fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

機能テストは、あらゆるソフトウェアテストの手順において不可欠な部分です。 最初に正しく行うことで、後で費用や時間のかかる修理をする必要がなくなり、お客様の満足度を高めることができます。 ZAPTESTのような製品で機能テストの一部を自動化することができれば、そのプロセスはさらに簡単になります。

機能テストの意味、機能テストの種類、機能テストの実施方法、自動化、ベストプラクティス、社内で機能テストを行うべき人について説明します。 また、市販の優れた機能テストツールについても紹介します。

目次

機能テストとは?

ソフトウェアテストにおける 機能テストとは、ソフトウェアやアプリが期待通りに動くかどうかを判断する方法です。 機能テストは、処理がどのように行われるかではなく、処理が正しい結果を出しているか、バグがないかということに関心があります。

機能テストの実施では、ソフトウェアやアプリの要件との間にギャップやエラー、欠落がないかを確認します。

システムテストと機能テストの違いは、システムテストがシステム全体をテストするのに対し、機能テストは1つの機能のみをテストすることです。

機能テストと非機能テスト

機能テストと非機能テストは、ソフトウェアのさまざまな側面をテストします。 ソフトウェアテストにおける機能テストは、ソフトウェアやアプリの各機能が要求仕様に適合しているかどうかに関係するものです。 一方、非機能テストは、ソフトウェアやアプリが全く機能しないのではなく、どの程度機能するかを測定するものです。

機能テストの種類、考察と事例

機能テストの定義は、その名前にあります。 機能テストは、ソフトウェアが正しく機能し、ユーザーの期待に応えているかどうかをテストするものである。

機能テストの意味を少しでも理解していただくために、機能テストの主な種類をご紹介します。

ユニットテスト

開発者やテスト担当者は、ソフトウェアやアプリの個々のコンポーネントやユニットが機能要件に合致しているかどうかを判断するために、ユニットテストを使用します。 ユニットテストを行うことで、ソフトウェアの最小限の機能部分が正しく動作していることを確認します。

コードカバレッジテストは不可欠です。 さらに、ラインカバレッジ、コードパスカバレッジ、メソッドカバレッジのためのユニットテストも行いたいところです。

ユニットテストの利点。
  • コード全体の品質を判断する
  • ソフトウェアのバグを発見する
  • インターフェイスをより理解するためのドキュメントを持つ

 

ユニットテストのデメリット
  • より多くのコードを書く必要がある
  • 構造設計の変更の必要性を示唆する場合がある
  • すべてのエラーを検出するわけではありません

スモークテスト

開発者(時にはテスターも)は、安定性を確保し、重要な機能をテストするために、新しいビルドの後にスモークテストを実施します。 スモークテストは、システム全体の安定性を検証するものです。

例えば、ログインページの機能に関するスモークテストや、新しいビルドでのレコードの追加、更新、削除の機能性を判断することができます。

スモークテストの優位性
  • より詳細なテストを行うのに十分なソフトウェアの安定性を確保する。
  • ソフトウェアに異常やバグがないことを確認する。

 

スモークテストのデメリット
  • 詳細なテストではないのか
  • スモークテストケースの数が少ないため、重要な問題をすべて捕捉できない可能性がある

サニティ・テスト

テスターは通常、スモークテストの後にサニティテストを実施します。 サニティテストは、アプリやソフトウェアシステムのビルドやバグフィックスによる特定の新機能が、あるべき姿で動作していることを確認します。

スモークテストでバグフィックスができたとしたら、サニティテストはそのバグフィックスがうまくいったかどうかを判断するところです。 例えば、スモークテストでログインの問題が見つかった場合、サニティテストではログインのバグフィックスを確認し、さらに一歩進んで、新規ログインがすべてのログイン入力条件を満たしているかどうかを確認します。

サニティテストのメリット
  • マイナーチェンジ後の機能を特定部分に集中させるため、時間を節約することができる
  • マイナーチェンジ後の依存性欠落部品の特定を支援

 

サニティテストのデメリット
  • 簡潔かつ詳細ではない
  • 変更が期待通りに行われたことを示すのみ

リグレッションテスト

テスターは、新しいコード、アップデート、バグフィックスが、アプリやソフトウェアの既存の機能を壊していないか、または独立した機能を不安定にしていないかを確認するために、機能テストの種類の中で回帰テストを使用します。

