fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

ソフトウェア開発者である私たちの仕事の中で、最も重要なものの1つがテストです。 完璧な製品を出荷するために、テスターがコードの一行一行を検証する、何十種類ものテスト形式が使われています。

エンドツーエンドテストは、ユーザーの視点からプログラムを評価し、誰かの作品体験を台無しにする可能性のあるエラーを探す、コードの一部に対する究極のテストです。

エンドツーエンド・テストとは何か、この種のテストの利点は何か、職場でテスト・プロセスを完了するための理想的なツールは何かについて、詳しく説明します。

 

目次

End-to-Endテストとは何ですか?

 

End-to-Endテストは、ソフトウェア開発プロセスにおいて、アプリケーションを製品として使用する際に、その機能や性能レベルをテストするために使用します。

エンドツーエンドテスト(E2E)の目的は、製品が実際の環境で使用されたときにどのような性能を発揮するかを知ることです。

この形式のテストは、ユーザーとコードのやりとりの始まりから終わりまで、コードを検査することに重点を置いており、そのため「エンドツーエンド」という言葉があります。

ソフトウェアを検証し、作品に問題が生じる可能性のある場所や理由を発見するための、非常に包括的な方法なのです。

 

1.いつ、なぜEnd-to-Endテストを行うのか

 

E2Eテストを完了するのに最適な時期は、開発プロセスの終盤です。 これは、お客様が使用する機能のほとんどがソフトウェアに備わっているためで、つまり、エンドツーエンドテストは、ユーザーが体験するプログラムの必要な部分をすべてカバーすることになります。

それ以前にテストを完了すると、プログラムやソフトウェアの不完全なバージョンであることを示す問題が発生する可能性があります。

組織がE2Eテストを実施する理由は明白で、主に機能性にまつわるものです。 このテストプロセスを経ることは、その時点までのプロジェクトの問題点を理解し、製品を一般に公開する前に解決することができるということです。

 

2.エンドツーエンドテストを行う必要がない場合

 

ユニットテストの方が効果的な場合など、エンドツーエンドのテストが必要ない場合も少なくありません。

ユニットテストは、個々の関数やプログラム内の異なる2つの関数間の孤立した接続など、コードの一部を構成する特定の単位を検査します。 ユニットテストは高速化できますが、ユーザー体験を完全にシミュレートできないという欠点があります。

1つの機能しかないWebアプリケーションのように、ユニット数が比較的少ない場合にユニットテストを検討する。

大規模なアプリケーションでは、すべてのユニットを包括的にテストするために、飛躍的に大きなチームが必要になります。

このような場合、エンドツーエンドのテストに戻す方がはるかに簡単なプロセスです。

 

3.E2Eテストには誰が関わっているのですか?

 

これは、組織の性質に完全に依存します。 企業によっては、特定のテストチームがあり、開発者自身がテスト工程を完結しているところもあるようです。

大規模な組織では、E2Eテストの結果にバイアスがかからないように、テストと開発のチームがそれぞれ独立することが多い。

可能であれば、特定の機能を開発しなかった人にテストしてもらう。 これにより、可能な限り固有のバイアスを取り除き、エンド・トゥ・エンドのテストを可能な限り正確に保つことができるのです。

初めてアプリを開発するような小規模な独立系デベロッパーや、予算に制約のあるデベロッパーは、自分たちでE2Eテストを完了します。

このような場合は、自動テストの活用に注力しましょう。 自動化されたシステムは、バイアスを排除し、結果を出す際にミスをしないようにします。

可能であれば、複数人でテストを行い、それを繰り返すことが理想的であり、自動と手動の両方の結果において、より確実な層を提供することができます。

最後に、ZAPTESTのようなEnd-to-End自動化ツールは、ソフトウェア+サービスモデルを提供しています。つまり、ZAP認定エキスパートがクライアントのチームと一緒に、またその一部として、End to Endを含む様々な自動テストによって生み出されるROIをサポートし最大化するために働くということです。

 

End-to-Endテストのメリット

 

エンドツーエンド・テストには、開発チームにとっていくつかの利点がありますが、それはテストするソフトウェアの種類によって異なります。

組織でE2Eテストを使用する主な利点には、以下のようなものがあります:

 

1.欠点を検出する

 

エンドツーエンドテストは、ソフトウェアのバグやその他の欠陥を発見するのに適しています。

テストの過程で、問題やエラーメッセージが表示されたら、それがどこの問題なのか、メモしておきましょう。 これにより、バグフィックスのプロセスがはるかに迅速かつ容易になります。

例えば、アプリケーションの機能が完了しない、アプリケーションが完全にクラッシュする、UIの機能が正しくロードされずプログラムの外観に影響を与える、などの問題があります。

 

2.ユーザーの視点を理解する

 

開発者が抱える問題のひとつに、ユーザーが自分の作品に対して持つ視点への無理解があります。 結局のところ、開発者は主に作品のバックエンドを見ていて、ユーザーがどのようにインタラクションするかは理解していない。

このプロセスは、そのギャップを埋め、UI問題などの問題を開発者の注意を喚起します。

このような場合、アプリケーションの完全なビルドをコンパイルして、最初にアプリケーションを開くところから、利用可能なすべての機能を使用するまでの完全なユーザー体験を得ることができます。

このような場合、非開発者のテスターは、アプリケーションが「どう動くべきか」に焦点を当て、専ら外部の視点を見ることで甘さを抑えることができるので、有効です。

 

3.開発者の信頼度を高める

 

何度もテストを繰り返しても、開発者は自分の作品に自信を持てないことがあります。

エンドツーエンドテストを実施することで、ユーザーの体験がポジティブなものであること、製品をリリースするための基盤が整っていることを実証します。

問題が発生した場合でも、その問題がどこにあるのかを知ることは、戦略を立てたり、アプリケーションの他の領域や機能に自信を持ったりするのに有益です。

 

