fbpx

Get your 6-month No-Cost Opt-Out offer for Unlimited Software Automation?

ソフトウェア品質保証とは、開発チームがソフトウェアをリリースする前にその品質を保証するためのプロセスである。 QAとテストには多くの類似点があるが、品質管理(QC)とソフトウェアテストは、品質保証のサブセットと見なすことができる。

この記事では、QAテストとは何か、QAテストが他のソフトウェアテストとどのように関連しているのか、QAにおけるさまざまなテストタイプについて説明し、この仕事に最適なツールを推奨する。

 

目次

QAテストとは何か?

ソフトウェア・テストにおけるネガティブ・テスト - ネガティブ・テストとは何か、その種類、プロセス、アプローチ、ツール、その他!

品質保証は、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の重要な部分です。 テスト戦略の計画や設計から、テストの実施、結果の評価、不具合の報告や解決に至るまで、さまざまな活動を通じて、ソフトウェア・アプリケーションの機能を可能な限り確保することを目的としています。

時間通りに、予算通りに製品を納品することは非常に重要である。 しかし、質が伴わなければあまり意味がない。 この状況はQAの核心を突いている。 これは、機能性、仕様、ユーザー・エクスペリエンスの面で、利害関係者が最終製品に満足することに重点を置いたアプローチである。

 

QAテストの目的

ソフトウェアテストにおけるインクリメンタルテスト - その内容、種類、プロセス、アプローチ、ツールなどを深く掘り下げる!

ソフトウェア品質保証にはいくつかの目的がある。 高度なレベルでは、アプリケーションが顧客の要求と概略仕様を満たすことを保証することだ。 しかし、より具体的な意味ではどうだろうか?

ソフトウェアの品質と保証の多くの目的を探ることで、さらに掘り下げてみよう。

 

#1. バグや不具合の特定と解決

ソフトウェアのバグ、欠陥、エラー、不具合は、ユーザーエクスペリエンスとソフトウェア全体の機能の両方を損なう。 QAテストは、これらの問題を発見し、確実に解決することを目的としている。

SDLCの早い段階でバグや不具合を発見することは、開発者が管理可能なうちに問題を修正できることを意味します。

 

#2. 要件適合性

それぞれのソフトウェアは、問題やペインポイントを解決するために作られている。 開発の初期段階では、ターゲットとするユーザーのニーズに合わせてさまざまな機能や特徴が提案される。 QAテストは、これらのニーズと仕様が満たされていることを確認し、ソフトウェアが構築された問題を解決することを保証する。

 

#3. ユーザー・エクスペリエンス(UX)の向上

ユーザー・エクスペリエンス(UX)は、過去10年以上にわたって大きな考慮事項となっている。 ソフトウェア開発者間の競争は厳しいので、アプリケーションがユーザーフレンドリーで、直感的で、アクセスしやすいものであることを保証することは、商業的に必須である。 QAテストは、ナビゲーション、ユーザーインタラクション、エラー処理などを調べ、アプリケーションがターゲットとする市場の人々が、そのソフトウェアが彼らの痛みや要求を解決できることに満足していることを確認します。

 

#4. 安定性の検証

うまく設計されたソフトウェアでも、安定性の問題で台無しになることがある。 クラッシュ、フリーズ、予期せぬ動作などはユーザーを苛立たせ、アプリケーションに対する信頼を損なう。 QAテストは、ソフトウェアを世に送り出す前に、さまざまな条件やシナリオのもとでソフトウェアがどのように動作するかを理解しようとするものである。

 

#5. 互換性の確保

最新のソフトウェアは、さまざまなオペレーティングシステム、ブラウザ、デバイス、ハードウェア構成に対応する必要がある。 このような事態を想定したテストを怠ると、ソフトウェアの普及とその経済的な可能性を著しく阻害することになる。 QAは、ソリューションがさまざまな環境で動作することを確認するのに役立ちます。

 

#6. 競争力の維持

多くの潜在的なソリューションが存在するため、ユーザーは選択肢に事欠かない。 実際、多くのソフトウェア・ニッチでは、ライバルとの競争はますます細かいマージンの問題になっている。 ソフトウェアが使いやすく安定していることは、ユーザーの期待に応え、競合他社に対して有利なポジションを確保するために極めて重要です。

