fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

社内向け、顧客向けを問わず、手動、自動、ハイブリッドなど、適切なテスト手法とフレームワークを導入することで、安定したソフトウェア品質、高い評価、効率性を実現することができます。

勤めている会社にもよりますが、多くのテストはマニュアルテストという形で行われます。

手動テストとは何か、手動テストでテストする企業は何か、その他ソフトウェアテストプロセスに関する様々な重要な事実について詳しく説明します。

 

目次

マニュアルテストとは?

ソフトウェアテスト自動化の混乱を解消する

手動テストとは、ソフトウェアテストの一種で、自動化されたツールの助けを借りずに、テストケースをテスターが手動で実行するものです。

企業は、ソフトウェアのバグや問題を特定する方法として、手動テストを使用しています。 このテストは、シンプルで原始的なテストと評されることもありますが、サードパーティのテストツールを使用することなく、最終的にプログラムの機能性を確立することができます。

ソフトウェアテストのすべての形態は、いくつかの手作業の側面を持っています。なぜなら、手作業で介入しなければテストできないアプリケーションの機能があるからです。

 

1.手動テストが必要なのはどんなとき?

 

開発者が手動テストを使用する段階はいくつかありますが、まず基本的な機能の開発段階からです。

ソフトウェアの基本的な機能が開発されているとき、ソフトウェア開発者はプログラムの各パーツが手動で動作することをテストします。これは、コードのかなり単純な部分についてテストケースを作成するよりも早いからです。

また、マニュアルテストは、プログラムがUIを作成する開発後期の段階で行われます。UIテストでは、メニューの作り方やシステムの動作について、実際のユーザーがどのような反応を示すかを確認します。

この場合、純粋な定量的指標ではなく、定性的なデータや個人の意見が多く含まれるため、製品についてより高度な洞察を得るためには、手動テストが理想的な選択肢となります。

 

2.マニュアルテストが必要ない場合

 

手作業によるテストでは、必要以上に時間と手間がかかるケースがいくつかあり、その筆頭がデータベーステストです。

データベースは膨大な量のデータを扱うため、手作業で入力すると時間がかかり、組織として非効率的です。

このような場合、限られた時間で大量のデータを処理できる自動化システムを利用するのが理想的です。

また、手動テストは、負荷テストのような分野ではあまり役に立ちません。開発者は、ソフトウェアが大量のユーザーを処理する方法を確認するためにテストを完了します。

オンラインアプリケーションやサーバーを使用するプログラムでは、徹底的な評価が必要な場合が多いようです。 人手によるテストでは、一度に多くの人がアプリケーションにアクセスする必要があり、自動化されたソフトウェアテストシステムによってはるかに低いコストで完了するサービスのために、深刻な労働コストが発生する可能性があります。

 

3.マニュアルテストには誰が関わっているのでしょうか?

 

マニュアルテストに携わるスタッフは、所属している会社の性質によって異なります。

 

マニュアルテストプロセスに関わる人たちの中には、開発チームのような役割に加え、これらの役割を見出す人たちもいます:

 

– デベロッパーです:

 

開発者は、ソフトウェアの基本的な機能をテストし、QAテスターのフィードバックに依存してコードの更新を行うなど、継続的にプロセスに関与する。

開発者は、ソフトウェア開発の初期段階において、モジュールを高い水準で動作させる責任を負っているため、多くのマニュアルテストをこなします。

 

– QAテスター

 

QAテスターは、大きなチームで、企業のテストを独占的に行い、アプリケーションがクライアントの期待通りに動作することを確認します。

QAテスターは、主に開発のテスト、統合、メンテナンスの段階で重要な役割を果たし、実装を通してテストを行う開発者自身から手動テストを引き継ぎます。

 

– QAマネージャー

 

最大手の開発会社では、QAマネージャーがテスターを特定のタスクやエリアに割り当てています。

また、完成させるべきリストを作成したり、テストレポートを読んだりするのも仕事です。 特にマニュアルテストでは、スタッフの満足度によってはるかに良い結果が得られるので、これは重要です。

 

マニュアルテストでは何をテストするのか?

 

手動テストが検査するソフトウェアにはいくつかの異なる側面があり、それぞれテストの特定の課題のおかげで、手動テストを使用する方が優れています。

 

手動テストが活躍する理由に加えて、手動テストを使用することで恩恵を受ける主な機能には、次のようなものがあります:

 

1.基本機能

 

ソフトウェアテストプロセスの最も初期の部分の1つは、ソフトウェアの基本的な機能を見ることです。

この段階では、開発者やテスターがコードの機能モジュールの1つに目を通し、期待通りに動くかどうかを評価します。 これらのモジュールの規模が小さいため、自動化には時間がかかりすぎるため、手動テストに集中する価値があります。

例えば、データベースソフトの場合、テスターがあるデータを関数に入れると、期待される出力がすでに分かっています。

この2つが一致すれば、テストは成功です。 この段階でのテストが、その後の会社の仕事の強い土台となります。

 

2.UIデザイン

 

UIとは、ソフトウェアのユーザーインターフェースのことで、ユーザーが利用できるメニューやボタン、インタラクティブな機能を指します。

UIテストでは、ユーザーがすべての機能を操作できるか、メニューは美的感覚に優れているかなど、UIの動作とユーザーにとって快適な動作方法の双方に重点を置いています。

インターフェイスの良し悪しなどの定性的な情報は、自動化されたプログラムが得意とするものではないので、この段階ではマニュアルテストが必要です。

 

3.ペネトレーションテスト

 

ペネトレーションテストとは、ソフトウェアパッケージに対して、外部から不正な手段で容易にアクセスできることを確認するテストのことです。

ソフトウェアの自動化は、新しい分野を開拓するのではなく、いくつかの特定のステップに従い、すでにアプリケーションの一部となっているプロセスを完了させることに重点を置いており、セキュリティテストには欠かせないものです。

例えば、企業が倫理的なハッカーを雇い、自社のソフトウェアを評価し、悪意のある者がユーザーデータにアクセスする機会がないかどうかを調べることができます。

GDPRが欧州全域で法制化されてから数年、ますますその重要性が高まっています。

 

4.探索的テスト

 

探索的テストとは、1~2回で終了するテストのことで、予期せぬ機能やバグがないかソフトウェアを「探索」することから、この名前がつきました。

テストケースのコードを書くのに時間がかかり、誰かが手動でソフトウェアに入って調べる方が時間がかからないので、手動テストの方がこのケースには適しています。

例えば、開発者がある機能が正しく統合されているかどうかを確認したいとき、1回のテストでデータがプログラム内で正しく動くかどうかを検証することができます。

 