エンド・ツー・エンド・テストの課題

 

ソフトウェア開発においてEnd-to-Endテストを利用する場合、以下のような課題があります:

 

1.実行速度が遅い

エンドツーエンドテストを完了させるということは、バックエンドを使うのではなく、行動を促すためにUIと対話することであり、アプリの操作や使用に時間がかかることがあります。

これは、エンド・トゥ・エンドのテスト自動化を使用することで部分的に改善されます。

 

2.複雑なテスト環境

エンド・ツー・エンドのテストは、お客様がソフトウェアと接する方法を正確に再現することに重点を置いて設計されているため、より正確なテスト環境の構築は、小規模なテストを完了するよりも困難です。

 

3.デバッグが困難

エンドツーエンドのテストでは、デバッグのプロセスがより複雑になります。

特に特定のエラーメッセージが統合されていない場合、開発者はこれらのケースをさらに調査して問題を解決する必要があります。

 

エンド・ツー・エンド・テストの特徴

 

あるテストがエンドツーエンドの性質を持つかどうかを確認する際、いくつかの主要なテストがあります。

このタイプのテストを特徴づけるものとして、以下のようなものがあります:

 

1.スタートからゴールまでの評価

エンド・ツー・エンドのテストは、ユーザーが最初に作品に触れたときから最後に触れたときまで、ユーザーが触れるソフトウェアのあらゆる面を評価するものです。

このため、E2Eはソフトウェア開発において最も包括的なテスト形式の1つとなっています。

 

2.実世界のシナリオ

E2Eテストは実世界でのシミュレーションを重視しており、これらのテストはすべて、ユーザーが利用可能な情報を利用する方法を正確に描写する実世界のシナリオを作成することを目的としています。

これには、テストケースのための正確な環境とユーザーを構築することが必要です。

 

3.明確な成果

E2Eテストの結果は明確でシンプルであり、開発者は自分たちのソフトウェアが成功したかどうか、あるいはユーザー・ジャーニーのどの時点でも失敗があったかどうかを知ることができます。

特に手動テストの場合は、テスターが問題点を報告することができるため、このようなケースもあります。

 

E2Eテストにおけるアクティビティの種類

 

E2Eテストのプロセスを進める上で、開発者とテスターが行う活動にはいくつかの種類があります。

などが挙げられます。

 

ユーザー機能

 

ユーザー機能は、E2Eテストに取り組む上で、最初に注目すべき点の一つです。

 

1.ユーザー機能とは何ですか?

ユーザー機能とは、ソフトウェアの中に存在するすべての機能と相互接続されたシステムのリストです。

これは、プログラムでより高いレベルの機能を提供するために、ユーザーが接するすべてのものを含みます。

ユーザー機能がなければ、何もしないUIを作るコードがあるだけなので、プログラムは必要ない。

 

2.事例紹介

アプリケーションのメニューは、ユーザーが自分の仕事の水準を高めるために活用するものであり、ユーザー機能のひとつであると考えられます。

さらに、ユーザーにより多くの情報を提供し、選択した番組へのアクセスを許可または拒否するような、バックエンドのアルゴリズムも含まれる例です。

 

3.ユーザー機能の構築

すべての機能と相互接続されたシステムをリストアップし、システム内で発生する相互作用を追跡してメモする。

これには、入力されるあらゆるデータと、プログラムから現れるアウトプットが含まれます。

プログラムの機能やデータを総合的に理解することで、テストはよりシンプルでわかりやすくなります。

 

条件

 

条件とは、End-to-Endテストの中で設定されるパラメータのことで、テストの実施方法とテスターによる結果の判定方法を定義します。

 

1.コンディションとは何か?

条件とは、テストを定義する一連のパラメーターを指します。 これらは、データまたは出力が有効かどうかを確立するTRUE/FALSEパラメータと、データパラメータの2つの形式があります。

この条件を使うことで、テストの状態が決まり、実際のユーザーに対して正確な環境かどうかが決まります。

 

2.エンドツーエンドテストにおける条件例

TRUE/FALSEの例としては、Webアプリケーションにアクセスする際にユーザーが使用しているブラウザが挙げられ、TRUE/FALSEでユーザーがデスクトップ版であるかどうかを定義します。

データ条件の例としては、ユーザーが特定のアクションを完了するまでにかかる時間や、ユーザーが接続しているIPアドレスが挙げられます。

 

3.建築条件

ユーザーの位置、テストが行われる時間、その他テストの精度に寄与するいくつかのデータ条件など、テストに最適な条件を決定します。

必要に応じて、「ユーザープロファイル」を使用し、データに一貫性と正確性を持たせる。 テストの条件が現実的であればあるほど、その結果はより正確なものになります。

 

End-to-Endテストのためのテストケース

 

テストケースは、開発者の期待通りに動作するかどうかを調べるために、ユーザーがシステム上で実行する一連の動作です。

一連のテストケースを完成させることは、開発者が自分の作品の品質に自信を持ち、製品が期待通りに動作することを確認することを意味します。

 

1.エンドツーエンドテストのテストケースとは何ですか?

エンドツーエンドテストのテストケースは、テスターが、ある人がプログラムに接する最初の段階から終わりまで実行するものです。

このように徹底したテストケースを設計し、ソフトウェアの反復ごとにそれを実行することで、開発者はソフトウェアの反復ごとに機能性を保証することができるのです。

テストケースをバージョンごとに統一しておくことで、作業の質やテスト結果の変化を確認することができます。

 

2.E2Eテストケースはどのように設計するのか?