 

#7. テスト結果の活用

QAテストは、チームがソフトウェアビルドを改善するために必要なデータを生成し、分析するのに役立ちます。 包括的なテスト結果は、ソフトウェアの品質に関する強力な洞察を提供し、問題を迅速かつ効率的に解決します。 さらに、この文書は、経営陣、投資家、その他の利害関係者が最新の開発状況を把握するのに役立つ。

 

#8. 顧客と利害関係者の信頼を築く

信頼は、顧客満足と顧客維持を確保するための重要な要素である。 高品質で信頼性の高いソフトウェアの評判を高めている企業は、同業他社に差をつけ、卓越した文化を育むことができる。

 

#9. リスクの軽減

品質保証とは、安定したビルド以上のものだ。 また、ソフトウェア開発に伴うさまざまなリスクからあなたを守ることもできる。 こうした危険は、粗悪なリリースやバグだらけのリリースがもたらす風評被害から、不適切なビルドがもたらす法的・金銭的損害まで、多岐にわたる。

 

#10. データに基づく意思決定

QAテストは、管理者がソフトウェアを改善するために必要な、データに基づいた意思決定を行うための材料を提供する。 適切なデータは、チームがどのタスクに優先順位をつけるべきか、リソースをどのように最適化すべきか、さらにはリスクを理解し評価するのに役立つ。

 

品質保証戦略とは何か?

保険と会計におけるロボティック・プロセス・オートメーションの使用例

品質保証戦略は SDLC の不可欠な部分である。 これは、高品質なソフトウェアプロジェクトに必要な関連プロセスや手順を詳述した計画である。 堅固な QA 戦略計画は、SDLC の各段階で何が必要かを明確にしなければならない。

QA戦略の主要な構成要素を見てみよう。

 

1.QA戦略には何を含めるべきか?

堅実なQA戦略には、いくつかの異なる要素が必要である。 以下はその要点である。

ミッション・ステートメント

QA戦略は、戦略の目標と目的を概説する明確なミッション・ステートメントから始めるべきである。 これはプロセスの重要な部分であり、クオリティの基準を設定し、チームが共通の目標に向かって集まっていることを確認するのに役立つからだ。

受け入れ基準

全員が共通のビジョンに向かって作業していることを確実にするために、QA戦略は、ソフトウェアの一部を完成品として受け入れるための明確で測定可能な基準を概説すべきである。 これらの手段を設定するには、要件、ユーザーニーズ、全体的なビジネス目標など、いくつかの要素を考慮しなければならない。

テストアプローチ

これらの文書は、SDLC の間に組み込まれたツールとテスト方法論についても概説する必要があります。 手動と自動の両方のテストツールや方法を、テスト中に使用される技術やフレームワークと一緒に記載する必要があります。

従業員の役割

また、QA戦略は、品質保証に携わるスタッフや役割を検討し、現代的で包括的なテストアプローチのニーズを満たすために必要なスキルと責任を明確にすべきである。

敗戦処理

QA戦略は、欠陥の報告、追跡、解決に関するチームの方針についても概説する必要がある。 このセクションでは、テスト中に発生した欠陥、バグ、その他の問題に関わるエスカレーション手順も明記する。

フィードバック

確かなQA戦略は、フィードバックを開発者にどのように伝え、どのように取り入れるかも強調しなければならない。 特に、戦略の策定は、問題の迅速な解決を確実にするためのプロセスの正式化に役立つはずである。

CI/CD

最後に、QA戦略は継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインに実装されるべきで、デプロイ前にコードをテストするソフトウェアテストの自動化を可能にする。

 

QAテストのメリット

QAテストのメリット

ソフトウェア品質保証には多くの利点がある。 開発チームにとって最も重要な利点のいくつかを紹介しよう。

#1. 製品品質の向上

QAテストの最大の利点の1つは、バグや不具合を発見し、解決するための積極的なアプローチを促進することである。 このようなエラーを生産中ではなく開発中に発見することで、手戻りや遅延を減らし、顧客の不満を軽減することができる。

#2. 開発コストの削減

優れた QA テストに投資することは、優れた ROI をもたらす。なぜなら、バグや不具合を早期に発見し、解決することは、SDLC の後半で発見するよりも、はるかに費用対効果が低いからである。

