fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

ソフトウェア製品開発は混雑した市場である。 どのようなアプリケーションでも、その成功の大部分は、それが類似のソフトウェアと比較してどのように積み重なるかによってもたらされる。 価格、機能、性能など、潜在的な顧客が1つの製品を他の製品よりも使用するように導く決定要因はたくさんある。 開発チームは、こうした違いを認識し、その知識を自社の製品改良に役立てなければならない。

比較テストは、あなたの製品が期待に応えていることを確認するために、類似のツールの文脈であなたの製品を評価することによって、このような意思決定の前に立つのに役立ちます。

この記事では、比較テストとは何か、なぜ重要なのかを説明し、比較テストに関連するプロセス、アプローチ、テクニック、ツールのいくつかを探ります。

 

目次

比較テストとは何か?

比較テスト-種類、プロセス、アプローチ、ツールなど

比較テストとは、ソフトウェアの長所、短所、性能、機能性を、市場に出回っている他の製品と比較するソフトウェアテストの手法です。 これは、開発中のソフトウェアがリリースに十分な水準にあることを確認するために、ライバルツールと比較して評価する方法である。

多くの比較テストは、あなたの製品をライバルと比較することに焦点を当てていますが、同じソフトウェアの2つのバージョンを比較することもあります。 このような場合、比較テストとは、約束された改善や修正を強調したり、アップデートがアプリケーションのパフォーマンスにどのような影響を与えたかを確認することである。

 

なぜ比較テストが重要なのか?

境界値分析(BVA)-種類、プロセス、ツール、その他!

比較テストはさまざまな機能を果たす。 このようなテストを行う最も重要な理由のひとつは、あなたの製品がターゲットオーディエンスの要求や期待に応えているかどうかを理解することである。

比較テストの大部分は、あなたの製品が市場で生き残れるかどうかを確立することである。 オーディエンスのペインポイントを解決する素晴らしいソリューションを持っているかもしれないが、ユーザー採用を達成するには、すでに市場に出回っているツールに対して製品をどのように位置づけることができるかにかかっている。 ライバル製品に打ち勝つには、市場に出回っている他のツールよりも早く、安く、効果的に問題を解決するか、少なくとも同じようにうまく解決する必要がある。

 

比較テストの利点

動的ソフトウェアテスト-種類、プロセス、ツール、その他!

1.強みと弱みを理解する

ライバル製品と比較することで、あなたのプロジェクトの強みと弱みを知ることができます。 デザイン、使い勝手、UI/UX、スピード、スペック、出力など、比較できるものは無限にある。

製品の長所と短所を理解すれば、その情報を活用して、製品を改良したり、長所を活かす方法を見つけたり、その他何でも、プロジェクトを群衆から際立たせることによって、短所を補強することができる。

 

2.競争上の優位性を見つける

自社の製品で参入しようと考えている市場についての確かな知識は、マーケティングの面だけでなく不可欠である。 ライバルの優れている点、そして同様に重要な点として、ライバルがどこを改善する必要があるのかを理解すれば、競争上の優位性に変えることのできる、興味深い空間のポケットを見つけることができる。

例えば、競合他社と比較して自社製品を評価した結果、ユーザーインターフェイスやパフォーマンス、一連の機能などがはるかに優れていることが明らかになるかもしれない。 このような状況では、製品の競争上の優位性を見つけ、それを押し付けることができる。

 

3.マーケティングの強化

ポジショニングは戦略的なマーケティング活動であり、あなたの製品がターゲットオーディエンスの心の中に占める空間を理解し、影響を与えようとするものである。 ソフトウェア製品で言えば、最も費用対効果の高い製品、機能満載の製品、信頼性の高い製品、先進的な製品などである。

比較テストに参加することで、ライバル製品に対して自社の製品がどの位置にあるかを理解することができます。 これらの比較から学んだことは、マーケティングチームにとって非常に重要である。 また、プロダクトマネジャーが特定の特徴や機能を強調することで、製品を効果的な市場投入戦略に合致させることもできる。

 