 

E2Eテストケースを設計するプロセスにはいくつかのステップがあり、それぞれがテスト全体を通してより良い結果を導くことになります。

これらの手順は以下の通りです:

 

自分の目標を知る

まずは、個々のテストケースの目標を理解することから始めましょう。

最初のテストでは、基本的な機能を確認し、アプリケーションが動作することを確認し、プロセスの後半でさらにE2Eテストを行い、パフォーマンスレベルや応答性を検証します。

これは、テストの対象となるデモグラフィック情報を含む具体的な条件を理解し、これが平均的なユーザーに合っているかどうかを確認することです。

最初から目標を決めておくことで、より集中力が増し、プロセスが明確になります。

 

シンプルさにこだわる

比較的シンプルな土台からスタートします。

一番最初のテストで、作品の複雑な条件や要件を次々と挙げてしまうと、テストに合格することがますます難しくなり、作品に複雑な要素を加えてしまうことになります。

ごく基本的な条件や目標で初期テストを行い、その後、必要な時に必要な内容を追加していく。

テストはより複雑になりますが、拡張する前に非常に基本的なことを完了します。

 

徹底すること

E2Eのテストは、できる限り徹底して行うよう努力する。

これは、すべてのテストを完全に完了し、プロセスから得られたすべてのデータをメモすることを意味します。

そうすることで、コードを変更するたびに、その影響を検出することができるのです。

特に、プログラムの後工程で最適化する場合や、特定の作業を完了するまでの時間を計測する場合などに有効です。

 

3.E2Eテストケースの例

 

E2Eテストを通じて、企業がソフトウェアの品質を確立する際に使用するテストケースの例として、以下のようなものがあります:

 

機能テスト

機能テストでは、ソフトウェア内の特定の機能が期待通りに動作するかどうかを確認します。

これは、E2Eテストの最も初期の段階の一つで、後の反復でソフトウェアの性能を向上させようとする前に、コードが基本的なレベルで動作するかどうかを確立するものである。

 

応答速度

ソフトウェアがユーザーに対して素早く反応し、タイムリーにタスクを完了させることができるかどうかを確立する。

E2Eテストの中には、システムが有効な結果を迅速に返すことを重視し、ユーザーのプロセスを通過するのにかかる時間を測定し、以前の反復と比較するものもあり、ユーザーにとってより短い実行時間が理想的です。

このプロセスでは、有効で正確な結果を維持することが重要です。

 

データベースの応答

ユーザーに対して、データベースから一連の応答を返すように設計されているシステムもある。

これらのアプリケーションをテストする場合、アプリケーションが応答する期間を決め、同じテストケースの以前の繰り返しと比較して、データベースから得られる応答数を測定します。

 

2種類のEnd-to-Endテスト&メソッド

 

他のテスト形態と同様に、開発者が使用するエンドツーエンドテストにも様々な種類があり、目的に応じてそれぞれ異なる利点があります。

エンドツーエンドテストには水平テストと垂直テストがあり、テストの規模や開発者がその過程で用いる手法に大きな違いがある。

などが挙げられます。

 

1.水平方向のテスト

 

水平テストは、複数のアプリケーションを同時に起動し、すべてのアプリケーションを最初から最後まで動作させ、ユーザーフローを検証するものです。 そうすることで、一連の異なるユースケースにおいて、すべてのプロセスが適切に動作し、異なる形式のデータがアプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与えないようにすることができるのです。

水平方向のe-to-eテストの主な利点は、同じバージョンのアプリケーションを使用するさまざまなユーザーに対してシステムが正しく動作することを確認できることです。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

水平テストを完了するには、エンドツーエンドテストを開始する前に、すべてのケースに対して環境を設定することに重点を置きます。

すべてのアプリケーションが同時に機能する必要があるため、アプリケーションの開発工程が完了していない企業にとっては、これもまた不向きなのです。

このようなe-to-eテストは、ユーザーの視点に立ち、基本的な機能に加えて、ユーザーが期待する性能のレベルを確保するために、徹底的に行います。

 

2.垂直方向のテスト

 

垂直エンドツーエンドテストは、アプリケーション全体の動作に焦点を当てるのではなく、レイヤーごとにアプリケーションに焦点を当てます。

これは、アプリケーションの個々の側面を繰り返しテストすることで、水平テストのようにアプリケーションを横断するのではなく、1つのシステム内でテストする、より細かいプロセスを含みます。

縦型e-to-eテストの主なメリットは、システムの仕組みについて、より詳細できめ細かい視点を得ることができることです。 単にアプリケーションのどこかに問題があるという認識ではなく、システムの具体的なレベルごとに何が問題なのかを確認し、テストプロセスの後に解決するよう努力するのです。

しかし、これは水平方向のテストの作業と比較すると、適切に完了するまでに時間がかかることがあります。

 

エンドツーエンドテストとシステムテスト、UATテストと機能テストの違いを理解する

 

組織がソフトウェアを評価し、問題を解決する方法について議論するとき、エンドツーエンド・テストと混同されるいくつかの異なるタイプのテストがある。

さまざまな組織やソフトウェアには固有のニーズがあるため、適切な方法でテストに対応することが必要です。

以下に、さまざまなテストの形式について、定義や例、適用する場合などを紹介しますので、ご覧ください。

 

1.システムテストとは何か? (定義、例、適用時)

 

システムテストは、ソフトウェアテストの一種で、ソフトウェア製品をシステム全体の文脈で検証することを目的としたものです。

しかし、システムテストでは、さらに踏み込んで、その製品がシステム上の他のハードウェアやファームウェアとどのようにインターフェースしているかを確認します。

例えば、システムテストでは、あるプログラムがあるシステム上で動くかどうか、その際に使用するリソースを調べます。

製品開発サイクルの後半、最終製品のリリース直前にシステムテストを実施する。

ソフトウェアエンジニアは、このようなエンド・トゥ・エンドのテストを行うことで、プログラムがさまざまな機械で確実に動作することを確認し、その結果を最適化プロセスに利用することで、プログラムを以前よりさらに効率的に動作させることができます。

 

2.UATテストとは? (定義、例、適用時)

 

