくつかの大きなメリットがあります。 このようなメリットを知っていればいるほど、技術から得られるメリットを最大限に活用することができます。

 

ブラックボックステストを品質保証に活用する主なメリットには、以下のようなものがあります:

 

1.専門知識を必要としない

 

ブラックボックスアプローチとは、アプリケーションを検証する際に専門的な知識が必要ないことを意味します。

ブラックボックステストの背後にある目標は、アプリケーションがエンドユーザーにとってどのように機能するかを調べることであり、標準的なユーザーは、ほとんどの状況で高度な技術的知識を持っていません。 これにより、テストにかかるコストを削減し、より多くのバグを低コストで発見することができ、財務的な効率も向上します。

 

2.ユーザーを的確にモデル化する

 

ブラックボックステストプロセスの最終目標は、ユーザーが日常的にアプリケーションを操作しているときに、アプリケーションの問題点を理解することです。

ブラックボックステストの中には、ユーザーの行動を再現することに重点を置き、ユーザーの行動を高い精度でモデル化するものがあります。 特に、エンドユーザーが製品を体験するユーザー受入テストでは、ユーザーの行動をモデル化したりシミュレーションしたりするだけでなく、実際に実装してみることが必要です。

正確にモデリングすることで、ユーザーの実際のワークフローに影響を与えるバグを明らかにすることができます。

 

3.クラウドソーシングによるテストが可能

 

ブラックボックステストは、必要なスキルが比較的低いため、非常に身近なテスト形態といえます。

つまり、企業は技術力の低いテスターを雇うことができるだけでなく、熱心な顧客にテストをクラウドソーシングすることができるのです。 ゲーム業界では、アーリーアクセスのリリースを提供する企業が、ユーザーが発見した問題を解決するために時間をかけてゲームをアップデートすることが一般的になってきています。

この場合、すべての機能がより高いレベルの露出を受けるため、バグを見つけるのはより簡単です。

 

ブラックボックステストの課題

負荷テストに挑戦

ブラックボックステストのメリットはもちろんですが、考慮しなければならない大きな課題もいくつかあります。 このような課題を認識することで、ブラックボックステストがもたらす弊害を軽減し、テストの水準を高めることができるのです。

 

その中には、こんな課題もあります:

 

1.課題原因の発見が難しい

 

ブラックボックステストの主な欠点は、テスターがソースコードに一切アクセスできない場合、問題の原因を突き止めることが難しくなることです。

エラーの内容や発生時期を説明することはできても、ソースコードのどの部分に問題があるのか、なぜ問題が発生するのかについては、まったくわからないのです。

開発者からの詳細なエラーメッセージは、今後のアップデートの参考となるため、テスターはメモを徹底することでこれを軽減することができます。

 

2.自動化はよりトリッキー

 

ユーザーがソフトウェアパッケージとやりとりする様子を再現しようとすると、ブラックボックステストプロセスを自動化するのは非常に困難です。

この原因の第一は、テスターがソースコードにアクセスできないことで、正確なテストケースをコーディングすることが難しくなっていることです。 これは、テストが可能な限り人間の行動を再現するように設計されていることと、特にロボット的な行動をするように設計されたオートメーションであることを意味します。

この問題は、より単純な作業を自動化し、可能な限り自動化と手動テストを組み合わせることでバランスをとることができます。

 

3.大規模なテストに苦戦

 

前述した自動化の苦労は、より高い規模でのテストがより複雑であることを意味します。 大規模なテストは、ソフトウェアに関する多くのデータを企業に提供し、バグの発見や再現を容易にすることを意味します。

マニュアルテストを優先的に要求されるため、より大規模なテストの手配が難しくなることがあります。 このため、一部の企業では「オープンベータ」方式を採用し、製品に関心のある人なら誰でもリリース前のテストに協力でき、初期のビルドに対するフィードバックを自主的に提供することで企業をサポートするようにしています。

 

ブラックボックステストの特徴

ブラックボックステストには、他のソフトウェア品質保証とは異なる、いくつかの大きな特徴があります。

 

このような特徴があります:

 

1.社内の予備知識がない

 

ブラックボックステストは、ソフトウェアに関する事前の内部知識を必要としません。 テスターはテストするソフトウェアの側面や求める機能の一部をある程度把握しているため、場合によっては難しいかもしれませんが、これは広義には「いかなる種類の内部文書も見ることができない」ことを指します。

簡単に言うと、アプリストアやWebサイトのダウンロードページでエンドユーザーに見えるような情報であれば、テスターが見ることができるということです。

 

2.テスターとデベロッパーを分離する

 

テストと開発の段階を別々の人が行うブラックボックステストの状況です。 この違いは、開発者がソースコードの知識を持っているのに対し、テスターが知識を持っていないことに起因しています。

ある企業は外部機関を利用してテストを実施し、ある大企業はテスターの専門部署を設けてテストを実施するなど、それぞれの状況に応じてさまざまな方法でアプローチしています。

 

3.後期テスト

 

このテストが行われる開発段階を指します。 ブラックボックステストは、既存のアプリケーションの比較的高度なバージョンに依存し、ソフトウェア内の完全なナビゲーションとすべての機能のフロントエンドへのアクセスを可能にする包括的なUIを備えています。

つまり、ブラックボックステストは、これらのすべてが最初に開発された、テストプロセスの後期の一部の段階でのみ可能なのです。 UIやコントロールは時間の経過とともに変更される可能性がありますが、ブラックボックステストが機能にアクセスできるように、何らかの形で存在する必要があります。

 

ブラックボックステストでは何をテストするのか

チェックリスト uat、ウェブアプリケーションテストツール、自動化など

ブラックボックステストは、ソフトウェアパッケージの特定の側面を調査し、ソフトウェアの一部の領域で余分な情報を提供し、一般的な生活の質を高めるアップデートにつなげます。

 

ブラックボックステストでテスターが検査するソフトウェアパッケージの主な部分には、以下のようなものがあります:

 

1.機能性

 

開発者の中には、既存の知識を持たない人が、ソフトウェアの一部が意図したとおりに動作することを保証する手段として、ブラックボックステストを使用する人もいます。

商業的にソフトウェアを使用する人の大半は、そのソフトウェアの内部構造を全く理解せずに使用しているため、このような知識を持ちながらテストを行うと、既存の問題に対する回避策を知ることができます。