例えば、新しいコードやバグの修復によって、ソフトウェアの古い部分にデータを入力する機能が壊れてしまうようなことは避けたいものです。

リグレッションテストのメリット
  • ソフトウェアの修正または変更が、同じ機能を持つソフトウェアの古い部分の動作に影響を与えないようにする。
  • 一度解決した問題が再び発生しないようにすること

 

リグレッションテストのデメリット
  • プロセスを自動化できない限り、回帰テストはコードの小さな変更ごとに行う必要があるため、コストと時間がかかる場合があります。
  • 複雑なシナリオには複雑なテストケースが必要になる

統合テスト

開発者(時にはテスター)は、ソフトウェアやアプリ内の個々のモジュールが接続され、共に動作することを確認するために、統合テストを行います。 統合テストでは、ロジックとレンダリング値を検証します。 サードパーティツールとの連携や、例外処理に関する不具合を特定することができます。

例えば、ログイン後にログインページが正しいモジュールに移動するかどうかをテストすることができます。 あるいは、削除したアイテムが削除後にゴミ箱に入るかどうかを確認することもできます。

統合テストのメリット
  • システム全体をコードカバレッジした独立したテストプロセスを提供する
  • 機能的なソフトウェアテストの初期段階において、バグやセキュリティの問題を検出し、時間を短縮する

 

統合テストのデメリット
  • 演奏が難しい
  • 時間がかかる

ベータ/ユーザビリティテスト

他のタイプの機能テストを行った後、ベータ/ユーザビリティ・テストでは、新製品のアップデートが皆に公開される前に、実際の顧客が正しく機能するかどうかをテストすることができます。 お客様からは、バージョンアップの効果についてフィードバックをいただき、開発者は使い勝手を考慮したコードの変更を検討します。

例えば、アップデートでユーザーインターフェースの見た目が変わる場合、ベータテストでは、何が有効で何が無効か、どの機能が足りないか、お客様にフィードバックしていただくことができます。

ユーザビリティテストのメリット
  • エンドユーザーがこの変更についてどう考えるかを評価し、何が足りないか、何が通常使用で機能しないかを判断する。
  • 製品の品質を向上させ、発売時の製品不良リスクや顧客不満足リスクを低減する。

 

ユーザビリティテストのデメリット
  • 開発者はテスト工程をコントロールできない
  • ベータテスターが経験するバグを再現することの難しさ

非機能テストの種類、考察、および事例

ソフトウェアがやるべきことをやっているかどうかを判断した後、非機能テストでは、さまざまな状況下でどの程度うまく機能するかを測定することができます。

パフォーマンステスト

性能試験により、開発者はソフトウェア・コンポーネントがどの程度機能するかを発見することができます。 ソフトウェアの速度や拡張性など、総合的な品質を測定するものです。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

性能試験の例としては、応答時間の測定、ボトルネックの発見、ソフトウェアが故障するポイントの発見などがあります。

性能試験のメリット
  • ソフトウェア速度の決定
  • ソフトウェアの最適化
  • エンドユーザーを満足させるための負荷容量の見極め

 

パフォーマンステストのデメリット
  • 高価である可能性がある
  • 消費者がどのような困難を抱えているかを判断するために、複数の場所で複数のデバイスを使用する必要がある

負荷テスト

負荷テストは、想定される負荷やユーザーのピーク時にシステムがどのように動作するかを開発者が理解するのに役立ちます。

負荷テストは、極端な負荷でテストするのではなく、通常の負荷でソフトウェアが動作し、ユーザーの期待に応えられることを確認するのに役立ちます。

負荷テストのメリット
  • 正常なボトルネックを発見する
  • 常用するための理想的なインフラを特定する
  • 通常のトラフィック急増時のダウンタイムを短縮

 

負荷試験のデメリット
  • 改善するためにコストがかかる可能性のある負荷処理能力の欠陥を発見する。
  • トラフィックが多い時間帯に潜在的なユーザーを他の選択肢に誘導する可能性のある制限を発見する

ストレステスト

ストレステストは、最も負荷の高い条件下でソフトウェアシステムがどの程度動作するかを明らかにするものです。

例えば、いつもより多くのお客様がシステムにログインしたときに、システムがどのようなパフォーマンスを発揮するかを確認することができます。

ストレステストのメリット
  • 障害発生後のシステムの動きや復旧状況を公開
  • 定常時、非定常時のシステム動作のイメージ提供
  • ユーザーキャップが必要かどうかの判断材料になる

 

ストレステストのデメリット
  • あらゆるシナリオを想定したストレステスト用スクリプトの作成方法を知っていること
  • コストがかかる、手動で実行するのが難しい

機能テストはどのように行うのか?