UATテストとは、User Acceptance Testingの略で、開発チームの誰かが行うのではなく、想定される対象者の一人が行うテストのことです。

エンドユーザーは、リリース前にソフトウェアに十分に触れることができるので、開発者はユーザーが発見した問題を解決するための時間を持つことができます。

最も一般的な例としては、発売前のゲームの無料ベータテストで、開発者が特定のユーザーを選んでフィードバックすることが挙げられます。

このプロセスを、開発プロセスの一番最後に適用する。 社外の人に見せる最初のバージョンですから、できるだけ多くの機能と磨きをかけておくことが必要です。

UATテストが行われた後、企業が完了を目指すべきは、UATプロセスで発生したバグの修正と、ユーザーから受け取ったフィードバックへの対応だけです。

 

3.機能テストとは? (定義、例、適用時)

機能テストは、ソフトウェアテストの一形態で、プログラムがプロジェクトの設計概要の一部であったすべての基本的な機能を完了していることを確認するために行われるものです。

これは、テストのために適切な入力を行い、出力と比較することで、システムのコア機能が整っていることを示すものです。

例えば、チェスエンジンなどのゲームのプレイルールを作成し、基本的なルールを理解し、プレイ時に適切な行動をとるようにすることが挙げられます。

このテストは、開発プロセスの途中で、プログラムの基本的な機能がすべて揃ったと思われるときに行います。

これは、アプリケーションのコア機能が機能していることを示すもので、バックエンドのコードを調整することなく、UIやその他の美的機能のみを解決すべきものとして、パフォーマンスのベースラインレベルを十分に確保することができるのです。

 

4.End-to-Endテストとシステムテストの違いは何ですか?

 

エンド・ツー・エンドのテストが単にソフトウェアの一部とその効果的な動作の分析であるのに対し、システム・テストには、ソフトウェアが動作するハードウェアと、それと相互作用するオペレーティング・システムなどのファームウェアの一部に対する評価も含まれます。

 

5.End-to-EndテストとUATテストの違いは何ですか?

 

E2EテストとUATテストの大きな違いは、UATテストは外部のユーザーを介して行うことです。

これは、アプリケーションを見栄えのする状態にし、ユーザーに感動を与えることができると確信することです。

さらに、プロセスのどの段階でもE2Eテストを完了できるのに対し、UATテストは、ソフトウェアにわずかな編集を加えるだけで、製品をパッケージ化してユーザーに送ることができる実質的な準備が整ったときにのみ行われます。

 

6.End-to-Endテストと、Functionalテストの違いは何ですか?

 

E2Eテストと機能テストは、どちらも対象となるプログラムの機能をテストするものですが、いくつかの理由から、両者は異なるテスト形態であることに変わりはありません。

第一に、機能性テストは、プログラムが機能的であるかどうかだけを見るものであり、プログラムの美的な側面やインターフェイスの側面を検証するものではないということです。

また、機能テストは、ワークフローの各ポイントで有益となるのではなく、プロセスの比較的早い段階で行われます。

 

7.結論E2Eテスト vs システムテスト vs UATテスト vs 機能テスト

 

この3つのテストは、製品が動作することを確認するという点では似ていますが、重要な点で異なっています。

これらの用語を使い分けると、テストがうまくいかなかったり、品質保証のプロセスが混同されたりする問題が発生することがあります。

 

エンドツーエンドのテストは手動か自動化か?

 

開発者は、利用可能なリソースやスタッフに応じて、エンドツーエンドテストを完了するいくつかの方法を選択することができます。 これは、手動によるエンド・ツー・エンドのテストと、これらのテストを自動化することの変化を指しています。

手動と自動の両方のエンドツーエンド・テストの利点、課題、プロセスについてご覧ください:

 

1.手動によるEnd-to-Endテスト – メリット、課題、プロセス

 

手動エンドツーエンドテストとは、エンドツーエンドテストを自動化されたツールに任せるのではなく、自分自身でエンドツーエンドテストを行い、それぞれのテストに「手作業で」参加することです。

ソフトウェアのテスト経験があり、システムのエラーやバグの性質をメモする方法を理解しているため、企業は通常、マニュアルe-to-eプロセスを完了するために専門のテストチームを使用しています。

手作業によるエンド・ツー・エンドのテストプロセスの主な利点のひとつは、潜在的な問題をすべて自分で確認し、コンピュータでは見えないソフトウェアの欠陥を指摘できることです。

しかし、テストプロセスの自動化に比べて、このプロセスは比較的時間がかかることがあります。

このような場合、開発者のような人間がアプリケーションを操作してすべての機能を完成させ、利用可能なソフトウェアパッケージから何が有効で何が無効なのかを素早く学習します。

これは、エンド・トゥ・エンドのテスターが特定のテストセットを準備し、プロセスを通じて追跡することを目指すメトリクスを学習し、厳格な目標セットに従う計画プロセスに従います。

 

2.エンドツーエンドのテスト自動化 – メリット、課題、プロセス

 

テスト自動化とは、コンピュータプログラムを使ってテストを自動化し、E2Eテストを完了するプロセスを指します。 自動化のほとんどは、特定のコーディング言語やプログラムの種類に対応するように設計された、専門のエンドツーエンドテストツールで行われます。

このプロセスにはまだ人間の関与がありますが、最初のコーディングと最終的な分析の段階だけです。

自動化されたエンドツーエンドテストの主な利点の1つは、より多くの機能やUI要素がワークフローの一部となるため、大規模なアプリケーションやプログラムでは、より徹底した評価と分析が必要となることです。

自動化されたe-to-eテストは、このような小さなバリエーションを発見します。 しかし、自動テストの課題として、人間の目はコンピュータにはない違いに気づくため、エンドツーエンドの自動テストでは、人間のテスターにはないバグを見逃すことがあります。

エンド・ツー・エンドの自動テストを完了するには、テストケースを決定し、コードとして書き出し、ソフトウェアテストツールに統合してください。

この後、テストを実行して結果を受け取り、その情報をもとにアプリケーションの調整候補を知ることができます。

テストケースによって求めるものが異なるため、可能であれば、エンドツーエンドのテストケースをそれぞれ別々に完成させる。 独立して実行することで、テストが互いに干渉し合う可能性を減らすことができます。

 

3.結論手動か、エンドツーエンドのテスト自動化か?