この徹底した機能テストにより、ホワイトボックステストでは見えないバグに遭遇することなく、アプリケーションが提供する最高のものを誰もが体験することができるのです。

 

2.ユーザーインターフェース

 

ユーザーインターフェースとは、ユーザーがアプリケーションと実質的に対話し、一連のタスクを完了させるためのあらゆる方法を指します。 これには、ユーザーが操作するメニュー、アプリケーションに存在する特定のボタン、ソフトウェア全体に存在するブランディングが含まれます。

開発者は、アプリケーション自体が期待通りに動くことを確認することに大半の時間を費やすため、ユーザーインターフェースへの注目度が低くなってしまいます。

ブラックボックステストでは、ソフトウェアのユーザー側の機能のみをテストするため、他のテスト段階よりもUIに注目することになります。

 

3.パフォーマンス

 

アプリケーションは、正常な動作や見た目の美しさだけでなく、お客様に喜んでいただくために、その性能も重要な要素です。

パフォーマンスとは、ユーザーの入力に反応するアプリの速度や、任意のデバイスで使用するリソースなど、いくつかの要素を指します。

エンドツーエンドテストなど、ソフトウェアの全機能を検証するテスト形式では、開発者はアプリがどれだけメモリを消費しているか、どの機能がそれぞれのデバイスに最も負担をかけているかを確認でき、後のバージョンで効率やパフォーマンスに関するアップデートを行う際の指針とすることができます。

 

混乱を解消する

ブラックボックステストとホワイトボックステスト、グレーボックステスト

UATテストとリグレッションテストとの比較、その他

ブラックボックステストは、グレイボックステストやホワイトボックステストと似ているようですが、根本的に考え方が全く異なる概念です。 それらを混同すると、開発プロセスにおける深刻なコミュニケーションの問題を引き起こし、アップデートプロセスの速度が低下し、効果が得られなくなります。

このページでは、「ボックステスト」の種類と違い、どのような場合に使用するのかについて、分かりやすく説明します。

 

1.ホワイトボックステストとは?

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

ホワイトボックステストは、「グラスボックステスト」と呼ばれることもあり、テスターがソフトウェアの背後にあるすべての情報に完全にアクセスできるテストプロセスのことを指します。 これには、ソースコードやデザインドキュメント、パッケージのクライアントブリーフへのアクセスも含まれます。

例えば、テスターが開発の初期段階で一つの機能を検証している場合、その機能のソースコードを見ることができれば、問題の原因をすぐに見つけることができます。

ホワイトボックステストを使うのに最適なタイミングの1つは、主に社内業務においてです。 これは、アプリケーションの機能面の初期開発のことで、ユーザー体験をシミュレートしていないときにコードを難読化するメリットがないため、素早く修正するのが理想的です。 また、オープンソースシステムでは、ソースコードがすべてのユーザーに公開されているため、ホワイトコードテストが行われます。

 

ホワイトボックステストとブラックボックステストの違いは何ですか?

 

ブラックボックステストとホワイトボックステストの主な機能的な違いは、テスターがソフトウェアにアクセスできるレベルですが、これはタイミングなどのテストの側面にはるかに大きな影響を及ぼします。

ブラックボックステストは、製品の発売が近づくにつれて、より一貫して使用されるようになり、より基本的な開発段階では、ホワイトボックステストの透明性と応答性の恩恵を受けています。 ブラックボックステストとホワイトボックステストを考えた場合、両者は必要な専門知識のレベルも異なり、ホワイトボックステストではコーディングや開発に関する専門知識が必要となり、より効果的なテストとなります。

 

2.グレイボックステストとは?

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

グレイボックステストは、ユーザーが完全にアクセスすることなく、コードについてある程度理解している状態で行うテストの一形態です。 これには、テストする機能のソースコードや設計書の一部にアクセスすることが含まれ、ユーザーはソフトウェアパッケージの全体的な意図を理解することができます。

例えば、テスターがソフトウェアパッケージの機能の1つだけを調べる場合、アプリケーションのその1部分のソースコードにアクセスすることができるかもしれません。

企業は、アプリケーションとサードパーティーのツールとの統合方法を検討する際に、主にグレーボックステストを使用します。 ソースコードにアクセスできるのは一部だけで、徹底したホワイトボックステストを行うには限界がある。 その代わりに、サードパーティーの統合によるインプットとアウトプット、そして統合を担当するソースコードを見ることができます。

テスターは、ソフトウェア、サードパーティ製アプリケーション、または両者の統合が原因で問題が生じていないかどうかを評価するために、これを使用します。

 

ブラックボックステストとグレーボックステストの違いは何ですか?

 

ブラックボックステストとグレーボックステストの主な違いは、やはり情報へのアクセスレベルであり、テスト対象のソフトウェアの種類は、テストタイプの主な差別化要因の1つである。

グレーボックステストは、クラウドデータストレージや外部処理ツールなどのサードパーティ製ツールを含む傾向があり、ブラックボックスシステムは1つのまとまったユニットである傾向があります。 多くのブラックボックステストはサードパーティによって中断されることなく行われますが、一方、統合されたアプリケーションはグレーボックステスト手法で作業するほかありません。

 

3.結論から言うとブラックボックステストとホワイトボックステストとグレーボックステスト

 

結局のところ、ブラックボックステスト、グレーボックステスト、ホワイトボックステストには根本的な違いがあり、すべては舞台裏の情報がテストチームに提示されるかどうかに基づいています。

ブラックボックステストとホワイトボックステストはこの両極端であり、グレーボックステストには、サードパーティのソースコード以外を見ることができないものから、特定の機能の裏側のコードしか見ることができないものまで含まれる。

しかし、これらのテスト手法はすべて、ソフトウェアテストの分野で果たすべき役割を担っています。

 

ブラックボックステストの種類

ウェブアプリケーションオートメーションテスト

ブラックボックステストには、企業がブラックボックスの手法で行うテスト全般を包括する、主に3つのタイプがあります。 これらは

 

1.機能テスト

 

機能テストは、アプリケーションが機械的に動作する方法を取り巻くすべてを包含します。 これは、データを正しい方法で扱い、ユーザーが正しい認証情報でサインインできるようにし、情報や入力を期待通りに処理することを意味します。

機能性のテストは、プロセスの中でも特に重要で、アプリケーションのローカルな機能と、クラウドベースサービスやシングルサインオンツールなどの外部ツールやプログラムとの相互作用の両方が含まれます。

 

2.非機能テスト

 