マニュアルテストのライフサイクル

 

手動テストのライフサイクルにはいくつかの段階があり、手動テストはソフトウェアパッケージのさまざまな側面を調べるために使用されます。

 

手動テストのライフサイクルには、以下のような段階があります:

 

– プランニング

 

アプリケーションの要件、完了すべき特定のテスト、ソフトウェアをテストするビルドを評価することを含む、ラウンドテストの計画を立てる。

この段階では、手動テスターが完成させるためのテストケースを作成し、テスト環境を構築する。 手動テスターが誤って異なる方法でテストを行うことを避けるために、徹底してください。

 

– テストすることです:

 

テストを完了する。 これは、テストケースを何度も繰り返して一貫したデータを取得し、取得した情報をすべてメモすることです。

テストケースと全く異なる場合は、その方法と理由をメモしておきます。 バリエーションはエンドツーエンドテストで最も一般的ですが、すべてのマニュアルテストでは、テスターの働き方に何らかの違いが生じる可能性があります。

 

– 分析する:

 

テストから得たすべての結果を分析する。 これには、ソフトウェアにどのようなエラーがあるのか、問題の潜在的な原因を見つけることも含まれます。

単純な機能性だけでなく、アプリケーションのデザインを考慮するなど、定性的な情報を統合する。

特にマニュアルテストでは、テスターが記述的なデータを作成することで、アプリの使用感を大きく向上させるような細かな調整を開発者に伝えることができます。

 

– 実施する:

 

前回のレポートを参考に、さまざまな変更を実施する。 これは、開発者が以前のバージョンに存在したバグの解決策を提供するためにコードを試しながら、変更内容によっては長いプロセスになることがあります。

手動テストを使用する場合、開発者はテスターとすべての変更点を話し合うことで、さらなる利益を得ることができます。 これにより、機能的な変更であれ、デザイン的な変更であれ、何をどう調整する必要があるのか、双方が正しく理解することができます。

 

– プランニングを再開する:

 

開発者が前回のテストの問題点の修正版を作成している間に、次のテストセットの計画を立てます。 これには、最新のアップデートをテストし、前回のバージョンに存在したバグを再現する試みも含まれます。

このようなテストの一定のサイクルを持つことは、ソフトウェアが常に改善され、決して静的でないことを意味します。 手動テストは時間がかかるように感じるかもしれませんが、繰り返しテストができる柔軟性と継続性から、大きな投資対効果があります。

 

マニュアルテストのメリット

 

ソフトウェア開発会社でマニュアルテストを使用するメリットは、ソフトウェア自体の品質から、プロジェクトが会社の財務に与える影響に至るまで、たくさんあります。

 

企業で手動テストを使用するメリットには、以下のようなものがあります:

 

1.より高い柔軟性

 

テスト自動化を完成させるためには、QAアナリストがソフトウェアの中に入ってテストケースをコーディングし、毎回正確な一連のステップを完了させる必要があります。

これは時に有益なことですが、人間のテスターは、調査する前に、コード1行を変更することなく、プロセスを通過して、何か異常があることに気づくことができます。

これにより、テストの柔軟性が大幅に向上し、従来は気づかなかったプログラムの問題点を発見し、問題点を修正する機会が増えることになります。

 

2.定性的情報・財務諸表等

 

定性的な情報とは、何かを説明する情報のことで、人間のテスターが開発チームに提供できる情報の一種です。

手動テスターは、あるメニューが「不便だ」と感じたら、その理由を会社に伝えることができます。しかし、自動化プログラムでは、このような洞察を開発者に提供することはできません。

つまり、ワークフローに手動テストを導入することで、テストオートメーションだけを使ったプロセスでは困難だった、アプリの水準を大幅に向上させることができるのです。

 

3.環境による制約がない

 

自動化テストは、既存のプラットフォームの利用に依存しますが、比較的厳しい制限を設けているものもあります。

Linuxなどのプラットフォームに対応できない、特定のコーディング言語にしか対応できない、決められた数のタスクしか処理できないなど、(すべてではありませんが)いくつかのプラットフォームが抱える制約があります。

テスト工程で人と一緒に作業すると、これらの制限は事実上なくなります。 技術的な問題ではなく、マニュアルテスターのスキルによって制限されるのです。

これにより、妥協することなく、より徹底的にプログラムを検証するテスト戦略を構築することができます。

 

4.ユーザビリティテストを可能にする

 

ユーザビリティテストとは、あるソフトウェアがエンドユーザーにとって「使える」ものであるかどうかを評価するテストです。

このテストは、単に「使えるかどうか」だけでなく、「競合製品よりも使いたい」と思う人がいるかどうかを検証するものです。

手動でユーザビリティテストを実施することで、企業はより深い洞察を得ることができ、アプリをより競争力のあるものにするための調整を行うことができるようになります。

 

マニュアルテストの課題

 

開発者としてのあらゆる種類のプロセスと同様に、品質保証ツールとして手動テストを使用することに関連するいくつかの課題があります。

これらの課題を認識することで、ソフトウェアを手動でテストする際に使用するテクニックを適応させることができ、これらの問題が深刻な問題を引き起こすのを防ぎ、プロセスの最後にプログラムの標準を高めることができます。

 

企業が手動テストを利用する際に直面する主な課題には、次のようなものがあります:

 

1.テスターのスキルレベル

 

まず大きな課題として、チーム内のすべてのマニュアルテスターに求められるスキルレベルがあります。

優秀なマニュアルテスターがいれば、バグの発見がより早くなり、ソフトウェアが期待通りに動作するという安心感が得られるため、企業にとって明確なメリットがあります。 優良企業では、より高いパフォーマンスを保証するために、常に現場の最前線にいるマニュアルテスターを求めています。

テスターとして、これらのスキルを常に学び、発展させることを目指します。 スキルの向上は、マニュアルテストでより多くのバグを発見し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるなど、企業にとってより大きな価値をもたらすことを意味します。 最高の手動テストは、時間をかけて技術を磨いたテスターから生まれます。

 

2.テスト費用

 

手動テストは、あらゆる規模の企業にとって一般的なプロセスですが、手動テストの使用方法によっては、コストがかさむことがあります。

例えば、高い技術を持ったテストスタッフが何人も在籍している会社では、繰り返しテストが行われると、その出席者全員の時間に対して実質的にお金を払うことになるため、多くの費用がかかることになります。 これは、自動化されたテストプロセスではあまり問題にはなりません。

この問題に対する理想的な対策は、事前に計画を立てることです。テストの内容や順番を計画する時間が長ければ長いほど、必要のないテストをこなすためにスタッフのコストが上昇する可能性は低くなります。