ソフトウェアテストにおいて、機能テストを実施する際のポイントを見てみましょう。

機能テストにおける導入とテスト対象

機能テストは、ソフトウェアやアプリがバグなく本来の機能を発揮しているかどうかを判断するために必要不可欠なものです。

テストの前にまずしなければならないことの1つは、テストの目標を決めることです。 小さなスクリプトの変更でも、ソフトウェア全体の機能に影響を与える可能性があります。

したがって、どのソフトウェアコンポーネントが変更に関係しているかを特定し、接続されている各コンポーネントをテストして、期待通りに動作することを確認することが重要です。

ステップ1:テストシナリオの作成

テストでは、ユーザー側で起こりうるあらゆる事態を想定し、機能ごとにさまざまなシナリオを検証することが重要です。

例えば、ユーザーが基準に満たないパスワードを入力しようとしたらどうでしょう? ユーザーが期限切れのクレジットカードや異なる通貨で支払った場合はどうなりますか? 2人のユーザーが同じログイン名を使いたい場合はどうすればよいですか?

 

ステップ2:正常な状態をシミュレートするテストデータの作成

以前確認したテストシナリオに基づき、正常な状態をシミュレートしたテストデータを作成したいと思います。 そのためには、それぞれのシナリオが発生した場合にどうすべきかをリストアップしておくとよいでしょう。

ステップ3:テストの実行

これらの条件を手動でテストする機能テスト計画を立てるか、シナリオをシミュレートする自動機能テスト用のスクリプトを作成するか、どちらかです。

例えば、誰かがすでにシステムに存在するログインを作成しようとした場合、別のログインを作成するよう促すエラーメッセージが表示されるはずです。

ステップ4:問題点のリストアップ

テストで予想と違う結果が出た場合は、それを記録しておくとよいでしょう。

例えば、他人のログインと同じログインを作成することが可能であれば、解決が必要な問題としてマークする必要があります。

ステップ5:問題解決方法の決定

解決すべき問題を特定したら、特定した問題をプロジェクトチーム全体がアクセスできるように、正式な場所に記録しておく必要があります。

解決策を決定し、変更を加えた後、プラットフォーム全体で不具合が解決されていることを確認するために、再度テストする必要があります。

機能テストは自動化すべきなのか?

機能テストは、特にコード内の変更がソフトウェアの複数の領域に影響する場合、手動で実施するのは退屈なプロセスになることがあります。 自動機能テストにZAPTESTのようなソフトウェアを使用する利点、課題、および制限を見ることは、それがあなたの状況に適しているかどうかを判断するのに役立ちます。

アジャイルテストと機能テストのベストプラクティス ソフトウェアの自動化

機能テストを自動化するメリット

  • 手動テストより短時間で実施可能
  • 手動テストより手間がかからない
  • ヒューマンエラーが少ない
  • テスト時のバグが少ない
  • 実環境で製品がどのように機能するかを再現することができます。
  • お客様の使いやすさを追求した、より高品質な製品をお届けします。

機能テストの自動化における課題と限界

  • さまざまなテストケースシナリオの開発
  • 正しいテストの見極め
  • ロジカルエラーの欠落
  • より複雑なテストに時間がかかる
  • 適切なソフトウェアテスト自動化ツールを探す
  • すべてのテストを自動化することは不可能
  • 解析を逃れることができる欠陥もある

結論なぜ機能テストを自動化するのか?

ZAPTESTのようなツールを使って機能テストを自動化すると、時間と労力が節約でき、手動テストよりもバグの発生を抑えることができます。 プラットフォーム間でテストを自動化することは、手動テストよりも費用対効果が高く、ユーザーがどのようにソフトウェアを体験するかをより正確に示すことができます。

機能テスト自動化のベストプラクティス

機能テストを自動化することは、正しく実行されれば、より良いサービスを提供します。 ここでは、そのベストプラクティスを紹介します。

正しいテストケースの選択

機能テストの自動化に不可欠な要素の1つは、何をテストすべきかを知ることです。 自動化された機能テストとして最適な機能テストの種類は、以下の通りです。

  • 複数回または定期的に実施する必要があるテスト
  • 異なるデータセットで何度も実行する必要があるテスト
  • 手間と時間がかかるテスト
  • ヒューマンエラーが発生しやすいテスト
  • 異なるユーザーのオペレーティングシステム、ブラウザ、デバイスで同じテストを行うこと