4.データに基づく意思決定

ライバル・ツールと製品を比較することで、特に性能面で貴重なデータが得られる。 このデータを分析することで、競合製品との比較において自社製品がどのような位置づけにあるかを知ることができます。また、開発中に行う意思決定、たとえば、どれだけのリソースを割り当てるか、どの機能を拡張または改善するか、製品をどのように販売するか、あるいは、自社ソフトウェアが見込みユーザーのどのようなペインポイントを解決できるかなどを知ることもできます。

 

5.ユーザーの満足度を高める

結局のところ、製品は、ターゲットとする視聴者の痛点をどれだけ解決できるかによって、地位が上下する。 ソフトウェア開発の墓場は、興味深く斬新な製品で埋め尽くされているが、ユーザーがアプリケーションを採用するのは、時間やお金を節約したり、他の製品では実現できないことをしたりするのに役立つものだけだということを考慮していない。

比較テストは、魅力的なユーザー体験を提供することで、ユーザーに価値を提供するというタスクにチームが集中し続けるのに役立ちます。

 

比較テストのデメリット

比較テストはピクニックではない。 確かに、このプロセスには注意しなければならない制限もある。

アルファテストとベータテストの比較

#1. 限られた範囲

比較テストの性質上、その範囲は限られている。 真に正確な比較は、機能やソフトウェアの機能といった客観的な事柄に対してのみ行うことができる。 UI/UXと関連する比較は、決定的な方法でテストするのが少し難しい。 テストチームはこのような制約を意識し、ソフトウェアの品質が競合ツールや異なるバージョンと比較してどうなのかを完全に理解するための創造的な方法を見つけなければならない。

 

#2. 修正の追跡

優れた開発者は、常にソフトウェアを更新し、改善している。 継続的な改善と革新は良いことですが、それはソフトウェアが、あなたのソフトウェアまたは競合製品のいずれかの修正を考慮するために、複数の比較テストを通過することを意味します。 常に最新の情報を得ることは不可欠であり、かなりのレベルの調整が必要となる。

 

#3. 機能の肥大化

比較テストは、チームがライバルの製品に集中しすぎて、その過程で自分たちの独自性を見失ってしまう可能性がある。 機能でライバルと競い合うのは良いことだが、新機能の追加を急いだり、ライバルを圧倒しようとしたりすると、自社の製品に過度の影響を与えかねない。 最悪のシナリオでは、機能の肥大化や、急ごしらえや熟考不足の追加につながる可能性がある。

 

#4. 資源配分

比較テストに多くの時間を割くと、他の重要なテストに割く時間が少なくなる可能性がある。 さまざまなテスト技法の間で適切なバランスを取ることに失敗すると、開発期間が長くなったり、最悪の場合、顧客や利害関係者の要求を満たすことができない、バグや欠陥の多い製品になったりする可能性がある。

 

#5. 誤ったフォーカス

チームがバランスを取る必要があるもう一つの分野は、市場とユーザーを対立させることだ。 市場や他のデベロッパーがやっていることに過度に注目すると、ターゲットとするユーザーや彼らの問題や痛みから遠ざかってしまう可能性がある。 こうした違いはかなり微妙なもので、つまり陥りやすい罠なのだ。

 

効果的な比較試験に関する課題

UATテストとリグレッションテストとの比較、その他

効果的な比較テストを実施するのは、必ずしも簡単ではない。 実際、2つのソフトウェアを比較する際には、いくつかの障害や課題に直面する可能性がある。 これらの潜在的な摩擦を克服する方法を紹介する前に、いくつかの課題を探ってみよう。

 

#1. 客観的基準の確立

比較テストの中には、特定の機能の有無や、速度や負荷処理などの性能データなど、客観性の高い分野もある。 しかし、他の側面はより主観的であり、したがって測定がより複雑である。 例えば、ユーザー・エクスペリエンス(UX)や ユーザー・インターフェース(UI)のフローを 比較する。

テストチームやプロダクトマネジャーは、変化や差異を効果的に測定できるよう、可能な限り具体的なベンチマークを設定する方法を考案しなければならない。

 