非機能テストとは、アプリケーションの機能に明示的に関係しないソフトウェアのあらゆる側面を調査するテストのことです。 これは、アプリケーションがユーザーにとって使いやすく、理解しやすいかどうか、さまざまなデバイスやオペレーティングシステムと互換性があるかどうか、大きな負荷がかかったときにどのように動作するか(ただし、これはある時点から機能テストに移行することがあります)などを確認します。

これは主に開発プロセスの終盤で、アプリの完成形がコンパイルされた時点で発生します。

 

3.リグレッションテスト

 

アップデート後、テスターはアプリケーションが意図した機能を果たしているか、意図しない副作用でアプリケーションが後退していないかなどを確認するために、アプリケーションを調べます。

これは回帰テストと呼ばれ、アプリケーションを市場に出す準備が整っているかどうかを確認するための基本的な部分です。

回帰テストは、アプリケーションの機能的側面と非機能的側面の両方が以前に達成された標準に達していることを確認するために、1回の更新ごとに使用します。

 

ブラックボックステスト技法

UATライフサイクル

ブラックボックステストのプロセスを経るとき、仕事の水準を向上させるために実施できるテクニックは多岐にわたります。 品質保証の現場で使うブラックボックステスト技法の代表的なものに、次のようなものがあります:

 

1.ペアワイズテスト

 

ペアワイズテストは、ソフトウェアで可能なデータ入力の組み合わせをすべて試すことに焦点を当てたテストの一形態です。

例えば、ある列に1から10までの数字が全て有効な項目で、別の列に全てのアルファベット文字がある場合、ペアワイズテストでは1Aから10Zまでの全ての可能な組み合わせをテストします。 このようなテストは、ユーザーが行うには多くの時間と労力を必要とするため、超自動化の可能性が最も高い技術の一つです。 これは非常に徹底したもので、データ入力の潜在的な問題を見つけることができます。

 

2.境界値解析

 

多くのソフトウェアはデータ入力に依存しており、そのデータにはクライアントが期待する特定の境界線が存在します。

例えば、1から100までの数値を計算するように設計されたシステムでは、0以下や100以上の数値に苦労することがあります。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

境界値解析は、この境界をテストするもので、ソフトウェアがテストする境界とその周辺に数値を入力し、ソフトウェアパッケージの想定動作範囲の端にバグがないかどうかを調べるものです。 これは主に計算ベースのシステムで有効で、開発者が境界線を調整したり、問題の原因を突き止めたりするのに役立ちます。

 

3.状態遷移テスト

 

多くのプログラムは、異なる「状態」や「モード」の間で変化し、このプロセスのある段階から次の段階への移行が必要です。 これらのトランジションが正しく機能することは、ユーザーの期待通りにサイトが機能し、予期せぬ停止がないことを意味します。

状態遷移テストとは、ソフトウェアの状態間の遷移をすべて検査し、それらが機能的であることを確認し、ユーザーが予期せぬ中断なしにソフトウェア作品を流れることを確信させるテストの一形態である。

 

ソフトウェアエンジニアリングライフサイクルにおけるブラックボックステスト

ブラックボックステストは、主にソフトウェアエンジニアリングライフサイクルの終盤に使用される分野である。 これには、ユーザーとソフトウェアとのインタラクションのテストから、ベータ版へのフルアクセスの提供までが含まれ、ブラックボックステストは、すべての機能が期待通りに動作した後に実施されます。

高度な専門知識が必要なホワイトボックステストに比べ、時間と労力を大幅に節約でき、システムの動作にすぐに変更を加えられるような開発チームを必要としない場合に最適な実施方法です。

 

ブラックボックステストは手動か自動か?

ソフトウェアテストのためのコンピュータビジョン

ソフトウェアテストには2つの形式があり、手動テストは、プロセスのすべての段階でソフトウェアテスターを使用する伝統的な形式です。 これは、高度化する人工知能や機械学習を用いて、人間の手を煩わせることなくタスクをこなす自動テストとは、しっかりと矛盾しているのです。

手動テストと自動テストとは何か、それぞれの課題、そして企業にとってどちらが理想的かについて、詳しくご説明します。

 

1.手動ブラックボックステスト – メリット、課題、プロセス

 

手動ブラックボックステストとは、会社のツールセットの一部として自動化プラットフォームを使用するのではなく、スタッフを使ってすべてのタスクを完了させ、ブラックボックステストを独自に行うプロセスを指します。

ソフトウェア開発において手動テストを使用する主な利点は、テストを完了する方法についてより高い柔軟性を持つこと、および開発者が質的な性質に基づくより徹底したフィードバックを受けることができることです。

しかし、手動テストプロセスには、いくつかの生来の自然な課題があります。 その第一は、手動テストには多くの時間がかかることで、自動化されたプログラムよりも人の方がタスクを完了するのが遅いという事実です。

もうひとつは、誤クリックや順番を間違えるなど、ミスの可能性が高いことです。 これは最終的にテストデータの不正確さを招くことになります。

手動テストは、企業がアプリケーションに期待することを知ることから始まり、この概要に挑戦するテストケースを書き、テストケースを実行し、結果を開発チームに報告するプロセスである。

 

2.ブラックボックステスト自動化 – メリット、課題、プロセス

 

自動テストとは、企業がソフトウェアパッケージに対して、自動化されたシステムでテストケースを完成させて行うテストのことです。 サードパーティーのプラットフォームを使ってソフトウェアパッケージを自動化し、自動化されたステップは特に用意されたテストケースに従います。

ブラックボックステスト自動化の主な利点はそのスピードで、自動化されたプログラムはテストの1回の実行にかかる時間を大幅に短縮することができます。 これにより、テストにかかる時間が大幅に短縮され、その分、アプリケーションの開発に費やすことができます。

また、優れた自動化ツールは、毎回同じ作業を同じ順序で完了させるため、正確性も高いというメリットもあります。

ブラックボックステスト自動化では、定量的なデータへのこだわりが問題視されています。 これは、測定基準としては素晴らしいことですが、ユーザーの受容性テストにおいては、得られる価値のある情報がほとんどないということを意味します。

また、自動テストには柔軟性がなく、アナリストが変更を加える際には、まったく新しいテストケースをコーディングする必要があります。

テスト自動化プロセスは、一連のテストケースの設計から始まり、テストを実行する前にシステムにコード化され、完了時にレポートを提供します。

 

3.おわりにマニュアルテストとブラックボックステストのどちらを選ぶか

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

結局のところ、手動と自動のブラックボックステストの選択は、システムに何を求めているかに依存する複雑なものです。

エンドユーザーのために設計を変更できるような高度な定性的情報を求めるのであれば、手動テストが圧倒的に有利であり、自動テストはプロセスの機能および性能の段階で理想的です。

テストプロセスの各段階で何を求めているかを考えれば、簡単にパフォーマンスを向上させるガイドデータを得ることができます。

 

ブラックボックステストを始めるために必要なものは?