データを利用可能な形式にまとめる

複数のデータセットを必要とする自動テストのためにデータをコンパイルする場合、データは使いやすく、読みやすく、保守しやすいものでなければなりません。 情報は、XMLファイル、テキストファイル、データベース内など、簡単に読み取れるソースから取得する必要があります。 これらのフォーマットでデータを保持することで、自動化フレームワークの保守、使用、テスト、再利用が容易になります。

また、様々なメンバーが同じデータを使えるようにするためには、整理整頓が重要です。

専任の自動化チームを持つ

自動機能テストに携わる細部にこだわった専門チームを持つことが、テストを成功させる鍵です。 自動テストを行うには、適切なスキルセットを持つ、細部にこだわるチームメンバーを選ぶとよいでしょう。 手動テストとスクリプトのどちらが得意かを見極め、自動機能テストツールを使用することが、テストを成功させる鍵です。

さまざまなユーザーインターフェース(UI)の障害箇所を探す機能

テストには、異なるOS、ブラウザ、デバイスで同じように動作するかどうかを検証するための機能的なUIテストが不可欠である。 したがって、UIが変更されても壊れず、最小限の変更で済むようなテストをスクリプト化することが重要です。

頻繁なテスト

定期的にテストする必要があるコンポーネントのリストを含む戦略を作成することをお勧めします。 異なるプラットフォーム間での変更後にどのコンポーネントのテストが必要かが分かれば、初期のテスト段階でより多くのバグを発見できる可能性が高くなります。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

機能テストでは誰が何をすべきか?

機能テストの計画を立てるとき、機能テストのさまざまな構成要素について、誰がどのような責任を持つかを決めることが重要です。

ソフトウェアテスト自動化ツールや計画に携わるべき人

開発者の責任

  • コードが誤字脱字なく動作することを確認すること
  • 単体テスト
  • スモークテスト
  • 統合テスト

テスターの責任

  • 単体テスト
  • スモークテスト(時々)
  • サニティテスト
  • リグレッションテスト
  • 統合テスト(時々)

品質保証の責任

  • 技術やコーディングの知識をあまり必要としない自動テストの実行
  • ソフトウェアの能力の限界に挑戦するテスト
  • 通常の開発者やテスターが見逃す可能性のある問題を、アプリケーションの全領域でテストします。

最適な機能テストツール

機能テスト自動化ツールは、多種多様なものがあります。 このように、ソフトウェアが本来の機能を発揮しているかどうかを判断するためには、適切なツールを見つけることが不可欠です。

Zaptestは、最高の機能テスト自動化ツールです。

優れた機能テスト自動化ツールの条件とは?

優れた自動機能テストツールは、様々な環境で使いやすく、様々なテストツールを提供し、再利用可能である。

使いやすさ

優れた機能テスト自動化ツールは、スキルレベルに関係なく、すべてのチームメンバーにとって使いやすいものです。

さまざまな環境下での動作

様々なOS、ブラウザ、デバイスをテストできるツールであることが望ましい。 88%のアプリは、ユーザーが不具合を経験すると放棄されます。このため、モバイル機能テストとWeb機能テストは、異なるオペレーティングシステム間で両方とも非常に重要なのです。

必要なテストツールの提供

優れた機能テスト自動化ツールは、機能テストに必要なツールを持っています。 例えば、スクリプト言語に慣れていない人でも簡単に使えるように、スクリプト言語をサポートする必要があります。 また、特定のレポート、ビルドテスト、ロギングなど、製品機能のニーズに対応できるものでなければなりません。

再利用性

また、テストツールは、複数のテストや変更に対して容易に再利用できるものでなければなりません。 データをクラウドに保存して後で使うことができるため、時間とコストを節約することができます。

自動化された機能テストに最適な無料ツール

無料の機能テスト自動化ツールには多くの利点がありますが、限界もあります。

無償の機能テスト自動化ツールのメリット

  • 経費節減
  • システムメンテナンスにかかる時間を短縮
  • RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)により、繰り返し行われる手作業をなくす
  • プラットフォームを超えて迅速に結果を提供
  • 余分なコーディングなしでテストが可能
  • 基本的な機能テストを提供する

フリーの自動機能テストツールの制限事項

  • すべての機能シナリオをテストしていない可能性があります
  • 限られたプラットフォームでしかテストできない場合がある
  • 一部のテストツールは有料の場合があります
  • 複数のテスターのデータをクラウド上に保持できない場合がある

機能テストを自動化するためのベストな無料ツールは…

自動化された機能テストツールは数多くありますが、その中でも特に優れているものをご紹介します。

  • ザペスト
  • カタルーニャスタジオ
  • セレン
  • アピウム
  • ロボティウム
  • 風車
  • アパッチJMeter
  • カピバラさん
  • テストリンク
  • マラソン
  • ワイヤーモック

企業レベルの機能テストツールは、どのような場合に選ぶべきか?