 

3.時間がかかる

 

コンピュータは、将棋の指し手の計画から株式市場への投資、さらには色が変わってからボタンを押すことまで、あらゆることにおいて人間より速いのです。 テストも同じ考え方で、ユーザーはすべての情報を読み、メニューを操作するために時間をかけています。

したがって、手動テストは、テスト自動化を使用するよりもはるかに長い時間がかかることがあります。 そのため、手動テストと自動テストを組み合わせて使用し、手動テスターから雑務を取り除き、代わりに専門知識が必要な部分に使用することで、対策を行っています。 プロセスを簡素化することは、できるだけ多くのステップを省くという意味でも、マニュアルテストに最適です。

 

4.エラーの可能性

 

人は間違いを犯すものです。 テストの手順を間違えてしまったり、ミスクリックで結果を間違ってメモしてしまったりと、当たり前のことですが。 しかし、これらのエラーは、ソフトウェアテスト体制の精度に重大な問題を引き起こす可能性があります。

同じ作業を何度も繰り返して疲れている手動テスターは、他の人よりもミスを犯しやすいので、可能な限り自動化を利用してこれを回避するか、テスターに定期的に画面から離れる時間を与えることで、何が起きているのかをより意識させることができます。

また、マネージャーがワークロード・マネジメントを考えることで、人々が燃え尽きたり問題を抱えたりするのを食い止めることができます。

 

マニュアルテストの特徴

 

マニュアルテストには、いくつかの大きな特徴があります。 これらは、マニュアルテストとは何かを定義し、テストを設計する際に計画することができる重要な機能である。

 

手動テストの主な特徴と、それらがアクティブなテスト環境においてどのような意味を持つかについて詳しく説明します:

 

1.最適化されたテストケース

 

手動テストでは、テストケースは高度に最適化されます。 これは、手動テスターがテストを完了する前に行う指示のことで、高いレベルの最適化は、テストチームが少ないタスクをこなすことで時間とリソースを節約することにつながります。

利用可能なリソースを最大限に活用するために、可能な限りテストケースのサイズを制限することを常に考えています。

 

2.より理解しやすいメトリクス

 

最高のマニュアルテストは、より理解しやすい指標を持っています。 テスト自動化が複雑な統計や情報を常に生成する場合、これらのメトリクスが提供できる洞察は、手動テスターが完成させたり計算したりするのにかかる時間に見合うものではありません。

その代わり、手動テストには、生成しやすく、プロセスの後半で分析するのに時間がかからない、はるかに単純な測定基準が含まれます。

 

3.インテリジェント・レポーティング

 

手動テストは、テストチームからのよりインテリジェントな報告書につながります。 自動化されたテストは、プロセスの最後に独自のレポートを生成するため、レポートがすべて同じ形式になりがちである。

人間のテスターははるかに柔軟で、独自のレポートを作成し、必要に応じて開発チームに有益と思われる情報を追加することができます。

 

4.ストラテジーの再実行

 

再実行戦略とは、テストチームがテストを何度も繰り返し実行し、繰り返し実行した事例からデータを収集する方法です。

手動テストは、再実行戦略がはるかに柔軟であり、テスターはさらに調査すべきことがあると思えば、より多くのテストを完了させることができます。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

また、手動テストの中には、ユーザーが行う動作に積極的にバリエーションを持たせ、より幅広い動作のデータを提供するものもあります。 これにより、ソフトウェアに関するデータがより多く生成され、今後のアップデート戦略の一貫性を高めることにつながります。

 

マニュアルテストの種類

 

企業が行う手動テストには3つの種類があり、テスターがアクセスできるレベルによって違いがあります。 それぞれのタイプは、それぞれのユニークな文脈で有用です。

 

手動テストの主な種類は以下の通りです:

 

1.ホワイトボックステスト

 

ホワイトボックステストとは、テスターがソフトウェアのソースコードや設計書をすべて見ることができるテスト形式です。

このような高いレベルのアクセスは、テスターがコードの個々の側面をすべて見ることができ、それらがソフトウェアの動作にどのように影響するのかを知ることができることを意味します。 開発者は、既存のバグを修正する前に、自分のコードを手作業で見て、テストケースと比較し、重大な問題を引き起こしている箇所を簡単に見つけることができるため、開発プロセスの初期段階に最適な方法です。

 

2.ブラックボックステスト

 

ブラックボックステストとは、テスターがUIの裏で起こっていることを一切見ることができないテストの形式を指します。 つまり、コードや設計書に一切アクセスできないため、テスターは全く知識がない状態でソフトウェアに臨むことになります。

ユーザー受け入れテストやエンドツーエンドテストでは、開発プロセスに関与している人ではなく、エンドユーザーの視点が必要となるため、マニュアルテスターは開発プロセスの後半にこの手法を用います。

 

3.グレイボックステスト

 

グレーボックステストは、ブラックボックステストとホワイトボックステストの中間で、テスターがドキュメントやソースコードの一部を見ることができることが必要です。 これにより、情報を制限しながらも、問題の原因を探ることができるようになり、データの取り扱いなどにも役立つというメリットがあります。

開発プロセスの中盤から手動によるグレーボックステストを実施し、テスターにある程度の情報を与えつつも、エンドユーザーがシステムを理解できるように、多くの機能についてはテスター自身の直感に頼らせるようにしました。

 

マニュアルテストとオートメーションテストの違いとは?

 

ソフトウェアテストには、マニュアルテストとオートメーションテストという2種類の分野があります。 両者は実質的に同じ機能を持つにもかかわらず、企業が自社のソフトウェアパッケージを検査するために使用する、異なる分野である。

自動テストとは何か、自動テストと手動テストの違い、ソフトウェアQAプロセスで2種類のテストをそれぞれどのような場合に使用するか、について詳しく説明します。

 

1.自動化テストとは?

 

自動化テストとは、テスターがサードパーティ製のツールを使ってソフトウェアを自動化し、同じ処理を繰り返しながらソフトウェアを検査することで、組織として十分に高い水準の性能を発揮することを確認するプロセスです。 テストの自動化の主な利点は、特にデータ入力のような雑務をこなす際に、より迅速な処理が可能になることです。

例えば、データベースがすべての情報を適切に処理できるかどうかをテストし、数千のデータを瞬時にソフトウェアに入力し、その後の結果を評価することなどが挙げられます。

企業は主に、大規模で反復性の高いタスクに自動化テストを使用しています。 自動化されたシステムは、間違った情報を入力したり、間違ったリンクをクリックしたりするような小さなミスを犯さないからです。

ライブサーバやデータベースなど、多くの情報を扱い、ユーザーの負荷が高いソフトウェアでは、その要求に応えるテストが必要です。

 

2.手動テストと自動テストの違いは何ですか?