#3. 生産性の向上

繰り返しますが、問題をできるだけ早期に検出することで、SDLC全体がより効率的になります。 遅延や中断を減らすことで開発プロセスを合理化し、品質に妥協することなく迅速なリリースを実現します。

#4. セキュリティの向上

QAテストでは、セキュリティが大きな焦点となる。 強固なセキュリティ・テスト・プログラムは、脆弱性の発見と解決に役立つ。 GDPRやその他のデータに焦点を当てた規制の出現により、顧客データを保護することは開発者にとって存亡の危機となっている。

#5. 業界標準コンプライアンス

医療、銀行、保険など多くの業界では、ソフトウェアに厳しい基準や規制がある。 テストは、ソフトウェアがこれらの要件を満たしていることを保証する。

#6. 技術的負債の検出

ソフトウェアを市場にリリースしなければならないというプレッシャーが非常に強いため、多くのチームがマイルストーンを確実に達成するために近道や妥協をする。 しかし、これは技術的負債とも呼ばれる、再作業やメンテナンスコストの増加を招く可能性がある。 QAテストは、技術的負債が増大し、メンテナンス・コストを加速させる前に、それを発見し解決するのに役立つ。

 

QAテストの課題は何ですか?

チャレンジロードテスティング

上に挙げたQAテストの素晴らしいメリットは、この分野の重要性を裏付けている。 しかし、このアプローチには課題もある。 これらの課題は、技術的、組織的、個人的の3つに大別できる。 そして、これらの問題に対する解決策を提案する。

 

テクニカル

1.不完全または不明確な要件

要求事項の伝達が不十分であったり、不十分であったりすることは、ソフトウェア開発における一般的な問題である。 要求仕様書(RSD)は、あらゆる製品に不可欠な要素である。 それは、製品に対するニーズと期待を概説する青写真の役割を果たす。 しかし、要件収集が不十分だと、これらの文書への入力が誤解を招き、不十分なテストカバレッジやバグの見逃しにつながることがあまりにも多い。

 

2.リソースの制限

開発予算が厳しいと、プロダクトマネージャーは手抜きをせざるを得ない。 人手不足、テスト専門スタッフの不足、あるいは品質保証自動化ソフトウェア・ツールへの投資不足など、限られたリソースは最終製品の品質に悪影響を及ぼしかねない。 さらに、限られたリソースに過度なプレッシャーをかけると、疲労困憊や燃え尽き症候群など、別の悪影響が出る可能性もある。 こうしたシナリオは、士気の低下や遅れにつながる可能性がある。

 

3.不適切なテスト環境

優れたQAテストには、しっかりとしたテスト環境が不可欠である。 しかし、多くのチームは、QAアナリストに仕事に適したツールを与える先見性に欠けている。 質の高いQAテストの妨げとなる状況には、古かったり時代遅れだったりするハードウェア、バグが多かったり信頼できなかったりするテストフレームワーク、さらにはネットワークの問題などがある。

このような問題は、テスターに大きなフラストレーションを与え、プロジェクトの遅れにつながる。

 

4.品質保証自動化テストの専門知識不足

QA自動化テストは、包括的なテストに必要なリソースを削減する優れた方法である。 しかし、適切な自動化の専門知識を利用できないために、こうした時間節約ツールの導入に苦労しているチームがあまりにも多い。 多くのQA自動化ツールはユーザーフレンドリーであるが、トレーニングを受けていないスタッフにとっては、テストの設定と維持が複雑になる可能性がある。

 

5.常に最新の技術を取り入れる

技術の進歩は早い。 テスターは、QAテストが鋭く効率的であることを保証するために、最先端のツールや方法論に常に精通している必要があります。 しかし、新しい技術を評価し、理解するには時間と労力がかかる。 さらに、これらの製品を採用するには、既存の予算を超える投資が必要となる。

 

組織の課題

1.厳しい納期

ソフトウェア開発者は、厳しい納期を守らなければならないという大きなプレッシャーにさらされている。 よく考えられた合理的な期限もあれば、まったく非現実的な期限もある。 その理由はいくつかあるが、商業的な圧力から、テストプロセスへの不慣れさ、場合によっては単なる古い希望的観測まで、さまざまである。