#2. 適切なテスト環境の構築

正確な比較テストには、同一のテスト環境内で両方のソフトウェアバージョンを検証することが含まれる。 少しでもずれがあると、結論が出なかったり、誤解を招いたりする可能性がある。 ソフトウェアは、同じハードウェア、プラットフォーム、オペレーティング・システム上でテストし、同じソフトウェアとネットワーク設定を使用しなければならない。

 

#3. オートメーション・コスト

比較テストのために手動テストのアプローチを取ることができますが、時間と費用がかかります。ソフトウェアテストの自動化はこれらの問題に対する解決策ですが、専用のツールとソフトウェアへの投資が必要です。 ZAPTESTのようなソフトウェアテスト自動化ツールは、1年以内に10倍のROIをもたらしますが、高度なツールの実装と導入には、ある程度の先見性と計画が必要です。

 

比較テストに伴う課題を克服する方法

ここでは、比較テスト特有の問題を克服するために使用できるいくつかのヒントとトリックを紹介します。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

  • デザインやユーザーフローのような美学よりも、客観的な機能性(スピード、容量など)を重視する。
  • 自社のソフトウェアの異なるバージョンを比較する場合、新しいコードに起因するリグレッションを特定するのに役立つベースラインを確立する。
  • テスト環境を標準化し、正確な比較を実現する
  • ZAPTESTのようなソフトウェアテスト自動化ツールを使用することで、より高速に、コストを削減し、人的ミスをなくすことができます。

 

比較テストはいつ行うべきか?

ソフトウェアテスト自動化の混乱を解消する

比較テストは確かに良い習慣ではあるが、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の一部として定義されているわけではない。 そのため、設計、開発、テストなど、どの段階にも属さない。 とはいえ、比較テストはいつでも実施することができる。収集された情報は、チームが可能な限り最高の製品を作る上で非常に役立つからだ。

通常、比較試験は製品開発の初期、中期、後期の各段階で実施される。 このプロセスは、意思決定や調整を助け、アイデアを生み出し、製品の潜在的な弱点を浮き彫りにするための指針として機能する。

3つの異なる段階を見て、それぞれの段階で比較テストがどのようなものかを見てみよう。

 

1.初期段階

ライバルのプロジェクトと比較することは、初期の設計段階の一部であるべきだ。 ターゲット市場のニーズを理解するには、すでに市場に存在するソリューションに対する不満を把握するためのリサーチやインタビューが必要である。

さらに、UI/UXやビジネス要件は、比較テストのためにこれらの段階で変化する可能性がある。 このような変更に対応するのは、開発ライフサイクルの初期段階であればはるかに容易である。

 

2.中間ステージ

中間段階の比較テストは通常、アプリケーションの機能とUI要素に焦点を当てる。 そのほか、さまざまなモジュールの統合が検討される。

 

3.後期

後期段階は、ソフトウェアの品質、処理速度、ハードウェアのサポートに焦点を当てた比較テストを行うのに適した時期である。

 

さまざまなタイプの比較テスト

チェックリスト uat、ウェブアプリケーションテストツール、自動化など

比較テストは、あるソフトウェアビルドと別のソフトウェアビルドを比較するために使用される、さまざまなソフトウェアテスト技法の総称である。 通常、比較テストは機能テストと 非機能テストの2つに大別されます。

この2種類のテストと、ソフトウェアの比較に便利なその他のテストについて見てみよう。

機能比較テストと非機能比較テストについて調べる前に、この2種類のテストの違いを簡単に定義しておこう。

機能テストは、ソフトウェアが意図した通りに、あるいは仕様書通りに動作することを検証する。 これは、ソフトウェアの機能や特徴をテストし、それらが適切に動作(機能)することを確認することである。 例えば、検索機能やログイン機能は正しい動作をしますか?

一方、非機能テストは、ソフトウェアが実際にどのように動作するかに関係する。 この種のテストでは、ソフトウェアが迅速かどうか、反応が良いかどうか、安全かどうか、安定しているかどうかなどを検証する。 例えば、ファイルのアップロードなど、特定の機能を実行したときに、ソフトウェアはどのように動作しますか?