 

手動テストと自動テストのどちらが理想的かについては、開発チームとしてのニーズによって決定されます。

小規模なプロジェクトであれば、チームの手作業で徹底的にテストし、コードに誤りがないか調べ、すぐにメモを取ることができます。

逆に、大規模なプロジェクトでは、手動でテストするには単純に大きすぎるため、ソフトウェアテストの自動化が多く必要になります。

プロジェクトの具体的なニーズについて考え、テストの規模について学んだことに沿って、e-to-eのテスト計画を適応させてください。

テストオートメーションは、ほとんどの場合、無料版とエンタープライズ版の両方が用意されているので、予算は必ずしも関係ありません。

 

エンドツーエンドテストを完了させるために必要なもの

 

マニュアル方式を重視するか、作業を自動化するかは別として、エンドツーエンド・テストを始める前に必要なものがいくつかあります。

などが挙げられます。

 

1.代表的なハードウェア

 

多くの開発者はハイエンドなハードウェアを入手し、最新のPCをソフトウェア開発のためのツールとして使用しています。 これは、厳しいテストやソフトウェアのさまざまな側面の機能をチェックするのに適していますが、エンドユーザーが選択するハードウェアを正確に表現するものではありません。

平均的なユーザーのプロファイルに適したハードウェアを取得することで、エンドツーエンドでテストしているプログラムに対するユーザーの問題点をより正確に把握することができるようになります。

例として、携帯電話を電話アプリに、産業用PCを製造用ソフトウェアに使用するのが理想的です。

 

2.テスト自動化ツール

 

テストオートメーションに取り組む場合、e-to-eテストの最初の段階からテストソフトウェアを利用できるようにします。

無料版と企業版のテストソフトには、それぞれ利点と欠点があるため、ソフト選びは慎重に行いましょう。 テストプラットフォームに適応する時間を短縮するために、使用するソフトウェアを研究し、いくつかの練習を完了します。

エンドツーエンドのソフトウェアパッケージの多くは、ZAPTESTのテストサポートのように、徹底したガイドや専門家を提供しており、専門家の中にはYouTubeなどの関連サイトでチュートリアルを作成し、より深い知見を提供している人もいます。

 

3.まとまりのあるプラン

 

エンド・トゥ・エンドのテスト工程に入る際に最も重要なものの1つが、首尾一貫したテスト計画です。

これは、テストしているソフトウェアのバージョン、ソフトウェアで行っている具体的なテスト、使用しているハードウェア、使用しているテストプラットフォームなどをメモした文書です。

ドキュメントが充実していればいるほど、e to eテストから得られる教訓は有益なものになります。

多くのソフトウェアを開発している組織では、テスト計画のテンプレートを作成し、すべてのテストに使用することで、より一貫性を持たせることができます。

 

4.ソフトウェアの完成

 

ソフトウェアのテストプロセスを経るには、エンドツーエンドのテストチームが利用できる完全なソフトウェアが必要です。

このような場合、最新のソフトウェアパッケージが不可欠です。最新バージョンであれば、最終的なリリースバージョンに対して、可能な限り代表的な結果を得ることができるからです。

ソフトウェアパッケージのリリースが近づけば近づくほど、チームはE2Eテストから有益な結果を得ることができます。

テスト直前に入手可能な最新のコードからコンパイルして、誤って古いバージョンで作業することがないようにします。

 

エンドツーエンドのオートメーションテストプロセス

 

自動化された手段でエンドツーエンドテストを完了する際には、以下のような詳細なプロセスがあります:

 

1.e-to-eのテストケースを検討する

 

エンドツーエンドテストで見ているテストケースを考えることから始めましょう。

例えば、初期テストにおけるテストケースは、機能が正しいことを確認し、ソフトウェアのすべての機能が動作し、正しいアウトプットを提供することをテストすることが含まれます。

後の工程で、プログラムの効率や動作速度などのテストケースを検討する。

テストケースは、開発段階や以前に完了したエンドツーエンドテストの量に応じて、プロジェクトのニーズとバランスを取る。

 

2.エンド・トゥ・エンドのテストケースをコーディングする

 

テストケースが決まったら、具体的なテストケースを使用しているテストソフトにコーディングします。

不正確にコーディングされたテストケースは、正しいテストが行われなかったり、プロセスの最後に間違った指標を調べる可能性があるため、エンドツーエンドのテストケースをコーディングする際には注意してください。

手動テストは、コンピュータの介入を必要とせず、テスターがプログラムの品質を評価するだけなので、これは専ら 自動化テストプロセスの一部である。

可能な限り、一度に1つのテストを実行し、結果を一定に保ち、干渉を受けないようにします。

 

3.E2Eテストを実行する

 

すべてのテストがテストソフトにコード化されたら、テストを実行します。

テストするアプリケーションの規模やテスト内容によって異なりますが、実行するテストの性質によって、数分から数分かかることもあります。

E2Eテスト自動化プログラムの大半は、プロセスの残り時間やプロセスの段階を知らせてくれる。

手動テストは、テスターがアプリケーションのすべての機能とプロセスを確認するため、より多くの時間と労力を必要とします。

 

4.結果から学ぶ

 

テストの終了時には、プログラマーとテスターがテストに関連する一連のメトリクスやその他の情報を受け取ることになります。

この情報は、改善が必要な分野や、より高い水準で機能させるために調整が必要な特定のプロセスなど、アプリケーションやプログラムについてより詳しく知るために使用します。