 

手動テストと自動テストの主な違いは、完了の方法です。

マニュアルテストは、テストケースを完成させ、情報を書き留めるまで、完全に人間に頼ってテストを行うものです。

自動テストでは、QAアナリストが最初に書いたテストケースを、コンピュータプログラムが完成させる役割を担っています。

また、自動テストプラットフォームの中には、ユーザー向けに独自のレポートを作成するものもあり、実験から得られたすべてのデータを収集するために誰かが費やさなければならない時間を制限することができます。 その代わり、ソフトウェアパッケージが抱える問題の解決に時間を割くことができるのです。

 

3.結論手動テストと自動テストの比較

 

手動テストと自動テストにはいくつかの基本的な違いがあり、2つのコンセプトが適切に機能するためには、まったく異なる基盤に依存しています。

しかし、多くの開発プロジェクトにおいて、両者は密接に連携して仕事をすることができます。 より負荷の高い作業には自動テストを、より柔軟性が求められる作業には手動テストの技術を適用することで、テストプロセスを大幅にスピードアップすることができます。

テストに関する最大の誤解の1つは、二者択一であるということですが、効果的な品質保証チームにとっては、これ以上ない真実です。

 

手動テストに関する5つの神話を否定する

 

マニュアルテストにはいくつかの神話があり、その神話は人々をあまり理想的でない方法へと導き、結果を得ることを必要以上に複雑にしています。

 

手動テストをめぐる5大神話は以下の通りです:

 

1.テストは、製品の品質に責任を持つ唯一の部門

 

製品の品質は、品質保証チームだけでなく、会社全体の役割です。

ソフトウェアテストは、可能な限りバグを取り除くために存在します。つまり、多くの人は、バグの修正と位置特定をQAチームの唯一の責任とみなしているのです。 逆に、開発者自身はコードを書くことに責任を持ち、経営陣は開発を取りまとめることに責任を持つ。

テストチームがすべての問題を発見し、その後できるだけ早く製品を出荷することに頼るのではなく、企業で役割を持つすべての人が、十分に高い水準の製品を作ることに何らかの責任を負っているのです。

 

2.マニュアルテストはもう関係ない

 

AIの台頭や一般的になりつつあるロボティック・プロセス・オートメーションによって、ソフトウェア開発において手動テストはもう関係ないと考える人もいる。 企業は、自動化が比較的安価であることを知り、可能な限りそのルートを選択します。

マニュアルテストは、E2E、ブラックボックス、GUIテストの有用性により、企業にとって最も重要なツールの1つであり続けています。 手動テストを実施することで、自動化では見逃してしまうソフトウェアの問題を発見し、自動化だけでは得られない潜在的な利益を得て、製品を改善することができます。

 

3.コードが書けない人のためにある

 

一部の人が持っている大前提として、「コーディングできない人は代わりにテストをすることを選ぶ」というものがあります。

しかし、これは真実とはかけ離れています。 グレーボックスやホワイトボックスのテストでは、コードを読み、ソフトウェアパッケージに存在するバグにどのように影響するかを理解することが重要です。

コーディングができない人だけがテストに携わると思い込むと、チーム内のテストスタッフの水準が低くなる可能性があります。 テスターであれば、標準を向上させるためにコーディングコースの修了を検討してください。

 

4.バグのないソフトを作ることができる

 

品質保証チームがソフトウェアのあらゆるバグを発見し、開発チームがそれを解決するのを助けることができると思い込んで、マニュアルテストの業界に入ってくる人がいます。

理論的には、バグがまったくなく、お客さまを完全に満足させる製品になるはずです。 もちろん、これはソフトウェアテストの理想的な最終目標ですが、それが可能なことはほとんどありません。

バグの数をできるだけ減らすことが目標ですが、最終的なリリースに2、3個の小さな問題があっても実害はないでしょう。 そのためには、リリース後の手動によるテストと開発が重要です。

 

5.テストによる付加価値はない

 

ソフトウェアテストにまつわる最大の神話のひとつは、ソフトウェアパッケージに何の価値も与えないというものです。 しかし、クライアントは常にアプリケーションの品質を最も重要視しており、バグや低品質のプログラムはすぐにユーザーを失い、代替品を探すことになります。

洗練された製品は、正しく動作しない製品よりも企業にとってはるかに価値があり、効果的なテストはこの仕事の中心にあります。 ハイエンドテストは、企業が適切な投資を選択することで、大きなリターンにつながります。

つまり、手動と自動化のハイブリッドテストは、どちらか一方のみを使用した場合よりも、常に優れたテスト結果を提供します。

 

マニュアルテストを始めるために必要なものは?

 

手動テストのプロセスを開始するために必要なものはいくつかありますが、これらの機能をすべて利用できるようにすることで、テストが容易になるだけでなく、そもそもテストが可能になります。

 

手動テストを始めるために必要なものには、以下のようなものがあります:

 

1.本ソフトウェアの

 

テスターがソフトウェアテストを完成させるためにまず必要なものは、ソフトウェアそのものである。 結局のところ、テストできるものがなければ、手動テストは事実上不可能なのです。

効果的なソフトウェアテストでは、最新のソフトウェアを使用します。

可能であれば、アプリを完全に新しくコンパイルして、ソフトウェアの最も正確なビューを得ることができます。

 

2.ソフトウェアの要件

 

テスターは、ソフトウェアの要求事項にアクセスする必要があります。 これは、パッケージが必要とするハードウェアやOSのことではなく、開発者が手がけるソフトウェアの概要のことを指します。

テスト段階でより詳細なソフトウェア要件があれば、QAスタッフは最初から重要な機能をすべてチェックし、ソフトウェアの問題点を指摘し、調整を提案することができるのです。

これがないと、テスターは何の指針もなく仕事をしていることになり、自分が提供している情報が開発チームにとって本当に役に立つのかどうかがわからなくなります。

 

3.適切なハードウェア

 

ソフトウェアのテストには、実行するプログラムのニーズを満たすハードウェアが必要です。

例えば、高度なハードウェアを必要とする新しいビデオゲームのバグや問題点を探しているテスターが、低レベルのPCしか持っていないとしたら、ソフトウェアを適切にテストすることはできないでしょう。

これは、小さなアプリやウェブツールではあまり問題にはなりません。 使用するハードウェアがソフトウェアのニーズにマッチしていることを確認してから、ソフトウェアの要件について開発チームと相談した上でハードウェアを選び、テストを完了させます。