言い換えれば、機能テストはソフトウェアが何をするかに焦点を当て、非機能テストはソフトウェアがどのように職務を遂行するかに焦点を当てる。

この違いが明確になったところで、それが比較テストにどう当てはまるか考えてみよう。

 

1.機能テスト

比較テストにおける機能テストには、以下のようなものがある:

機能比較テスト

機能比較テストはソフトウェアテストの一種で、アプリケーションの機能を調査し、市場に出回っている他の製品との比較を行います。 特定の機能や特徴の有無だけでなく、それらがソフトウェア内でどのように扱われているかも比較する。

注意すべき点は以下の通り:

  • プロジェクトの仕様書や文書で意図されたとおりに機能するか。
  • その機能はユーザーやステークホルダーの期待に応えているか?
  • アウトプットは期待された結果をもたらしているか?

 

2.リグレッションテスト

リグレッションテストは、いくつかの異なる方法で比較テストにその場所を持っています。 特に、アップデートや修正がソフトウェアにどのような影響を与えるかを確認するのに便利だ。 例えば、ソフトウェアの新バージョンを作成した場合、新旧バージョンの比較を実行し、両者の比較を確認することができます。

 

比較テストのさまざまな段階とは?

アルファテストとRPAの利点

比較テストは明確なフェーズで行うことができる。 どちらも比較を伴うが、異なるアプローチを決定するのは、ソフトウェアを何に対して測定するかである。

 

#第1段階:ベンチマークと基準との比較

ソフトウェアを評価する最善の方法のひとつは、業界標準やベンチマークと比較することです。 その方法を探ってみよう。

1.研究基準とベンチマーク

まず、プロジェクトを比較する客観的なデータを入手する必要がある。 ありがたいことに、正しい方向へ導いてくれる確立された基準やベンチマークが数多く存在する。 注意すべき点は以下の通り:

  • ベストプラクティス、テスト方法論、品質属性を概説するIEEEISOW3Cなどの業界標準
  • パフォーマンスと機能性の研究
  • 社内文書や仕様書に定められた社内基準

2.KPIの設定

これらの文書を吸収したら、パフォーマンス、セキュリティ、ユーザビリティ、機能性などを測定するKPIや測定基準を設定することができる。

3.しっかりとしたテストケースを書く

KPIを念頭に置いて、テストケースを作成し、ソフトウェアが社内外の基準を満たしていることを検証する。

4.テストの実行

次に、テストケースを実行し、データを収集する。 すべてを記録し、失敗と成功を強調する。

5.結果を分析する

テストの結果を分析し、不具合を改善するためのスケジュールを立てる。

 

#フェーズ2:既存のソフトウェア製品との比較

業界標準やベンチマークは素晴らしい比較対象ですが、ライバル企業や以前のバージョンのソフトウェアと比較することも重要です。

このアプローチの使い方を紹介しよう。

1.要件の定義

何かを比較し始める前に、何を顕微鏡の下に置くべきかを定義する必要がある。 ここで概略を述べておく:

  • ターゲットが求める機能や特徴を理解する
  • 製品が解決しようとする痛点を明確に考える
  • 製品のマーケティングに役立ち、ビジネス目標に合致する機能の優先順位を決める。

2.競合他社の概要

次に、どの競合他社と比較したいのかを理解する必要がある。 市場を調査し、同様のソリューションを持つ競合他社を見つける。 あなたのソフトウェアを比較するライバルの候補を書き出す。

3.比較マトリックスの作成

比較したい特徴や機能をリストアップし、比較マトリックスで視覚的に表現する。 各製品の特徴を比較評価する。

4.商品リサーチ

候補となったライバル商品について、できるだけ多くの情報を集める。 業界や顧客のレビューや関連文書を見たり、可能であればウェブサイトにアクセスしてデモをダウンロードしたりする。

5.直接対決

リサーチを重ね、製品を真っ向から比較する。 それぞれの性能とともに、特徴の有無にも注目したい。 長所と短所を強調し、あなたやライバルが優位に立っている分野を記す。

6.調査結果を報告する

最後に、投資家、利害関係者、意思決定者などに調査結果を発表し、比較テストが開発の方向性を変えるべきかどうかを確認する必要がある。

 

比較試験で比較されるもの

ベータテストとは何か、種類、プロセス、アプローチ、ツール、アルファテストとの比較、その他!