ユニットテストとは

ブラックボックステストを始める前にアクセスする必要がある前提条件がいくつかあり、それぞれはより首尾一貫したテストプロセスを作るのに役立ちます。

 

ブラックボックステストの仕事を始める前に持っておくべきものには、以下のようなものがあります:

 

1.ソフトウェアの要件

 

ソフトウェア要件とは、設計概要の中で、ソフトウェアが当たるように設計されている具体的なポイントを指します。 これは、特定のタスクを完了する必要があったり、使用時に特定のルック&フィールを持つ必要があるなど、さまざまなものが含まれます。

この情報をもとに、テスターはテストのスケジュールや計画を立て、その結果、より一貫した結果が得られ、開発者にソフトウェアの問題点を伝えることができるのです。

企業によっては、ブラックボックステストであるため、開発者がテスターの概要へのアクセスを制限する場合もあります。

 

2.コンパイルされたソフトウェア

 

ソフトウェアをテストする前に、品質保証チームはそのソフトウェアにアクセスする必要があります。 この場合、開発者は最新バージョンのソフトウェアを提供し、チームは完全に新しくコンパイルされたバージョンのソフトウェアでテストを行うことができます。

最新バージョンであることは、テストに最新の修正が含まれていることを意味し、ソフトウェアの性能を正確に表現していることになります。

 

3.テスト目標

 

テスターは、ある特定の目標を念頭に置いてテスト期間に臨む傾向があります。 このテスト目標は、ユーザーの受容性、エンドツーエンドの機能性、ペネトレーションテストの完了など、今後期間中に何をテストするのかを正確に定めたものです。

QAマネージャーはこのような目標を持つ傾向があり、次の段階のテストは通常、開発チームが取り組んできたことや、それらの開発がソフトウェアのどの部分に影響するかによって決まります。

 

ブラックボックステスト工程

各種性能試験

ブラックボックステストのプロセスは比較的精密なものであり、企業はプロセスのステップにできるだけ忠実に従うことで利益を得ることができます。 ブラックボックステストのプロセスのさまざまな段階は、次のとおりです:

 

1.テスト計画

 

ブラックボックステストのプロセスは、緻密なプランニングからスタートします。 これには、テストに対する個々の目標、検証するソフトウェアの具体的な側面、テストに割くリソースなどをすべて話し合うことが必要です。

より綿密な計画を立てるということは、テストに関わる手法も含めて、いつ、何をするのかが全員に伝わるということです。

 

2.テストケースの作成

 

テストケースの作成は、次の段階です。 テストケースは、テストで完了する一連の手順を指し、より詳細なテストケースは、ユーザーに対してより高いレベルの一貫性を提供します。

自動テストプロセスでは、使用する予定の自動化ツールでテストケースをコーディングすることも含まれます。

すべてのテストケースを再確認し、徹底的で、完了するまでの手順が明確であることを確認する。

 

3.テストケースの実行

 

テストケースを準備したら、テストケースの実行を開始します。 オートメーションを使用する場合、プログラムをセットして結果を待つという比較的簡単な作業となります。 マニュアルテストは、社員がテストケースを繰り返し完成させることで、より安定した高品質のデータを得ることができます。

テストケースの実行が正確であればあるほど、開発チームに役立つデータを提供できる可能性が高まるからです。

 

4.最終報告

 

最終報告段階は、テストチームが開発者に報告する部分を指します。

まず、収集した情報の簡単なサマリーを掲載し、テスターが収集したすべてのメトリクスを追加します。 これにより、開発者は完全なデータを見せる前に、次の一連のアップデートの理想的な方向性についての最初のガイダンスを得ることができ、問題点をより深く理解することができるのです。

 

ブラックボックステストのベストプラクティス

自動化テストは、例えば銀行のような業界でどのように機能するのでしょうか。

業種を問わず、ベストプラクティスに従うことは、どの企業にとっても必須です。 ベストプラクティスとは、企業が日常業務で使用することで利益を得、企業の効率を高め、企業が使用するソフトウェアの水準を向上させる一連の行動やテクニックを指します。

 

企業がブラックボックステストの品質を向上させるために役立つこれらのプラクティスには、次のようなものがあります:

 

1.スキルアップを重視する

 

一度に複数のソフトウェアを扱う会社を経営している場合、テストスキルと専門分野の開発に注力することを検討してください。 専門性を高め、適切なスキルを身につけるために時間をかければかけるほど、製品に存在する問題を根こそぎ解決できる可能性が高まります。

これは、適切なスキルを持つ人材を採用することと対になっていますが、これらの能力を応用することで常にメリットがあるため、ほぼ常時ソフトウェアのテストが行われている企業に最も適しています。

 

2.ワークロードのバランスをとる

 

テストチームによっては、数十人、あるいは数百人のスタッフが、定期的にテストケースを完成させるという非常に大規模なものもあります。

このようなスタッフを最大限に活用するためのベストプラクティスは、時間をかけ、特定のタスクを割り当てる際に注意することです。 燃え尽き症候群は、ソフトウェア開発業界で問題を引き起こした深刻な歴史がありますが、これは、より良いワークロード管理によって回避できるものです。

 

3.一貫したプロセスの構築

 

テストケースの作成、調査、部門間のコミュニケーションなど、企業が日々行っているプロセスが、テストプロセスです。

このような場合、一貫性を持たせることが重要であり、それは、入社してきた人がより早く学ぶことを意味します。 そのため、業務に一貫性がない会社よりもずっと早く適応し、より良いアウトプットを出すことができます。

できれば、意思決定プロセスにスタッフを参加させるような形で、このプロセスを構築してください。そうすることで、スタッフが戦略に同意していることを確認できます。

 

ブラックボックステストを実施する際の7つの間違い&落とし穴

UATテストとリグレッションテストとの比較、その他

どんな業界でもミスはつきものですが、ミスをする前にミスを知ることで、時間と労力を大幅に削減することができます。

 