 

マニュアルテスト工程

 

マニュアルテストのプロセスにはいくつかのステップがあり、それぞれがプログラムの正確な俯瞰に一役買っています。

 

これらの手順は以下の通りです:

 

1.要求事項を分析する

 

手動テストプロセスの最初のステップは、アプリの要件を分析することです。 これには、アプリの概要に記載されている具体的な要件、設計書の機能の一部、そしてプログラムのその他の部分として期待されるもの(法的要件など)が含まれます。

これらをプロセスの最初に分析することで、ソフトウェアを調べる際に何をテストしているのかがわかるのです。

 

2.テストプランの作成

 

テストが必要なものがわかったら、テストプランを作成します。 そのためには、どのような機能をテストするのか、具体的にどのようにテストするのか、そのプロセスの中でいつテストを完了させるのかを知る必要があります。

テスト計画を作成することで、必要なテストが前もって準備でき、誤って機能を見逃すことがないようにします。

また、いつ何人の手動テスターが必要なのかがわかるので、ワークフォースマネジメントにも役立ちます。

 

3.テストケースを書く

 

ソフトウェアのテストケースの作成に着手する。 テストケースは、ソフトウェアをテストする際に完成させる一連のイベントであり、公正なテストであることを確認するために、毎回これらに厳密に従います。

各ケースで作業する具体的なマニュアルテストを考え、できるだけ詳細に記載することで、当初の計画から逸脱する人が出る可能性を減らすことができます。

 

4.自分のケースを見直す

 

すべてのテストケースを書き終えたら、徹底的なレビュー作業を行います。 これは、テストケースを管理スタッフ(できればQAマネージャー)に渡すというものです。

第三者が校正を行うことで、誤記を排除し、テストケースの水準を高めることができます。 マネージャーは、最終的に手動テストをより効率的にするための改善点を提案し、アプリの問題点を発見するのに役立ちます。

テストを実行する前に、テストケースの一つ一つを確認すること。

 

5.マニュアルテストの実行

 

マネージャがテストケースを確認したら、テストの実行を開始する。 最初の段階で決めた順番に従って、1つ1つのテストを確実にこなし、人々がゆっくりと丁寧にテストをこなしていることを確認するのです。

100%正しいテストを行うことで、一部の実行でミスをし、結果が正確かどうかを再度確認する時間を大幅に短縮することができます。

重要な情報を忘れてしまう可能性を減らすために、情報を記録しながら行動する。

 

6.バグを報告する

 

マニュアルテストが終了し、バグが見つかったら、報告作業を行います。

これは、バグを発見した場所と、バグを再現するために行った手順をすべて記載した報告書を開発チームに提出するものです。 テストには、生成したすべてのデータを含める。

より質的なテストでは、アプリのデザイン、発生した問題、アプリをより使いやすくするための修正の可能性について詳しく説明します。

手動テスターは、自動化では得られない定性的な情報を提供できるため、手動テストが自動化に対して本当に優れているのは、この段階であることを忘れてはならない。

 

マニュアルテストのベストプラクティス

 

ベストプラクティスとは、あらゆる種類の手動テストに共通する、テストプロセスの標準を向上させるのに役立ついくつかの事柄を指します。 ベストプラクティスに従うことは、最終的に、正確で信頼できる結果をもたらす高品質のテストを手に入れることにつながります。

 

手動テストプロセスを進める際に留意すべきベストプラクティスには、次のようなものがあります:

 

1.明瞭さを重視する

 

マニュアルテストプロセスでは、明確性を重視することが必要です。

可能な限り明確にすることで、部門間や専門家間のコミュニケーションミスの可能性を減らし、ソフトウェアの適切な領域での作業に集中できるようにします。 特にマニュアルテストでは、指示の解釈の余地が大きいので、この点は重要です。

これには、テスターが従うべき明確なテストケースを書くこと、結果をシンプルでわかりやすい方法でメモすること、組織内の全員がアプリケーションの要件を理解するのを助けることなどが含まれます。

 

2.継続的な見直しを行う

 

テスト工程のすべてを何度でも見直す。

効果的なレビュープロセスには、スタッフのパフォーマンスに注意を払い、テストケースに目を通し、期待通りに動作しているかを確認し、ソフトウェア自体をレビューして、進捗を確認することが含まれます。

すべてのプロセスの品質に目を配ることで、最初から最後まで規格を逸脱することなく、十分なレベルのアウトプットを提供することができるのです。

 

3.バグを探すだけではダメ

 

ソフトウェアテストの主な目的はバグを見つけることだと考えている人がいますが、そうとは言い切れません。 また、アプリケーションのパフォーマンスが高い水準にあること、予測可能な方法で動作すること、ユーザーにとって快適であることを確認するプロセスも含まれます。

この使い勝手は、ほとんど「自動化できない」ので、結局は手動テストの中核をなすものです。

テストケースに沿ってバグを発見した場合は報告書に記載しますが、テストに関係ないバグをわざわざ発見することは、開発者を混乱させ、プロセスを想定した位置づけから遅らせることになります。

 

マニュアルテストからの出力の種類

 

手動テストから得られる出力にはいくつかの種類があり、それぞれがアプリケーションのパフォーマンスに関するユニークな洞察を提供します。

 

手動テストから得られるアウトプットの種類は以下の通りです:

 

1.不具合ログ

 

不具合ログとは、あるソフトウェアがテスト中に発生したすべての問題をまとめたリストまたは文書のことです。 不具合ログが長ければ長いほど、ソフトウェアにパッチを当てる必要がある問題が多くなります。

自動化プラットフォームはソフトウェアの品質について意見を述べることができず、単にメトリクスを生成するだけなので、手動テスターはプログラムのより定性的な側面でこのタスクを完了します。

 

2.定性データ

 

ユーザー受け入れテストなどの一連のテストを終えた後、手動テスターが開発チームに提示する口頭および書面によるフィードバックのことを指します。

UATは、一般的なユーザーがソフトウェアを楽しみ、期待通りに使用できるかどうかを確認することに重点を置いており、機能テストなどの側面とは異なる焦点が当てられています。

質的なデータは、開発者とのディスカッションや長文のレポートという形で提供されます。

 

3.エラーメッセージ

 

エラーメッセージとは、ソフトウェア・パッケージにエラーが発生したかどうか、またエラーが発生した場合はその内容を示す短い文字列のことです。

ほとんどの開発者は、エラーコードを使って問題を絞り込みながら、何が問題なのか、なぜその問題が発生するのか、徹底したシステムを書いています。 ソフトウエアのエラーメッセージを記録することで、開発者は発生した問題の原因を即座に把握し、解決に向けた潜在的なステップを知ることができます。