どのような特徴、機能、性能指標も比較テストの対象となりうる。 ここでは、比較テストで最もよく検査されるものをいくつか紹介しよう。 繰り返しになるが、このリストはすべてを網羅しているわけではなく、この検査法でどのような分野を比較対照できるかを知ってもらうためのものである。

1.操作性

操作性とは、ソフトウェアが実行中にどれだけうまく機能するかを示す尺度である。 導入が簡単で、メンテナンスがしやすく、故障が少ないことが、操作性の高いソフトウェアの証である。

テスト可能な要素:

  • システム管理の容易さ
  • バックアップとリカバリーの手順
  • コンフィギュレーション管理
  • 災害復旧計画

操作性のテスト方法

操作性のテストは以下の方法で行うことができる:

  • 両システムで実際の管理者テストを行う
  • セットアップの複雑さの比較
  • システムの回復時間を測定する
  • ハードウェア障害のシミュレーション
  • ログファイルの分析

 

2.デザイン

デザインとは、ソフトウェアの全体的な視覚的・触覚的要素を指す。 それは、見た目や操作感、そしてユーザーがどれだけ簡単にインターフェイスを操作し、アプリケーション内で目標を達成できるかということだ。

テスト可能な要素:

  • ユーザーインターフェース(UI)
  • 情報アーキテクチャ
  • アクセシビリティ
  • 美学
  • レイアウトの効率性
  • 一貫性

使いやすさのテスト方法:

異なるソフトウェアの全体的なデザインを.NET Frameworkで比較することができます:

  • ターゲットユーザーを対象としたユーザーテストの実施
  • UI要素の相互検証
  • ナビゲーション・フローのマッピング

 

3.使いやすさ

使いやすさは、ユーザーや利害関係者がアプリケーション内で主要なタスクを実行するのがどれだけ簡単かを探ります。

テスト可能な要素:

  • ワークフローの効率化
  • 学習曲線
  • 特集採用
  • エラー処理
  • ヘルプ
  • ユーザーオンボーディング
  • キーボードショートカット

使いやすさのテスト方法:

使いやすさは主観的なものであり、ユーザーによって異なることもあるが、比較テストを行うには、次のような確かな方法がある:

  • 初めて両システムを操作するユーザーを観察する
  • ユーザビリティ・セッションの実施
  • ユーザーからのフィードバックを求め、分析する
  • 特定のタスクを実行するのにかかった時間とステップ数を記録する

 

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

4.処理速度

処理速度テストは、ソフトウェアが入力や命令を処理する速さを見る。 理想的なのは、ソフトウェアが可能な限り迅速に動作し、情報処理時にスローダウン、フリーズ、クラッシュ、その他の不利な結果を示さないことである。

テスト可能な要素:

  • 主要タスクのテスト応答時間
  • 負荷テスト
  • ストレステスト
  • データ処理速度
  • CPU、メモリ、ネットワーク、および一般的なリソースの使用率をテストします。

処理速度のテスト方法

処理速度のテストには以下が含まれる:

  • 特定の業務を測定するためにベンチマークツールを使用する
  • ユーザー・インタラクションのシミュレーション
  • 同じタスクの実行中に消費されるリソースを比較する

 

5.運転時間

動作時間とは、システムの起動、シャットダウン、リソースの効率的な使用などのタスクを実行する能力を指す。

テスト可能な要素:

  • 打ち上げの時期
  • シャットダウンまでの時間
  • 一般的なアプリケーションの応答性
  • タスク完了までの時間
  • アイドル時のリソース消費

動作時間のテスト方法:

運転時間は以下の方法で計測できる:

  • 起動時間とシャットダウン時間
  • ユーザーのアクションに対する応答時間を記録し、他のツールと比較する。
  • 応答性の記録と比較
  • アイドル時のリソース利用を監視する

 

6.データベースシステムのパフォーマンス

データベース・システムのパフォーマンスを比較することで、2つのソフトウェアがどのようにデータを保存・転送し、どのような状況下で機能するかについて、多くのことを知ることができる。

テスト可能な要素:

  • データベースクエリのパフォーマンス
  • データの完全性
  • スキーマの複雑さ
  • フォールト・トレランス
  • スケーラビリティ
  • バックアップ/リカバリーのメカニズム。

データベースシステムのパフォーマンスを比較する方法

データベースのパフォーマンスを比較するために使用できるテクニックには、以下のようなものがあります:

  • 類似のデータセットでベンチマーククエリを実行する
  • データ損失やデータベース破損などのシナリオをシミュレートします。
  • スキーマ構造の分析と比較
  • ストレージ要件を比較する
  • 回復時間の測定

 

7.システムアーキテクチャ

システム・アーキテクチャの比較には、各システムがどのように構成されているかを調べることが含まれ、さまざまなコンポーネント、それらの関係、設計方法、そしてそれらがどのような環境で動作しているかを見ることになる。

テスト可能な要素:

  • コンポーネントの依存関係
  • スケーラビリティ
  • メンテナンスの容易さ
  • システムのモジュール性
  • セキュリティ設計の原則
  • 障害隔離

システム・アーキテクチャの比較方法

システム・アーキテクチャーの比較は、以下のような方法で可能である:

  • 関連するシステム文書の分析
  • それぞれのコード構造を見直す
  • セキュリティの脆弱性を評価する
  • 部品故障のシミュレーション

 

8.設置方法

クラウドベースのSaaSツールによってインストールが不要になったシナリオもあるが、モバイルアプリやその他のソフトウェアは依然としてインストールが必要だ。 実質的には、デバイスへのソフトウェアのインストールの容易さ、スピード、複雑さなどを測定したい。

テスト可能な要素:

  • インストールの容易さ
  • プラットフォーム、デバイス、ブラウザなどの互換性。
  • エラー処理
  • 依存関係の管理
  • システム構成オプション

インストールを比較する方法:

  • 異なるプラットフォーム、デバイス、ブラウザでソフトウェアを実行する
  • インストレーション・ガイドの比較対照
  • それぞれの設置時間を測定する
  • 設定エラーを探す
  • インストールされた機能を確認する

 

9.互換性

互換性テストでは、ソフトウェアが異なるプラットフォーム、デバイス、ブラウザ、ネットワークでどのように動作し、相互作用するかを調べます。

テスト可能な要素:

  • オペレーティングシステム
  • ブラウザ
  • ハードウェア
  • 周辺機器
  • ソフトウェア統合ポイント(ミドルウェア、API、ウェブフック、HTMLコールバック)

互換性の比較方法

  • 異なるOSやブラウザでソフトウェアを実行する
  • 各種ハードウェア機器の接続
  • 非互換性の問題をチェックする
  • 関連ソフトウェアとの統合テスト

 

10.対応ハードウェア

サポートされているハードウェアに対するソフトウェア・パフォーマンスのチェックと比較は、関係者やユーザーが持っているハードウェア・デバイスが多岐にわたるため、不可欠です。

テスト可能な要素:

  • 最小ハードウェア要件
  • 推奨ハードウェア仕様
  • ハードウェア・サポートがソフトウェアのパフォーマンスに与える影響

対応ハードウェアの比較方法

対応ハードウェアのテストには、以下のようなものがある:

  • 異なるハードウェア構成のソフトウェアを実行する
  • それぞれのパフォーマンスを測定する
  • ソフトウェアをスムーズに実行するために最低限必要なハードウェアの仕様を確認する。

 

ソフトウェア・テストにおける比較テストの使用例

比較テストにはさまざまな形態がある。 また、個々のニーズに応じて、さまざまな機能を備えている。 比較テストを採用する5つの異なるシナリオを探ってみましょう。

さまざまなソフトウェアとQA手法

#1. 競合製品との比較

この典型的なソフトウェア比較のユースケースは、競合他社の製品との比較に役立ちます。

目標

ここでの目標は以下の通りだ:

  • 製品の強みと弱みを理解する
  • 製品を差別化し、未開拓のニーズに応える方法を見つける
  • ベースラインを確立し、どの改善に優先順位をつけるべきかを決定するために情報を使用する。