ブラックボックステスターが陥りがちなミスや落とし穴には、次のようなものがあります:

 

1.テストスコープが定義されていない

 

組織によっては、プロセスをきちんと計画せずに製品のテストを始めるところもありますが、これは大きな過ちです。

計画を立てないことで、企業はテストの範囲を見失うことがあります。 合意されたスコープを持つことで、テストは適切な規模になり、効果的に結果を出すことができます。

テストの範囲に合意してから始めないと、テストが広すぎて時間がかかり、関連性の低い結果を得ることになる深刻なリスクがあります。

 

2.急がれるテスト工程

 

特に、アプリケーション全体を検証するために設計されたテストケースは、非常に長い時間を要するプロセスであると感じられるかもしれません。 特に以前のテストを繰り返し行う場合、テストを急ぎたくなる方もいらっしゃるでしょう。 これは重大な過ちです。 テストを急ぐと、テストケースの実行に誤りが生じ、データの価値が低下し、最終的には同じテストを再度行うことになります。

 

3.検証作業を伴わない自動化

 

テスト自動化は、主にデータ値を入力することで、最終的に正しい出力につながることを確認することに重点を置いています。 これらのテストを自動化すると、自動化されたプロセスの出力を、あるべき結果と照らし合わせて検証することができます。

テスターの中には、自分で値を計算しないため、出力が正しいかどうかを検証することができず、システム全体の重大なバグを発見できない可能性があるという重大な誤りを犯す人もいます。

 

4.ハイブリッドテストの活用を怠る

 

ハイブリッドテストとは、自動テストと手動テストのバランスをとることで、2つの手法が互いの欠点を完璧にカバーする形で機能することを指します。

しかし、組織によっては、2つの方法のうちどちらかに絞ることを好む場合もあります。 そうすることで、テストに重大な問題や不正確さが生じる可能性があるのです。

ハイブリッドテストを完成させ、テストのレベルをバランスよく上げ、エラーの数をできるだけ少なくする。

 

5.リグレッションテストが完了していない

 

回帰テストは、効果的なソフトウェアテストシステムにおいて常に行われるべきプロセスであり、この形式のテストでは、ソフトウェアの更新によってシステム内の他の部分に問題が生じていないかどうかを確認します。 回帰テストが完了していないと、プロセスの初期にテストした機能が気づかないうちに失敗している可能性があります。

回帰テストを完了させることで、品質保証プロセスに余分な労力をかけることなく、より高品質な製品を出荷することができます。

 

6.積極的にバグを探す

 

ブラックボックステストの目的は、ソフトウェアパッケージのバグを発見して開発チームに報告することだと考えている人がいますが、これは一つの側面であり、それだけが焦点ではありません。 テストは、一般的にソフトウェアパッケージの標準を向上させるために存在します。

ソフトウェアのバグに集中しすぎると、標準的なワークフローから外れてしまい、テストの範囲から外れて、ソフトウェアのより重要な問題を無視して、コードの無関係な欠陥を探し出すことになります。

 

7.直感を無視する

 

手動テストでは、テスターは既存の直感的な感覚と、潜在的な問題に導くコードに関する知識を持っており、作業時に調べるべき箇所を知らせてくれるため、その役割を担っています。

しかし、テストケースを作成する際に、この直感を完全に無視することを選択する人もいます。 テストしたいことをメモしておき、新しいテストケースで確認することで、技術的な知識をフルに活用しながら、用意したテストケースを完成させることができるのです。

 

ブラックボックステストからの出力の種類

テスティングセンターオブエクセレンス(TCoE)設立のメリット

ブラックボックステストから得られる出力にはいくつかの種類があり、それぞれが、製品の適切なアップデートや顧客が体験する品質の向上を目指す企業にとって、ユニークな洞察を与えてくれます。

 

ブラックボックステストの主なアウトプットの種類には、以下のようなものがあります:

 

1.定性データ

 

ブラックボックステストから得られるアウトプットの第一形態は、定性データです。 これは主にアプリケーションを説明する情報で、エンドツーエンドテストやユーザビリティテストなどのテストから得られるものです。

定性データは、一般的にアプリケーションの標準を説明し、アプリケーションを使用した人々の経験を議論し、テスターが行いたい変更点を説明するものです。

このデータを作成する際、テスターは通常、自分の主張の根拠をすべて記載し、質的な意見を裏付けるために、参照するもののスクリーンショットなどの機能を追加して、徹底したレポートを作成します。

 

2.定量的なデータ

 

テスト担当者がアプリケーションの特定の部分を記録したり、自動テストプロトコルから数値データを受け取ったりすることで、メトリクスという形で明確な数値データを得ることを指します。

定量的な情報は、開発者に明確な修正を提供するのに役立つ傾向があり、パフォーマンスのレベル、使用リソースの効率、アプリケーションに存在するバグや問題の数など、アプリケーションの一部を示しています。

定量的な情報は、解釈の必要がないため、記述的な情報よりも分析・評価が簡単です。

 

3.エラーメッセージ

 

エラーメッセージは、ソフトウェアの機能が期待通りに動作していないときに発生します。 これは、ハードウェアまたはソフトウェアの問題であり、通常、エラーコードに加えて、問題の内容を簡単に説明します。

開発者は、システムのどこで問題が発生しているかを正確に絞り込むために、エラーコードのシステムを構築しています。

このエラーコードのシステムを使うことで、開発者は何が問題なのかを即座に把握し、解決策を講じることができます。

 

ブラックボックステストの例

ソフトウェアテストとは?