 

マニュアルテストの例

 

マニュアルテストの進め方について詳しく知るには、いくつかの事例を参考にするとよいでしょう。 これらはそれぞれ、開発サイクルの特定の時点で行われる特定のテスト規律であり、開発者に製品を改善するためのより多くの洞察と指針を提供します。

 

マニュアルのテスト形式の例としては、以下のようなものがあります:

 

1.単体テスト

 

ユニットテストとは、ソフトウェアパッケージの個々のユニットが期待通りに動作することを確認するプロセスです。 ユニット(モジュール)とは、1つの機能を独立してコード化し、最後に1つの大きなソフトウェアパッケージにコンパイルすることを指します。

例えば、データベースの場合、「SORT」関数をテストして、データを正しく整理できることを確認してから、より広いパッケージに統合するようなことがあります。

ユニットテストが完了すると、すべてのシステムがそれ自体で適切に動作し、後工程で発生する問題はすべての機能が互いに統合されていることを理解できるようになることが主なメリットです。

これらのテストを手動で完了させることは、複雑な自動化テストケースのコーディングに費やされる時間を節約するため、同様に重要です。

 

2.エンドツーエンドテスト

 

エンドツーエンドテストとは、ソフトを初めて開いた時点から、その中のすべての機能を完了するまで、アプリ全体をテストするプロセスです。

エンド・ツー・エンドのテストの良い例は、税金をいくら稼ぐかを計算するモバイルアプリで、テスターがアプリをダウンロードし、すべての機能を経て最終的な計算結果を受け取るというものです。 テスターは問題点を指摘し、それを開発者に伝える。

開発者にとっては、手動テスターが中心となって行うこの形式のテストは、ソフトウェアを構成するすべてのユニットがどのように動作するかを確認する機会であり、この後期段階のテストによって、アプリケーションがすべて組み合わされたときに正しく動作することを確認できるためです。

エンドツーエンドテストは、ユーザー受け入れテストとは異なり、エンドツーエンドは主に内部プロセスであり、ユーザー受け入れテストプロセスの外部への公開性とは対照的であるためです。

 

3.ユーザー受入テスト

 

ユーザー受入テストは、ソフトウェアテストプロセスの最終段階であり、製品が想定される顧客層に適しているかどうかを確認するものです。 これには、見込み客がアプリケーションを使用し、フィードバックを提供できるよう、アクセス権を提供することも含まれます。

現代のソフトウェア開発におけるユーザー受入テストの代表的な例として、ビデオゲームのアルファテストやベータテストが挙げられ、ゲーマーがゲームをプレイし、ゲーム内に存在する問題点を報告する。

ユーザー受入テストの主な利点は、製品作りに積極的に関与した人の視点に頼るのではなく、外部の視点から製品を評価することで、テストに影響を与えるバイアスの可能性を排除できることです。 自動化システムでは顧客感情を正確に再現できないため、手動テストは必須です。

 

自動テストが見逃す、マニュアルテストによって検出されるエラーやバグの種類

 

手動テストは、自動テストと同様に、あらゆる種類のバグやエラー、問題点を発見します。 しかし、ソフトウェアには、自動化では発見できないような問題を、手動テストが得意として発見することがあります。

 

手動テストにおけるエラーやバグの主な種類には、以下のようなものがあります:

 

1.ワークフローが悪い

 

“ワークフロー “とは、ユーザーがアプリケーションの特定のポイントに到達し、あるプロセスを完了するためにたどる経路のことを指します。 ワークフローの中には、技術的には問題がなくても、素人には道筋がわからないという問題がある場合があります。

このような場合、手動テスターは設計の問題点を開発者に伝え、変更を推奨することで、自動システムが気づかないような方法で、ユーザーがより快適に、アプリに親しむことができるようにします。

 

2.グラフィックの問題

 

Webアプリケーションはさまざまなデバイスで動作し、モニターの解像度やサイズは、ユーザーが利用できる携帯電話、タブレット、スクリーンによって常に変化します。

最適化されていないアプリでは、一般的に使用されていないデバイスでアセットが引き伸ばされ、見た目が悪くなる可能性があります。

さまざまなデバイスを導入することで、手動テスターはグラフィックの欠陥を発見し、それを修正することで、ユーザーがソフトウェアパッケージでより良い体験をすることができるようになります。

 

3.不正確なリンク

 

いくつかのウェブサイトやアプリケーションは、一連のボタンや埋め込みリンクを通じてソーシャルメディアウェブサイトにリンクしていました。 しかし、これらは開発過程でのタイプミスやミスにより、必ずしも正しい場所にリンクされないことがあり、自動化されたシステムでは必ずしも発見できないものである。

リンクが間違った場所に行くと、混乱を招き、リテンションに大きな悪影響を及ぼします。 マニュアルテスターは、プログラム内のすべてのリンクが正しい場所につながっているかを確認し、エンドユーザーが問題に惑わされることなく、目的の場所にたどり着けるようにサポートします。

 

一般的なマニュアルテストの評価指標

 

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

メトリクスとは、テストの終了後に何かを示す、シンプルで測定可能な数値のことです。 これらはいずれも定量的なものであるため、開発者の立場からすると評価しやすい。

 

テスターが使用する一般的な手動テストの指標には、以下のようなものがあります:

 

1.不具合について

 

欠陥の指標は比較的単純で、ソフトウェアパッケージに存在するエラーやバグの数を指します。 不具合とは、ソフトウェアの機能からグラフィックの動作に至るまで、ソフトウェアが期待通りに動作しないあらゆるケースを指します。 は、不良を指標として分析することは比較的単純で、不良が多ければ多いほど会社にとって大きな問題であることがわかります。

不具合の数が反復ごとに増加するか減少するかを追跡することで、ソフトウェアの品質がアップデートを受けながら正しい方向に進んでいるかどうかをよりよく理解することができます。

 

2.テスト時間あたりの不具合数

 

テスト時間あたりの不具合は、不具合の指標をさらに細かくしたもので、不具合の数をテスターがソフトウェアに費やした時間数で割ったものです。

例えば、基本指標で1時間使う10個の欠陥のあるものよりも、2分で実行する5個の欠陥のあるシンプルなウェブツールの方が良く見えるでしょう。

この計算をさらに進めることで、手動テスターは不具合密度に関するより良いアイデアを得ることができ、ユーザーが不具合に遭遇する頻度や、それがアプリケーションを使用する時間に深刻な影響を与えるかどうかを理解することができます。

アプリケーションのサイズと欠陥のバランスを取ることは、問題の文脈を理解する上で常に有益です。

 