ここで大きな問題となるのは、過度に厳しい、あるいは非現実的な納期は、手抜きや性急なテストを招き、結果的にソフトウェアの品質を損なうことになるということだ。

 

2.要件の変更

特に開発の後期段階において、要求事項が変化することは品質保証にとって致命的である。 このような事態が発生した場合、テスターはその場で調整し、適応する必要があり、テストはやり直しとなり、以前合意したタイムラインも引き直さなければならない。 いずれも望ましい状況ではない。

 

3.経営不振

QAソフトウェア・エンジニアリング・テストとは、品質とスピードのバランスを取ることである。 この2つの基準で許容できるレベルを達成するには、しっかりとしたマネジメントと権限委譲が必要だ。 残念なことに、すべてのプロダクト・マネジャーがこの仕事をこなせるわけではなく、その結果、コストのかかる遅延や粗悪なソフトウェア、あるいはその両方が発生する可能性がある。

 

4.非効率的なコラボレーション

優れた品質保証テストには、開発者とテスターの強固な協力関係が必要だ。 悲しいことに、多くのチームはこの部分が欠けている。 よくある問題の中には、許容されるテスト基準を満たすためにどれだけの時間と労力が必要なのかを理解していないことに起因するものもある。 サイロやバブルの中に存在するチームは、バグを見逃したり、ソフトウェアを完全に理解できなかったりしやすい。

 

5.悪いコミュニケーション

テスター、開発者、利害関係者間のコミュニケーション不足は、悲惨な結果をもたらす可能性がある。 チームが効果的なコミュニケーションの方法を知らないと、テストや仕様の伝達が曖昧になりかねない。 その結果、誤解や手戻りが生じたり、要求が変化する危険性が生じる。

 

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

個々の課題

1.客観性

客観性を保つことは、特に自分の同僚が行った仕事をテストするときには難しい。 たとえ無意識のレベルであったとしても、バグや欠陥がチェックされないまま放置されることになりかねない。

 

2.バイアスのテスト

テスターは人間だ。 そのため、他の労働者と同じように認知バイアスの影響を受ける。 このようなバイアスは、テストケースの設計からテスト結果の分析・解釈方法まで、STLCのどの部分にも現れる可能性がある。 さらに、テスターの中には、テスト・プロセス中に特定の観点を好んでしまい、他の重要な問題を無視してしまう者もいる。

 

3.繰り返し

最後に、ソフトウェア・テストは反復的で平凡な作業に満ちている。 テスターが何度も作業を繰り返すと、仕事に対する喜びを失ってしまうことがある。 このような状況は、ヒューマンエラーの増加、不満、燃え尽き症候群につながる可能性がある。

 

QAテストの課題をどう解決するか?

上記の問題は、ソフトウェア品質工学を実現するための大きな障壁である。 ありがたいことに、これらの問題はさまざまな戦略を組み合わせることで克服できる。

1.明確で簡潔なコミュニケーション

QAテストの共同作業という性質は、テスター、エンジニア、利害関係者間のコミュニケーションに真剣に取り組まなければならないことを意味する。 オープンなコミュニケーションラインを確立し、あらゆる文書が明確で理解しやすいようにすることは、QAテストプロセスから曖昧さや混乱を取り除くことに大いに役立つ。

 

2.フィードバック・ループの確立

開発者とテスターの間にフィードバック・ループを確立することで、コードに新たなレベルの精度と効率をもたらすことができる。 エンジニアは、どこで問題が生じているかを知ることで、そのフィードバックを自分の仕事に反映させることができる。 実際、すべての関係者が緊密に協力することで、知識の共有が促進され、問題を早期に発見し、より迅速に反復することができる。

 

3.学習と能力開発

エンジニアやQAテストチームが学び、成長するための時間を確保することは、優秀な人材を確保し、再教育するために不可欠です。 開発者が自分のツールボックスに新しいスキルを加えることは、より良いソフトウェアの構築につながる。 さらに、新しい技術や方法論を受け入れ、採用するよう奨励すれば、テストを常に最新かつ適切なものに保つことができる。

 

4.自動化ツールへの投資

手動テストや探索的テストは包括的なQAにとって依然として重要であるが、テスト自動化ツールに投資することで、時間とコストを節約し、テスターを平凡な反復作業から解放することができる。 テスト自動化ツール
ZAPTEST
は、非常に洗練され、堅牢で、多様性に富んでいる。

さらに、ZAPTEST Enterpriseのお客様は、専任のZAPエキスパートをご利用いただけます。 ZAPTEST ツールの実装と職場全体への配備を支援できる人材がいるため、チームは自動化スキルのギャップを乗り越えることができ、最先端のソフトウェアと QA テストを確保することができます。

 

QAとテストの違いは何ですか?