ブラックボックステストの理論は比較的シンプルですが、実際に実施するとなると、特に初めてテストする人にとっては複雑なプロセスになることがあります。 ブラックボックステストの実例を見ることで、テストを実施する際の指針にすることができます。

 

複数の種類のテストを行い、成功の度合いを変化させるなど、ブラックボックステスト手法の例として、以下のようなものがあります:

 

1.非効率なユーザー受け入れテスト

 

ある企業が、数週間以内に製品をリリースしようとしているが、ユーザーの受け入れテストはまだ行われていない。 アプリケーションは、高齢者向けの編み物チュートリアルです。

開発者は、このプロセスを迅速化し、テスターを早く集めたいと考え、30代半ばの非編み物テスターを中心にテストに臨みました。 このグループは、アプリケーションに問題がないことを確認し、公開を許可します。

両者の技術的知識のレベルが相反するため、ターゲットユーザーはソフトウェアを使用する際に、より混乱し、多くの機能にアクセスすることができないのです。 その対応として、緊急の更新を余儀なくされています。

このようなテストでの失敗は、徹底した準備の重要性を示しています。

 

2.エンドツーエンドのテストを成功させる

 

エンドツーエンドテストとは、アプリの機能が初めて1つのソフトウェアパッケージに完全にまとめられた後に行われるテストのことです。

ある企業では、エンドツーエンドのテストプロセスを完了させるために、テスト業務に特化したスタッフを採用し、各テストケースに2名の社員を配置するなど、入念な計画を立てています。

テストケースを完成させ、収集したデータをメモし、テスト終了後にQAマネージャーがまとめて報告する、という丁寧なプロセスを踏んでいます。

開発者はこのレポートをもとに、アプリケーションの次の一連のアップデートや変更を計画し、製品を大幅に改善します。

 

3.リグレッションテストの自動化

 

ある開発会社が、ソフトウェアに一連のアップデートを施したところ、アップデート前は期待通りに動作していた。 アップデートの後、テストチームは回帰テストのプロセスを経て、自動化に重点を置き、基本的な機能をすべて完成させる自動化されたプラットフォームを手に入れます。

テストケースのコードを書き、テストケースを実行し、テスト結果をすべて読み込んで、どこに潜在的な問題があるのかを見つけるチームです。

これにより、組織がアップデートを行い、それが問題になるかどうかを確認しなかったために問題が発生することを防ぐことができます。

 

ブラックボックステストによって検出されるエラーやバグの種類

zaptest-runtime-error.png

エラーやバグがブラックボックステストの全てではありませんが、企業のテストの進め方として重要な役割を担っています。

ブラックボックステストにおけるエラーやバグの主な種類をいくつか知っておくと、遭遇した問題を分類して、その発生理由をより深く理解することができます。

 

ブラックボックステストで検出可能な主なエラーやバグの種類には、次のようなものがあります:

 

1.ユーザビリティエラー

 

ユーザビリティエラーとは、実際には機能には影響しないが、ソフトウェアと対話しようとするユーザーに問題を引き起こす可能性があるプログラムの欠陥のことである。

例えば、アプリケーションに深刻なグラフィックの不具合があった場合、技術的には機能していても、適切なアイコンやテキストがなければ、エンドユーザーはそれを効果的に使用することができません。 これらの問題は、アプリのデザインとユーザーに対するロードの仕方に関わる傾向があり、より複雑なアプリケーションでは、よりシンプルなUIに比べ、より複雑なグラフィックが必要となります。

 

2.機能的なエラー

 

機能エラーとは、プログラムの一部が期待通りに動作しない場合に発生する問題を指します。

例えば、データベースソフトを動かしていて、情報をあるカテゴリーで分類しようとしたとき、それがうまくいかないとわかったとする。 これは、全く動作しない機能、動作しているように見えるが誤った動作をしている機能のいずれにも当てはまります。

これらはアプリケーションにとって最も重大な問題のひとつであり、ユーザーに多大な迷惑をかけ、製品が宣伝通りに動作しないことで開発者の評判を悪化させることになりかねません。

 

3.クラッシュ

 

ソフトウェアがクラッシュする場合、ソフトウェアに根本的な問題があり、そのソフトウェアが動作しなくなります。 クラッシュの発生形態には、アプリケーションが途中で終了する場合や、単にフリーズする場合など、いくつかの種類があります。

クラッシュは、アプリケーションを完全に閉じて開き直す以外に機能を戻す方法がないため、起こりうる最も深刻な問題の1つです。 一部のアプリケーションでは、バックグラウンドでプロセスが実行されていますが、この時点以降、ソフトウェアと対話する方法はありません。

 

一般的なブラックボックステストの評価基準

負荷テスト

手動のブラックボックステストは、定性的なデータの生成に優れていますが、定量的なデータを重視する場合は、確認する指標を意識する必要があります。 これらの指標を十分に理解することで、プラットフォームの欠点を理解し、取り組むべきさまざまな分野の優先順位をつけることができます。

 

仕事の中でよく見かけるブラックボックステストの指標には、以下のようなものがあります:

 

1.エラーレート

 

エラー率とは、ソフトウェアのテストサイクルで発生する純粋なエラーの数、またはテスト時間あたりに発生するエラーの数を指すことがあります。 時間単位の指標は、単に数値を示すのではなく、ソフトウェアのエラーの密度を表すので、より大きなアプリケーションが誤って表示される可能性があるため、より優れています。

開発者は、ソフトウェアパッケージのエラーが少なければ少ないほど、お客様がシステムを使用する際の体験がより良いものになるため、アプリケーションのエラー率を抑えようとします。

 

2.応答時間

 

テスターが、ユーザーが体験するパフォーマンスのレベルについて詳しく調べようとするとき、レスポンスタイムは考慮すべき主要な側面の1つです。 これは、ユーザーがプロンプトを入力してからソフトウェアがタスクを完了するまでにかかる時間のことで、応答時間が長いほど、相対的に非効率なアプリケーションであることを示しています。 レスポンスタイムが長くなると、ユーザーは時間がかかりすぎるアプリケーションに我慢できなくなるため、懸念されます。

 

3.ユーザー満足度

 

多くのメトリクスは、ソフトウェアパッケージやテストソフトがテストで生成する純粋な数値に着目していますが、中には意見に着目したメトリクスもあります。

例えば、1000人のテスターを使ったベータテストを完了した場合、満足した人の数をデータとして収集し、それをパーセンテージにすることができます。 ユーザー満足度が高ければ高いほど、より多くの人がプログラムを楽しんでいることを示し、将来もうまくいく可能性が高いことを示すため、サイクル終了時に利用できる非常に有用な指標となります。

 

ベスト・ブラックボックス・テスト・ツール

ブラックボックステストは、ブラックボックステストの自動化やテストから得られる情報の整理など、手持ちのツールに大きく依存するテスト形態です。

適切なツールを組み合わせて使用することで、品質保証部門全体でより効果的なプロセスを構築することができ、チームの作業効率が格段に向上します。

 

以下のブラックボックステストツールの一部をご覧いただき、これらの各ツールが具体的にどのようにあなたの繁栄に役立つかをご確認ください:

 

無料のブラックボックステストツール5選

 