3.テストケース合格率

 

テストケースの中には、単純な合格・不合格で実行されるものもあり、この指標は合格したテストケースの割合を示しています。 合格したテストケースの割合が高いほど、アプリケーションの性能が高いことを意味します。

可能であれば、アプリ全体を調査するのではなく、機能ごとに合格したテストケースのパーセンテージを使用することを試みる。 これにより、何がうまくいって何がうまくいっていないのか、より詳細な情報が得られるため、開発者は問題の所在を正確に把握するためにさらなる調査を行うのではなく、必要なところに変更を加えることができるようになりました。 問題の原因を早く見つけることができれば、それに越したことはありません。

 

手動テストを実施する際の7つの間違い&落とし穴

 

ソフトウェアテスト業界全体に共通するいくつかの間違いがあり、それぞれバグが発見されず、テストが予想以上に長引き、高いコストにつながる可能性があります。

 

業務で手動テストを実施する際に気をつけたい、避けたい主な間違いや落とし穴には、次のようなものがあります:

 

1.自分でバグを修正する

 

開発プロセスのある段階において、開発者はコードのテストと問題の修正の両方を担当する人です。 そのため、問題の原因を十分に理解していないにもかかわらず、ソフトウェアの問題を自分で解決しようとすることがあります。

可能な限り、テスターとソリューションのコーディング担当者が明確に分かれていることを確認するようにしてください。 このように区別することで、発見した特定のエラーを修正することに集中しすぎて、ソフトウェアの他の部分を考慮しなくなる可能性を減らすことができるのです。

ある問題について、より広い範囲の専門知識を得ることが可能であれば、必ず仕事を分配する。

 

2.テストを急ぐ

 

ソフトウェアの中には、リリースまでの期限が非常に厳しいものがあり、テスターは目標期限に間に合わせるために、より早くテストを終わらせることに集中することがあります。 これは重大なバグを通す危険性があるため、重大なミスです。 手動テストはこの問題を悪化させ、人々はプレッシャーを感じ、積極的に物事を急ぐようになることがあります。

テストケースを完成させる際には、できるだけ時間をかけ、すべてのステップを丁寧に行い、データをより詳細に書き留めるようにします。 たとえリリースを多少遅らせたとしても、規格が悪いためにユーザーが楽しめない製品よりも、完成度の高い製品を出荷したほうがいい。

 

3.コミュニケーション不足

 

ソフトウェア開発プロジェクトでは、チーム内のコミュニケーションが最も重要であり、同僚からできるだけ多くの知見を得ることで、製品の改善に役立てています。 これは、一つの部門内だけでなく、部門間でも常に会話をすることに当てはまります。

QAチームが開発者と効果的にコミュニケーションを取ることで、より良いアップデートの指針を得ることができ、全員が一丸となって最高レベルの製品をリリースすることができるのです。

手動テストでは、テスターが体験を完全に理解し、より明確で詳細な情報を提供するため、より良いコミュニケーションが可能になります。

 

4.準備のないテスト

 

準備は完璧を生む、それはソフトウェアテストの現場でも同じです。 手動テストの場合、概要の理解に加え、ソフトウェアの理解に時間をかけ、これらの目標に適切に挑戦するテストケースを作成することを意味します。

時間をかけるということは、テストケースが開発者のニーズに合っているということであり、システムの最も重要なバグをすべて発見できる可能性がはるかに高くなります。 また、テスト担当者がテストケースをより明確に読み解き、より精度の高いテストケースを実行することができるようになります。

 

5.自分の直感を無視する

 

企業が手作業でテストを行う場合、その理由はいくつかありますが、その中には人間のテスターの適応性や直感が欲しいというものがあります。 ソフトウェアをテストしているとき、テストケースの一部でないにもかかわらず、何かが奇妙に見えることに気づき、変更を加えたり、さらに調査したりしないように促されることがあります。 これは間違いです。

自動化されたテストケースでは発見できないような問題を発見するために、常に好奇心を満たし、直感に耳を傾けてください。 マニュアルテスターは、その知性と専門性から選ばれるため、その特性を活かして行動することがテストの可能性を最大限に生かすことになります。

 

6.ミスを恐れる

 

完成度の高い作品に関わらず、誰でもミスはするものです。 しかし、間違うことを恐れて作業に入るのではなく、それを認めてあげることが一番です。 そのため、ストレスがたまりやすく、さらにテストパフォーマンスに問題が生じやすくなります。 自動化にはこの問題はなく、手動テスターはプレッシャーに弱い。

自然体で仕事に取り組み、もし失敗したら、できるだけ早く修正する。 ソフトウェアテストは、問題を発見して修正する段階であり、たまにあるテストの問題は、それを修正する限り、エンドユーザーにとってソフトウェアを台無しにすることはないでしょう。

 

7.休憩をとらない

 

マニュアルテストでは、1つ1つのテストに高いレベルの注意を払う必要があり、テスターは疲れます。 にもかかわらず、テスターや企業の中には、疲れや集中力の低下を防ぐために休憩を入れず、一日中テスターを続けることに重点を置くところもあります。

これは重大な誤りである。 テスト担当者に休憩時間を設けることで、問題発生の可能性を減らし、テストの精度を維持することができます。 ご自身がテスターの場合は、管理職の方と協力して、ご自身や周囲の方のメンタルヘルスに積極的に気を配るようにしましょう。

 

ベストマニュアルテストツール

 

マニュアルテストを完成させるとき、すべての部分を一人で完成させる必要はありません。 場合によっては、ツールを使用することで、テストを管理し、プロセスをできるだけスムーズにするために最適です。 もしあなたがテスターで、自分の基準を向上させる方法を考えているならば、ツールに目を向けることは理想的なスタートかもしれません。

 

5 Best Free Manual Testing Tools

 

ソフトウェアテストにおいて新しいツールを使う場合、投資に見合うだけの価値があるかどうかを確認したいものです。 これは、ソフトウェアに投資する時間と、ライセンスを取得するために費やす金額を指します。

無料の手動テストツールを使えば、費用対効果を得るのがはるかに簡単で、うまくいかなくても買い手の後悔に悩まされることはありません。

 

品質保証チームが利用できる無料の手動テストツールには、以下のようなものがあります:

 

1.JIRA

 

JIRAはソフトウェアテスト用のドキュメントツールで、開発者はサポートが必要なバグ、問題、修正に対してチケットを作成することができます。 このプラットフォームには優先順位付けツールも用意されており、開発チームはプログラムを改善する際に、最も重要な問題を最初に整理することができます。

 

2.ロードランナー

 