方法

  • 機能の比較
  • それぞれのUI/UXの評価
  • 速度、メモリ使用量、リソース使用量などのパフォーマンス測定
  • セキュリティの脆弱性を探る

 

#2. ソフトウェアの新旧バージョンの比較

比較テストは、アップグレードや改良、修正がソフトウェアにどのような影響を与えたかを理解するのにも最適な方法です。

目標

  • 新機能が意図したとおりに動作することを確認する
  • バグや欠陥が修正されているかチェックする
  • 改善がパフォーマンスに影響を与えたかどうかを判断する

 

方法

  • 主要なタスクに注目し、パフォーマンス時間を測定する
  • メモリ使用量のチェック
  • ソフトウェアに入力を与え、出力が正確かどうかをチェックする。
  • UXと新機能に関するユーザーテストの結果を観察する。

 

#3. 異なる設計アプローチや実装を比較する

比較テストは、より詳細なレベルで実施することもできる。 また、このテクニックを使って、個々のフィーチャー・アプローチを比較し、どれがベストかを確認することもできる。

目標

さまざまな機能を評価し、意思決定に客観的でデータ主導のアプローチをもたらす。

方法

  • 異なるUIデザインを比較し、A/Bテストを行って、どちらが優れたエンゲージメントにつながるかを確認する。
  • 異なるアーキテクチャやアルゴリズムを比較し、スピードとパフォーマンスの質をテストする。
  • パフォーマンスとセキュリティのためにデータベース構造を比較する。

 

#4. 異なるプラットフォームやデバイス間でパフォーマンスを比較

比較テストは、ソフトウェアが異なるプラットフォームやデバイス上でどのように動作するかを対象とすることもできます。

目標

ソフトウェアが実行される可能性のある環境は非常に多いため、互換性と一貫したパフォーマンスの両方を確保する必要があります。

方法

  • 異なるブラウザでウェブアプリケーションをテストする
  • 異なるオペレーティング・システム間でのソフトウェアの動作確認
  • さまざまなハードウェア構成と、それらがソフトウェアのパフォーマンスとユーザビリティにどのような影響を与えるかを探る。

 

#5. 異なるデータセットを使って結果を比較する

複雑なソフトウェアは、多種多様なデータを受け入れなければならない。 比較テストは、アプリケーションがデータや入力をどの程度うまく処理できるかを評価することができます。

目標

入力やエッジケースを処理する際に、ソフトウェアの安定性と安全性を確保する。

方法

  • 新しい入力で検索機能をテストする
  • 意図的に無効な入力をソフトウェアに送り、適切なエラーメッセージが表示されるか確認する。
  • 様々な入力によるデータ処理をチェックする。

 

比較テストツール

ZAPTEST RPA + テスト自動化スイート

お分かりのように、比較テストにはさまざまなソフトウェア技術やアプローチが含まれます。 ソフトウェアテストのほぼすべての領域が呼び出され、競合ツールや以前のバージョンとアプリケーションのパフォーマンスを比較することができます。

そのため、この仕事に最適な比較テストツールは、汎用性が高く、高度にカスタマイズ可能で、幅広いテストオプションを備えていなければなりません。 ZAPTESTは、クロスプラットフォームのテスト機能、ビジュアルなテスト機能、そして大量のテストを自動化できる優れたRPAツールを備えているため、完璧なソリューションです。

ZAPTESTにより、ユーザーはテストケースを簡単に作成し、複数の環境やデバイスでテストを並行して実行し、AIを活用したインサイトを生成し、テストを報告し文書化することができる。 さらに、ツールの強力なRPA機能により、データ準備の自動化、レポーティングの合理化、継続的なテストが可能になる。

ZAPTESTのソフトウェアテスト自動化+RPAソフトウェアを今すぐダウンロード!

 

最終的な感想

比較テストは、ライバルツールや以前のバージョンと比較してソフトウェアを測定するのに役立つテスト手法です。 自社のソリューションの機能やパフォーマンスが競合ツールと比較してどのように優れているかを理解し、市場でのポジションを把握するための優れた方法です。 他の種類のテストに取って代わるものではないが、テストへの包括的なアプローチの重要な一部を形成する。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post