独立系デベロッパーのような小規模で新興の企業は、ソフトウェアを作る際に大きな予算を持っていません。 そのため、適切なツールを見つけるなど、さまざまな課題が発生します。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

 

以下は、予算内でワークフローを改善したい独立系デベロッパーが利用できる、最高の無料ツールです:

 

1.zaptest 無料版

無料および企業向けソフトウェアテスト自動化ツールのベスト

ZAPTESTの無料版は、ソフトウェアテスト自動化の入門に最適です。 このツールは、あらゆるタスクの自動化をサポートするために特別に設計されており、完了するタスクに関係なく、より迅速かつ効果的に作業することを支援します。

ZAPTESTの無料版には、あらゆるアプリケーションの自動化をサポートする膨大な機能が搭載されています。1SCRIPT実装のクロスブラウザ、クロスデバイス、クロスアプリケーション、並列実行は、利用できる機能の1つです。

 

2.JIRA

 

JIRAの無料版は、開発チームとのコミュニケーションにおいて、バグをメモし、チケットに詳細を追加し、優先順位をつけるのに最適なツールです。

しかし、これはオールインワンの自動化支援というよりは、テストプロセスのプロジェクト管理側に特化したものです。

 

3.Selenium IDE

 

テスト自動化を記録・再生するオープンソースのアプリで、テスト完了時に自動化プラットフォームが何を見るかを確認するのに適したツールです。

Seleniumの欠点は、自動化されたタスクのクロスプラットフォーム統合などの高度な機能が相対的に不足していることです。

 

4.オートホットキー

 

AutoHotkeyは、Windowsで利用可能な完全無料のオープンソースのスクリプト言語で、ユーザーが単一のキーストロークを入力した後に一連のタスクを完了する様々なサイズのスクリプトを作成するのに役立ちます。

AutoHotkeyは、単純な作業の自動化には適していますが、大規模なスクリプトや自動化要件には苦戦することがあります。

 

5.アピウム

 

主にiOSアプリケーションの自動化を得意とするツールで、モバイルアプリケーションの品質向上に最適なプログラムです。

Appiumの最大の欠点は、使用できる製品が非常に限定され、使用可能な市場が大幅に縮小されることです。

 

5つのベストエンタープライズブラックボックステストツール

 

無料のツールも良いのですが、企業や大企業がソフトウェアを徹底的にテストするためには、より多くの機能が必要です。 ありがたいことに、企業向けブラックボックステストツールの中には、包括的な機能を備え、企業がQAプロセスへの投資に対して大きなリターンを得るのに役立つものがあります。

 

投資を検討すべき理想的なエンタープライズ・ブラックボックス・テスト・ツールには、以下のようなものがあります:

 

1.ZAPTEST ENTERPRISE EDITION

ZAPTESTのEnterpriseエディションは、市場で最も重要な自動化ツールの1つであり、お客様の製品に最大10倍の投資対効果をもたらすことができます。

フルタイムのZAPエキスパートをリモートで利用できるほか、ライセンス数に制限がないため、急な学習が必要なブラックボックステスト自動化を、成長スピードに関係なく固定費用で導入することができます。

 

2.テストレイル

 

TestRailは、テストを結束力のあるプロジェクト管理プラットフォームでつなぐことを目的とした、リアルタイムテストに焦点をあてたプラットフォームです。 これは、チーム管理作業の一元化には理想的ですが、自動テストに重きを置く開発チームにとっては、自動化機能は完璧とは言い難いものです。

 

3.オプキー

 

Opkeyは、既存の技術的な知識がない人でもテストサービスの自動化を始められるという意味で、ノーコードでの自動化に重点を置いたプラットフォームです。

Opkeyの主な欠点の1つは、ソフトウェアを取り巻く活発なコミュニティがないことです。そのため、初めて使う方法で自動化を行おうとすると、比較的孤立した状態になることがあります。

 

4.ペルフェクト

 

Perfectoは、ユーザーが深刻な問題なくモバイルアプリケーションを自動化し、幅広いデバイスで動作し、エンドツーエンドのテスト作業に集中できるよう支援することに重点を置いたツールです。

しかし、このアプリケーションは仮想マシンではなく実機上で動作するため、限られたプラットフォーム向けの、すでに比較的高価なテストツールに、さらに大きなコストがかかることになります。

 

5.JIRA Enterprise

 

テストの自動化面を完成させるのはもちろんですが、プロジェクト管理も引き続き重要で、そこでJIRAの出番となります。 Enterprise JIRA は、より多くのストレージを持ち、より多くのユーザーがプラットフォームにアクセスすることができますが、個々のユーザーごとに個別の権限とアクセスが必要なため、潜在的な混乱を引き起こす可能性があります。 そのため、事務的な時間が多くかかってしまいます。

 

どのような場合に使用するのか

エンタープライズとフリーミアムのブラックボックスツール?

テスティングセンターオブエクセレンスを設立するメリット。パフォーマンステストとファンクショナルテストは違うのか?

まずは、フリーミアムのブラックボックスツールを活用する企業が大多数でしょう。 これは、経済的な観点からも理にかなっています。

フリーミアムツールは、完全に無料のアプリを含むだけでなく、企業がツールをプロセスに導入する方法を学ぶ際に使用するエンタープライズ製品の無料版を含むことができます。

無償のツールを使っているために、テストプロセスに摩擦が生じ始めたときが、企業にとってツールの選択をエンタープライズ版に更新する理想的な時期です。 これが、選択したライセンス数しか提供しない無料ツールであれ、テスト量であれ、テストツールの結果、プロセスに非効率が生じ始めた瞬間に、すべてのニーズに合ったエンタープライズ版への移行を行う必要があります。

 

ブラックボックステストのチェックリスト、Tips&Tricks

ソフトウェアテストチェックリスト

ブラックボックステストは、ソフトウェアパッケージに関する知識を深める機会が多く、非常に複雑なテスト手法であるため、いくつかのポイントを確認する必要があります。

 

ブラックボックステストのチェックリストに含めるべき重要なヒントやトリックには、次のようなものがあります:

 

– ブリーフの理解

 

テストの計画を立て始める前に、テスト期間中の幅広い概要を理解しておくこと。 これには、許される限りソフトウェアを理解し、自分が何をテストすべきなのかを正確に学ぶことが含まれます。

 

– テストケースの校正

 