テストメトリクスは、組織が受け取るデータの中で最も価値のあるものの1つであり、これらを適切に使用することで、最終製品の品質を大幅に向上させることができます。 過去のテストデータを長期保存し、バージョンごとの比較をより徹底して行う。

 

エンドツーエンドテストのベストプラクティス

 

どのような業界やコンピテンシーにおいても、ベストプラクティスに従うことが、より良い結果を得るための第一歩となります。

ソフトウェア開発プロセスにおけるエンドツーエンドテストのベストプラクティスとして、以下のようなものがあります:

 

1.テストカバレッジを定義する

 

E2Eソフトウェアのテストを完了する際には、テストのカバレッジを適切に定義してください。

これには、アプリケーションのどの部分をテストするのか、テストで調べる具体的な指標も含まれます。

この情報をプロセスの最初の段階で明確に定義することで、プロセス全体を通して何を求めているのかがわかり、結果を容易に解釈することができるのです。 他のアプリケーションやテストからの情報など、”データノイズ “を排除しています。

 

2.効率的なテストに注力する

 

テストプログラムでリソースを使い切れば使い切るほど、アプリケーション自体から多くのものを奪ってしまうことになるため、効率化はテストの基本中の基本です。

その対策として、非常にシンプルで効率的なテストを設定することに注力します。

それぞれのテストが明確で比較的小さなパラメータを扱うものであれば、リソースの消費も少なく、結果も可能な限り正確であるため、プロジェクトの終了時にはより有用なデータを提供することができます。

 

3.シンプルな通知セットを作成する

 

通知セットは、テスターがテストに関する情報を受け取るために使用するツールです。

通知セットを作成する際は、わかりやすさとシンプルさを重視します。 エラーコードを簡単に理解し、例えば問題の内容やシステムのどこに問題があるのかを記載したものを作成すれば、タイムリーに問題を発見し、できるだけ早くプログラムを修正する方法で対応する可能性が高まります。

 

End-to-Endテストからのアウトプットの種類

 

エンドツーエンドテストを完了する際、いくつかの異なるタイプの出力を確認する必要があり、それぞれがユニークなインサイトを提供します。

このようなアウトプットの種類を探すには、以下のようなものがあります:

 

1.データ

これは、エンド・トゥ・エンドのテストによるアウトプットが、単純なデータ指標である場合に発生します。

データとは、あるプロセスが正確な出力や計算結果、あるいはデータベースから拾った画像などを返すのにかかる時間のことです。

 

2.TRUE/FALSE

E2Eテストの中には、プロセスの終了時に、一連のパラメータや条件が真か偽かを示す、TRUEまたはFALSEの出力で返すものがあります。

これは安全システムにとって有用であり、安全条件に対してFALSEを返すと、アラームが作動するきっかけになることがあるからです。

 

3.フェールステート

アウトプットの有用なタイプの1つは、フェイル状態の考え方で、アプリケーション内のプロセスが期待通りに動いたかどうかということです。

このような場合、プログラムを実行すると、処理が完了したかどうかが表示され、失敗した場合は特定のエラーメッセージやコードがポップアップ表示されるようになっています。

 

エンド・ツー・エンド・テストの例

 

エンドツーエンドテストを理解するには、成功した例と失敗した例の両方を考慮することで、はるかに簡単になります。

開発工程におけるエンドツーエンドテストの事例をご紹介します:

 

1.手動によるエンドツーエンドテスト

ある会社は、フリーランスの収入に対する税金を計算するための簡単なウェブツールを作り、製品開発の後期に入っています。

開発チームは手動でE2Eテストを行い、プログラムが正しい値で応答するか、UIのすべての機能が開発者の期待通りに動作するかをチェックします。

計算の小さなミスを発見し、次のテストを終える前にプログラムを更新することで対応する。

 

2.自動エンドツーエンドテスト

財務計算を行う大規模なWebアプリケーションの開発者が、事前にE2Eテストプロセスを経て、製品をリリースしようとしています。

チームはテストを自動テストプラットフォームにコード化し、結果を受け取り、メトリクスを使用して機能性と効率性を確認します。

プログラムの効果が出てくると、テスターはUATテストに先立ち、ソフトウェアの性能向上やリソース使用量の削減などに移行します。

 

3.低品質のエンドツーエンドテスト

ある企業が、自社のソフトウェアをできるだけ早く公開したいと考えています。

開発者は、事前にエンドツーエンドのテストを計画することなく、アプリに素早く目を通し、ごく簡単に機能を検証する。

発売後にお客様が目にするソフトウエアの問題点を、事業者は見逃しているのです。 風評被害は、この悪いテストの最大の影響の1つであり、同社も一部の購入者を返金しています。

 

End-to-Endテストによって検出されるエラーやバグの種類

 

エラーやバグの検出は、ソフトウェア開発においてあらゆるテストプロセスを経ることの主要な目的の1つであり、いくつかのバグや問題は、以下のように一般的です:

 

1.視覚的な不具合

 

視覚的な不具合は、プログラムの見た目が開発者の意図と異なる場合に発生します。

この場合、仮想環境にテクスチャが読み込まれない、画像が歪んで表示される、サイズが合わない、UIに文字が表示されないなどの問題があります。

視覚的な不具合があるソフトは、ソフトを一目見て判断する消費者に不快感を与えてしまう可能性があります。

 

2.機能の不具合

 

機能性とは、あるソフトウェアが期待される動作のことで、機能性の欠如とは、単にアプリケーションが期待される仕事を完了しないことを指します。

例えば、文字が正しく印刷されない、データベースから情報を収集できない、お客様や開発者の期待に反して動作が遅いなどです。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

 

3.エラー処理の不具合

 

エラー処理の問題とは、あるソフトウェアに問題があるにもかかわらず、その問題が何であるかを定義できない場合を指します。 ソフトウエアのエラーメッセージが長くなったり、複雑になったりする原因です。