LoadRunnerは、さまざまな開発ツールと互換性があり、さまざまな環境での性能テストを支援し、性能テストデータを詳細に生成します。 また、このツールは、効率化を目指す開発者にとって、パフォーマンス問題の主な原因を分類するのに役立ちます。

 

3.SonarQube

 

マニュアルテスト作業で幅広いプログラミング言語をサポートし、測定値を長期的に追跡することで、マニュアルテスターが自ら行う報告作業を軽減しています。 高い適応性を持ち、主要なサードパーティ製アプリケーションと効果的に統合できます。

 

4.トレック

 

Pythonで開発されたTracは、プロジェクト管理ツールで、ビュー履歴、コード、変更点を提供し、テスト間の修正を確認することができます。 Tracによるデバッグでは、チケット管理システムも使用するため、ユーザーの問題発見から解決までのプロセスを簡素化することができます。

 

5.NUnit

 

JUnitをベースにしたNUnitは、完全にオープンソースのツールで、データ指向のテストをサポートし、さまざまなプラットフォームと効果的に統合します。 手動テスト終了後も定量的なデータにアクセスできるため、開発者が問題点を修正するためのインサイトが得られます。

 

無料のオートメーションテストツール ベスト5

 

手動テストには多くの利点がありますが、テストプロセスに自動化を導入することが理想的な方法である場合もあります。

これにより、ソフトウェアの概要を把握しながらも、マニュアルテストにのみ注力することの欠点を解消することができます。 自動化を始めるにはいくつかのツールが必要で、多くの開発者は仕事を始めてプラットフォームを使いこなすうちに、無料のツールを使うことを好みます。

 

無料で利用できる優れた自動化テストツールには、以下のようなものがあります:

 

1.zaptest 無料版

 

ZAPTEST Free Editionは、テスターが自動化を業務に組み込むことを支援するために設計されており、クロスプラットフォームに対応し、ユーザーが手動テストを適切にサポートする方法で自動化を実装することに重点を置いています。 ZAPTESTのFree Editionでは、ソフトウェアのあらゆる側面を自動化できるため、あらゆるタスクの自動化を実現できるのが魅力です。

 

2.アピウム

 

オープンソースのテスト自動化フレームワークで、特にウェブストアで動作するアプリケーションのモバイルデバイスの自動化に重点を置いています。 Appiumは、iOSWindowsMobileWebAndroidなど、さまざまなAPIやオペレーティングシステムで動作しています。

 

3.Katalonプラットフォーム

 

コードレスソリューションであるKatalonは、コーディングの経験がないテスターがより良い自動テスト作業を実現できるよう支援します。 このプラットフォームには、さまざまな拡張機能を備えたストアがありますが、これは、テストソフトウェアを最大限に活用するためには、ニーズに合わせてカスタマイズするために、多くの時間や費用を費やす必要がある可能性があることを意味します。

 

4.ロボティウム

 

Androidのテストに特化したオープンソースツールで、ユーザー受け入れテストやグレーボックステストが可能です。 このアプリケーションは高い水準で動作しますが、クロスプラットフォームアプリケーションは他のすべてのプラットフォームでのテストが必要であるため、ユーザーにはいくつかのリスクがあります。

 

5.ロードスター

 

Loadsterは、大規模なユーザーベースを持つアプリを扱う企業を支援するために作られたツールです。 このツールを使うことで、開発者はトラフィックの大きなピークに備え、会社のサーバーに大きな負荷がかかっても最適なパフォーマンスを発揮することができます。 Loadsterは、手動テストの支援に加え、負荷軽減のようなテスターのタスクの一部を自動化することができます。

 

結論

 

結論として、手動テストはどのような組織にとっても資産となるものです。 テスターは、自動化では発見できないような問題を発見し、アプリケーションに関する詳細なフィードバックを提供することができます。

手動テストには欠点もありますが、インテリジェントな企業では、手動テストと自動テストのハイブリッドシステムを採用するケースが増えています。

手動テストは、より良いソフトウェア開発のバックボーンであり、正しく使用することで、アウトプットに大きな違いをもたらすことができます。

 

FAQ&リソース

 

マニュアルテストは複雑なテーマであるため、その方法についてさらに疑問があるのは理解できる。 マニュアルテストに関するよくある質問と、時間をかけてより良いマニュアルテスターになるための学習として役立つリソースをご覧ください。

 

1.手動テスト自動化に関するベストコース

 

– “Test Automation Foundations” – Udemy

– “テスト自動化トレーニングコース” – NobleProg

– マニュアルテストトレーニング – イギリス” – The Knowledge Academy

– “マニュアルテストとオートメーションテスト” – IT Talent Hub

 

2.マニュアルテストに関する面接の質問トップ5は何ですか?

 

– “マニュアルテストの経験はありますか?”- 候補者がテスト環境での作業経験が多いかどうかを確定する。

– “手動テストとテスト自動化の違いは何か?”- 候補者がテストプロセスに関する基本的な技術的知識を持っているかどうかを確定する。

– “ソフトウェアテスト環境において、どのように課題を克服してきたか?”- マニュアルテスト領域で候補者が持っている問題解決能力を評価します。

– “手動テストをサポートする理想的なツールは何か?”- 候補者が使用するワークフローと、それが自社に合っているかどうかを構築する。

– “チームで働くことに抵抗はありませんか?”- 面接官に、応募者が大きな集団の中で働くことができるかどうかを知らせましょう。

 

3.手動テストに関する最高のYoutubeチュートリアル

 

– “マニュアルテスト(フルコース)”- SDET- QAオートメーション技術者

– ソフトウェアテストチュートリアル – ソフトウェアテストをマスターし、テストでの仕事を成功させる」 – ソフトウェアテストメンター

– “マニュアルテストとは何か?| マニュアルテストとは|初心者向けマニュアルテストチュートリアル|Edureka(エデュレカ)

– マニュアルテスト(ファンクショナル)の考え方」 – Naveen AutomationLabs

– “マニュアルテストのチュートリアル” – Software Testing Academy

 

4.マニュアルテストのメンテナンス方法は?

 

手動テストを維持するためにできることはいくつかありますが、その第一はテスターを見守ることです。 テストプロセスの中心に福祉を据えることで、すべての人が注意を払い、最高のパフォーマンスを発揮できるようなコンディションにすることができます。

それに加えて、サポート体制を充実させることに注力します。 つまり、テストが一貫して行われ、可能な限り正確なアウトプットが得られるように、マネージャーによる監視が必要です。

厳密な機械的・自動的なメンテナンスはありませんが、人の世話をすること自体がテストのメンテナンスになるのです。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post