ブラックボックステストで使っているテストケースを、テストに関わる人全員で評価するようにしましょう。 実装前のテストケースを見る目が多ければ多いほど、エラーを排除できる可能性は高くなります。

 

– やるべきことのリストを整理する

 

ブラックボックステストの準備において、非技術的な側面は、技術的な側面と同じくらい重要な場合があります。 計画を立てる際には、誰がどのタイミングでソフトウェアのどの部分をテストするのかを整理した、一貫したList of things to doを作成します。 これにより、混乱や燃え尽き症候群の可能性、他の業務に振り回されることによる遅れを軽減することができます。

 

– 結果をすぐに記録する

 

テストが生成した結果のいずれかを即座に記録する。 手動テストでは、長時間待つことで問題を記憶し損なうことがあるので、瞬時にメモを取ることで精度が格段に上がります。

 

– 開発者とのリエゾン

 

開発者とテストの時間枠と戦略について話し合い、何が起きているのか、いつ新しいアップデートに取り組むことができるのかを理解してもらう。 そのためには、部門間のコミュニケーションに明確なプロセスを設けることが必要です。

 

– アクショナブルデータ

 

レポートを書く際には、開発者に提供するすべてのデータが実用的であることを確認する。 これは、開発者が必要な変更を理解できないのではなく、チームがその問題に対応した製品を開発するのに役立ちます。

 

– 優先順位を把握する

 

テストチームとして、最終的に優先されるのは、会社がユーザーに高品質の製品を出荷することです。 もしテストに予想以上の時間がかかっても、それはお客様が体験する品質の向上と引き換えの価値であることを忘れないでください。

 

– ヒエラルキーを知る

 

理想的な開発会社では、開発者とテスターは同じ階層にあり、ソフトウェアが成長するための重要な発言権を同じように持っています。 組織内のヒエラルキーのあり方を理解し、全員が優れたテストの価値を理解していることを確認するように努めましょう。

 

– 一貫したドキュメントを保つ

 

テストで作成したデータやレポートは、すべてコピーしておきましょう。 テストチームが担当するアプリの変更点を追跡できるほか、古いバグを振り返って将来のエディションで再現されるかどうかを確認することもできます。

 

結論

ブラックボックステストは、結局のところ、ソフトウェアのテストプロセスの中で最も重要な部分の1つです。 企業が出荷する製品が可能な限り高い水準にあることを確認するのに役立ち、視点を変えることで、アプリケーションが外部のユーザーによってどのように認識され、実装されるかについて独自の洞察を提供することができます。

自動および手動によるブラックボックステストをプロセスに追加していない企業は、アプリケーションの品質を大幅に向上させる機会を逃していることになります。 賢くテストすれば、顧客が製品にアクセスしたときに報酬を得ることができます。

 

FAQ&リソース

ブラックボックステストについてどれだけ知っていても、さらに疑問が生じたり、理解を深めたいと思うことがあるかもしれません。 ブラックボックステストの詳細については、以下の「よくある質問」をご覧いただき、方法論について詳しく知ることができるさまざまなリソースにアクセスしてください。

 

1.ブラックボックステスト自動化に関するベストコース

 

ブラックボックステスト自動化に関するコースはいくつかあり、それぞれ異なる基準のテストを達成するための手助けをしてくれます。

 

ブラックボックステスト講座の中でも特に評価の高いものをご紹介します:

 

– “ブラックボックステストとホワイトボックステスト” by Coursera

– “BBST社「Black-Box Software Testing」シリーズ

– “ブラックボックス・ソフトウェアテスト技法入門” by Udemy

– ロンドン・スクール・オブ・エマージング・テクノロジーによる “ソフトウェア・オートメーション・テスト”

– “ブラックボックステスト3大テクニック” by Udemy

 

2.ブラックボックステストに関する面接の質問トップ5は何ですか?

 

ソフトウェア・テストは競争率の高い分野であり、多くの人が応募してきます。 ブラックボックステストのポジションの面接を確保した場合、面接で答えるために準備した方が良い質問を紹介します:

 

– ブラックボックステストに携わった経験を教えてください。

– ブラックボックステストとホワイトボックステストの主な違いは何ですか?

– 以前の職務で、ソフトウェアの自動化に取り組んだ経験はありますか?

– あなたが職場で困難に遭遇したとき、それをどのように乗り越えたかを教えてください。

– ブラックボックステストの未来はどうなると思いますか?また、ソフトウェアテストの長期的なキャリアに適したスキルは何だと思いますか?

 

3.ブラックボックステストに関するベストYoutubeチュートリアル

 

YouTubeは、ソフトウェアテストの技術を成長させる人々にとって、最も重要な学習リソースの1つです。

 

ブラックボックステストを学ぶ際に見ておきたいチュートリアルをいくつか紹介します:

 

– “ブラックボックステストとホワイトボックステストの紹介 – Georgia Tech – Software Development Process” by Udacity

– “Black Box and Glass Box Testing” by MIT OpenCourseWare

– “7 Black Box Testing Techniques That Every QA Should Know” by The Testing Academy

– “ブラックボックステスト|ブラックボックステストとは|ブラックボックステストを学ぶ” by Intellipaat

– “ホワイトボックステストとグレーボックステストとブラックボックステストとは?” by ITProTV

 

4.ブラックボックステストはどのように維持するのか?

 

ブラックボックステストの維持は、手動テストであれ自動テストであれ、テストの進行に注意を払い、問題があれば修正プログラムを適用することを常に考えておくことです。

これは、テストケースが毎回期待通りに実行されることを確認し、自動化ツールがすべての正しい手順を踏んでいることをチェックすることです。 ブラックボックステストは、できるだけ正確な結果を出すために、できるだけ頻繁に行い、基準を崩さないようにします。

 

5.ブラックボックステストに関するベストブック

 

ブラックボックステストやソフトウェアテスト全体が常に進化している分野である一方、関連性が高く、テスト作業を改善するための多くの洞察を提供する書籍がいくつかあります。

 

ブラックボックステストに関する名著には、以下のようなものがあります:

 

– “ブラックボックステストソフトウェアとシステムの機能テストのためのテクニック” ボリス・ベイザー著

– “ソフトウェアテスト “の原理と実践”(スリニバサン・デシカン著、ゴパラスワミ・ラメッシュ著

– “Essentials of Software Testing” Ralf Bierig, Stephen Brown, Edgar Galván著

– “ソフトウェアテスト入門” ポール・アマン、ジェフ・オフト著

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post