エラー処理問題の主な問題は、ユーザーが問題の内容を判断できないため、問題を解決できないことです。

また、エラー処理は、効果的なバグ修正のハードルとなるため、開発者にとっては重要な問題である。

 

一般的なエンドツーエンドテストの評価指標

 

E2Eテストプロセスを完了する際、シンプルなメトリクスを用意することは必須であり、アプリケーションの異なるイテレーションを比較するための強力な基盤を提供します。

エンドツーエンドのテストメトリクスの例としては、以下のようなものがあります:

 

1.テスト実行時間

これは、自動化されたシステムがすべてのエンドツーエンドテストを完了するのにかかる時間です。 この時間が早いほど、ソフトの効率は上がります。

テストの実行時間をテスト間で比較することで、開発者は前回のイテレーションからソフトウェアの速度を効果的に向上させることができたかどうかを確認することができます。

 

2.故障の回数

開発者の中には、あるバージョンから次のバージョンへの失敗の回数を追跡する人もいます。 これは生の数字で、バージョンごとに合計が大きく下がるのを見ることで、開発者はコードの重要な問題を解決していることを知ることができます。

 

3.故障密度

故障密度とは、コードの大きさを考慮したときに発生する故障の数のことです。

例えば、あるアプリケーションのコードが4の倍数に増えても、故障率が50%しか増えない場合、故障密度は、そのアプリケーションが抱える問題の増加ではなく、改善であることを示すものである。

 

無料のベストエンドツーエンドテストツール

 

エンドツーエンドテストを作成する場合、まずは無料のツールを使ってみるのも手です。

 

無料のエンドツーエンド自動テストツール5選

 

無料のエンドツーエンドの自動テストツールの中で、最も優れたものがあります:

 

1.ZAPTEST FREEエディション

ZAPTEST Free Editionは、ZAPTESTプラットフォームのうち、すべてのユーザーがお金を払うことなく利用できるバージョンです。

無料版は自動化に重点を置いており、ジャストインタイムのスケジュールでデバッグの練習をこなすことができます。 特にアジャイル開発では、e-to-eテストの完了が、より早い納期を実現するために有効です。

 

2.カタルロン

コードレスで基本的な自動化ツールを提供するオープンソースのオプションです。

拡張は容易だが、ソフトを最大限に活用するためには、有料で提供されている拡張機能やさらなる機能が必要である。

また、Seleniumなどの代替品に比べ、動作が遅いという問題もあります。

 

3.セレン

また、オープンソースのプラットフォームであるSeleniumは、さまざまなコーディング言語やブラウザで動作するため、非常に柔軟なオプションとして機能します。

テスト自動化についてもっと学びたいユーザーには、少し複雑すぎるかもしれません。 これもテスト用だけでなく、一般的なブラウザの自動化ツールとしても機能します。

 

4.ワチル

Watirは非常に軽量なオープンソースのテストツールです。 非常に小さなコードのテストには最適ですが、手動入力に依存するため、より集中的なタスクやプロセスには苦労します。

Watirは、手動によるE2Eテストをサポートするために使用しますが、純粋な作業の自動化ツールとしては使用しません。

 

5.カピバラ

Capybaraは、ソフトウェアで作業する際のユーザーの行動をエミュレートしようとするものですが、主にウェブアプリケーションで動作するため、ツールとしての理想よりも少し限定されたものとなっています。

小規模なエンド・トゥ・エンドのテストでは良いのですが、単体のプログラムではライバルに追いつくのに苦労しています。

 

5 Best Enterprise End-to-End Testing Tools

 

アプリケーションの規模が大きすぎたり、必要な機能を備えていなかったりして、無料のエンドツーエンド・テストツールでは十分でない場合、エンタープライズ・ツールを利用するという選択肢も常にあります。

エンタープライズレベルのエンドツーエンドテストツールには、利用を検討できるものがあります:

 

1.ZAPTEST ENTERPRISEエディション

ZAPTESTのEnterprise Editionは、無料版よりも徹底したツールで、無制限ライセンス、コードレスインターフェース、1SCRIPTクロスプラットフォーム、クロスデバイス、クロスアプリケーションテクノロジー、クライアントチームと一緒にリモートで働くZAP認定エキスパートへのフルタイムアクセスなどの機能を提供し、その一部となります。

コストパフォーマンスと品質の点で、既存の経験レベルに関係なく、エンドツーエンドのソフトウェアテストに最適な選択肢となります。

 

2.バグバグ

BugBugはアジャイルチーム向けに設計されたブラウザテストツールで、比較的使いやすいのですが、ブラウザとアジャイル開発に集中的にフォーカスしているため、その柔軟性には欠けます。

より伝統的なプロセスで大規模なソフトウェアを開発する場合、BugBugは苦戦し、e-to-eテスターにはあまり適さなくなる。

 

3.サイプレス

テストツールとして広く知られているCypressは、UIテスト用に設計されており、効果的なE2Eテストに必要なバックエンドテストをサポートしていません。

開発後期に強いツールですが、機能テストには使えないので、E2Eツールとしては比較的弱いです。

 

4.テストシグマ

AIテストのメンテナンスに特化したオープンソースツールで、クラウドストレージはすでに高額な価格帯でセキュリティ上の脅威となる可能性があります。

機能的には申し分ないが、ZAPTESTのようなパーソナルサポートがない。

 

5.オーティファイ

初心者や並行テストには最適だが、リクエストに応じた価格設定は、組織の長期計画をめぐる混乱につながる可能性がある。

テストの初期段階には役立ちますが、エンドツーエンドのテストプロセスで完了する、より複雑なタスクに苦労することがあります。

 

エンド・ツー・エンド・テストのチェックリスト

 

エンドツーエンドのテストは徹底して行わなければなりません。そのため、多くのチームがチェックリストを使用して、アプリケーションの重要な側面をすべてテストすることを保証しています。