無料の機能テストツールではなく、企業レベルのバージョンを使用することで、より多くの機能と組織横断的な共有の機会を得ることができます。

時間短縮が必要なとき

エンタープライズレベルの機能テスト自動化ツールは、1時間あたりより多くの自動化されたプロセスステップを同時に実行することで、時間を節約することができます。

より多くのUIを確認する必要がある場合

エンタープライズレベルの機能テストツールは、異なるオペレーティングシステム、デバイス、またはブラウザを使用する顧客がソフトウェアやアプリケーションを同等に使用できることを保証するために、コードを変更せずにより多くのUIをチェックします。

データ管理用

エンタープライズレベルの機能的なソフトウェアテストでは、より良いデータ管理が可能なため、今後のテスト中に参照したり、重複するテストをより容易に行うことができます。

クラウドホスティングによるテストソリューションの場合

エンタープライズレベルの機能テストソフトウェアを選択すると、複数のデバイスやロケーションでデータを表示できるため、より多くのユーザーが重複することなく同じプロジェクトに取り組めるようになります。

アンリミテッド・ライセンスの場合

エンタープライズレベルの機能テストツールを選択すると、データにアクセスする必要がある人数にかかわらず、組織のメンバーに無制限のアクセスを与えることができます。

ハイパーオートメーション用

エンタープライズレベルの機能テストツールを選択すると、超自動化され、どのプロセスを自動化できるかが最大化されます。

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を提供するエンタープライズレベルの機能テストツールは、ありふれた大量のルーチン作業を自動化することでヒューマンエラーを減らし、弱点をピンポイントで特定して業務効率を最大化することができます。

より多くの機能テストサービスと利点が必要な場合

エンタープライズレベルの機能テストツールを選択することで、より多くの機能テストサービスを利用することができます。 優れた機能テスト会社は、次のようなサービスや特典を提供します。

  • ROIの向上
  • コードを修正することなく、複数のプラットフォームでテストが可能
  • 複数のプラットフォームで複数のスクリプトを同時に実行する能力
  • 複数のアプリとペアリングできること
  • テスト用スクリプトをワンクリックで変換
  • 自動化されたスクリプトの可用性
  • テストシナリオの有無
  • よりリアルなリアルタイムシミュレーション
  • 実行可能なスクリプトを作成するためのシナリオ記録
  • 社内プログラマーが不要なコードレステストフレームワーク
  • 24時間365日のエキスパートサポート
  • JIRAやRally Softwareなど、すでに使用している他のソフトウェアとのペアリング

機能テストに関する最終的な考察

自動化された機能テストソフトウェアは、ソフトウェアやアプリが様々なUIで適切に動作することを保証することで、時間を節約することができます。 無料の自動化バージョンもありますが、エンタープライズレベルの機能テストツールは、より包括的な機能ソフトウェアテストソリューション、利点、および組織全体で共有可能なクラウドホスティングデータを提供します。

ZAPTESTのような機能テスト会社を選ぶ際には、会社の機能テストサイトを訪問すると、それぞれのツールが何を提供し、何が提供されないのかを知ることができます。

機能テストに関するFAQ

ここでは、機能テストに関連して検討すべき他の質問をいくつか紹介します。

機能テスト自動化に関するFAQ

テストの種類は?

ソフトウェアやアプリをテストする方法の多くは、機能テストと非機能テストのカテゴリに分類されます。 機能テストは、ソフトウェアが期待通りに動作することを確認し、非機能テストは、ソフトウェアがさまざまなパラメータの中でどの程度うまく動作するかを判断します。

テスト技術とは何ですか?

テスト技術とは、ソフトウェアのシステムやコンポーネントがすべての要件を満たしているかどうかを評価する手法のことです。 テストによって、要件を満たさない原因となるギャップやエラーがないかどうかを発見することができます。 テストには、手動と自動があります。

機能テストとは何か、例を挙げて説明します。

機能テストの定義は、機能に関するものです。 機能テストとは、ソフトウェアやアプリが本来の機能を発揮しているかどうかをテストする方法です。

例えば、新しいコーディングによって、ユーザーがログイン後に正しいページに移動できることを確認するテストができます。 そうでない場合は、コードのどこかに誤りがあり、修理が必要であることを示しています。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post