E2Eテストのチェックリストに追加すべき事項として、以下のものがあります:

 

1.機能性テスト

ユーザーの視点からソフトウェア全般の機能をテストし、機能の有効性やどの機能に問題があるのかをメモする。

 

2.パフォーマンステスト

ソフトウェアの性能をテストし、タスクを完了するのにかかる時間の評価や負荷テストなど、リソースを消費することなく効率的に動作することを確認します。

 

3.データテスト

アプリケーションのストレージをテストし、すべてのデータが安全で適切な方法で整理されていることを確認し、必要なときに特定の項目を簡単に見つけることができるようにします。

 

4.ユーザビリティテスト

設計や開発プロセスに関与していない顧客の視点から、すべてのUIが使いやすく、操作に意味があることをテストします。

 

5.セキュリティテスト

第三者からアプリケーションを保護するために、アプリケーションにセキュリティ上の欠陥や脆弱性がないか、またはGDPRの基準内にとどまるためにすでにコードベースに存在するギャップがないかテストします。

 

結論

 

結論として、エンドツーエンドテストは、プログラムが期待通りに動作することを確認するための非常に徹底した方法です。

特にリリース前に有効なエンドツーエンドテストは、あらゆる規模の開発者が自社のプロセスに導入し、エンドユーザーに高品質の製品を確実に提供するために使用できる、非常に柔軟なツールです。

手動で水平に行うか、自動で垂直に行うか、具体的なテストの種類は時間をかけて検討する必要がありますが、すべての開発者はエンドツーエンドテストを最終製品を改善する機会として捉える必要があります。

 

FAQ&リソース

 

エンドツーエンドテストは広大な開発領域であるため、多くの疑問を抱かせるものです。 よくある質問から、エンドツーエンドテストについて、また今後のテストの品質向上についてご確認ください。

 

1.エンドツーエンドのテスト自動化に関するベストコース

 

エンドツーエンド・テストの基準を向上させる最良の方法の1つは、コースに参加することです。 E2Eテストの能力を向上させたいと考えている方に人気のあるコースは以下の通りです:

– スキルソフトの「End to End Testing Implementation」は、1時間強のコースで、最初の学習の基礎を身につけることができます。

– PluralSightの自動テストコースは、自動化とソフトウェアを使用してテストを完了する方法をユーザーに教えます。

– TestCafeのE2E Web Testingは、NodeJSを使ってテストプロセスを自動化するための基礎をカバーする短期コースです。

– CourseraのSoftware Testing and Automation Specializationは、ほとんどのソフトウェアテストのスキルとコンピテンシーをカバーしています。

– Courseraのソフトウェアテスト入門、ソフトウェアテストという職業を全く知らない人に最適です。

 

2.エンドツーエンドテストに関するベストブックは?

 

E2Eテストのスキルアップの一環として、複雑なコースを修了するよりも、自分のスピードでスキルアップを図り、読み進めることを好む方もいらっしゃいます。

ソフトウェアのE2Eテストを取り巻く書籍には、以下のようなものがあります:

– “テスト自動化完全ガイド” アーノン・アクセルロッド著

– ソフトウェアテスト自動化のヒント」Gennadiy Alpaev氏

– “Hands-On Mobile App Testing” by Daniel Knott

– “探索的ソフトウェアテスト” James A. Whittaker著

– “デベロッパーテストアレクサンダー・ターリンダー著 “Building Quality into Software

 

3.End-to-End Testingに関する面接の質問トップ5は何ですか?

 

開発会社に応募する際、多くの採用担当者がE2Eテストに関連した質問をします。

候補者に寄せられる主な面接での質問もあります:

– 現役の職場でE2Eテストを行った経験や、その過程で直面した課題を教えてください。

– UATとE2Eテストの違いや、開発サイクルの中でそれぞれのテストを使うタイミングについて教えてください。

– 自動E2Eテストは手動E2Eテストとどう違うのか、なぜ企業はそれぞれの方法を使うのか。

– 過去にE2Eテストを利用した際、どのように問題を解決したのか?

– 開発現場でE2Eテストを利用するメリットと、そのメリットはなぜ重要なのか?

 

4.エンド・ツー・エンド・テストに関するベスト・ユーチューブ・チュートリアル

 

YouTubeは、選択したスキルを学ぶのに最適な場所の1つであり、ユーザーがスキルを成長させるために、たくさんのYouTubeチュートリアルが用意されています。 E2Eテストのスキルに取り組む人にとって理想的なYouTubeチュートリアルをいくつか紹介します:

– “Software Testing Tutorial #28 – End to End Testing in Software Testing” by Software Testing Mentor

– パフォーマンステスト基礎・応用編「マニュアルテストに関する無料エンドツーエンド完全講座~2022年7月バッチ~」のご案内

– “エンドツーエンドテストの時間だ!” by アカデミンド

 

5.End-to-End テストを維持するには?

 

エンドツーエンドのテストを維持することは、開発プロセスを通じてテストプロトコルを実行し続けることを意味します。

テストを維持するための最善の方法のひとつは、同じテストを繰り返し行うことで、テストからテストへの一貫性をより確実にすることです。

テストがシンプルであればあるほど、データのメンテナンスが容易になり、将来のデータセットに対して繰り返すテストもシンプルになるため、このプロセスではシンプルさを重視します。

 

6.QAにおけるEnd-to-Endテストとは?

 

QAにおけるEnd-to-endテストとは、品質保証プロセスにおけるE2Eテストの役割のことです。 これらの場合、テスターがアプリケーションやプログラム全体を調査するプロセスは似ていますが、テストの具体的な目標は異なります。

このような場合、すべての機能が可能な限り効率的に動作するようにするのではなく、ユーザーエクスペリエンスの高い品質を確保することが目標となります。

QAテストは、開発工程が終わった後に行われることが多いようです。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post