ソフトウェアテスト自動化の混乱を解消する

品質保証(QA)とテストは、ソフトウェア開発業界では頻繁に同じ意味で使われる2つの用語である。 しかし、両者は異なることを表現している。 実際、QAとテストの違いを理解することは、プロジェクトにとって重要である。

このコンセプトを十分に探求するためには、3つの異なる存在について考える必要がある。 それらは以下の通りだ:

  • 品質保証
  • 品質管理
  • テスト

 

1.品質保証(QA)

 

品質保証は、高品質なソフトウェアを構築するために、適切な方針と手順が守られていることを保証するための幅広い概念である。 これは、バグを特定し解決することと同様に、バグを予防することにも配慮した積極的なプロセスである。

ソフトウェア開発において品質保証を達成するためには、QA戦略(上記で詳述)の存在が非常に重要である。

 

2.品質管理 (QC)

 

品質管理は、品質保証に関連するが、異なる段階である。 QAがSDLC全体を扱うのに対して、品質管理は、プロジェクトが完成に近づいた後期の状態を検証することである。 QCは、全体的なQA戦略を正確かつ忠実に実施することに関係している。

QCはまた、エンド・ユーザーに焦点を当てている点でも注目に値する。 ユーザーの要求と仕様を理解し、それを満たすことで、ユーザー・エクスペリエンスを確実に向上させます。 QAがプロアクティブであるのに対し、QCはリアクティブである。 全体的な考え方として、QCは製品がユーザーに届く前に行われ、製品のウォークスルー、テスト、検査、コードレビューなどが含まれる。

 

3.テスト

 

このように、ソフトウェアテストは品質管理の一環である。 プロジェクトの仕様と顧客の要求を理解し、これらの基準に照らして製品をテストし、バグや欠陥を発見する。 発生する可能性のあるテストにはいくつかの種類があり、それらを実施するには、テスト計画の立案、テストケースの設計、不具合の報告と解決など、かなり大がかりなプロセスが必要になる。

以上のように、品質保証を達成するためには、これら3つの異なるアプローチが調和して機能する。 それぞれ異なるが、会社が支持できる確かな製品を提供するという目的は同じである。

 

10 QAテストの種類

RPAとソフトウェアテストの自動化 - 違いと共通点

知っておくべき品質保証テストの種類はたくさんある。 ここでは、ユーザーの期待に応える堅牢なソフトウェアを構築するために考慮すべき、10のソフトウェアQAテストタイプのリストを紹介する。

 

#1. 単体テスト

単体テスト は、コードの個々のユニットを分離してテストする基本的なテストタイプである。 一般的に、ユニットテストはソフトウェア開発の初期段階で開始され、小さなコンポーネントやメソッド、あるいは1行のコードでさえも、他の作業を進める前に検証されるという考え方である。

アプリケーションを管理可能な小さな塊に分解することで、プロダクトチームはコードの全体的な機能を理解し、変更が関連する部分にどのように影響するかを理解することができる。

 

#2. コンポーネント・テスト

ユニットテストがコードの単位に焦点を当てるのに対し、コンポーネントテストはコンポーネント、あるいはモジュールとも呼ばれるものに焦点を当てる。 実際、このタイプのテストはモジュールテストとも呼ばれる。 コンポーネント・テストのアプローチでは、複数のユニットを一度にテストする。

コンポーネント・テストは、各ユニットの機能的な側面に関係するが、コンポーネント同士がどのように統合されているかも検証しようとする。 これらの相互関係をテストすることで、チームはプロセスの早い段階で不具合を発見し、問題のあるコンポーネントを分離することで問題を改善することができる。

 

#3. 統合テスト

統合テスト は、ユニットテストとコンポーネントテストの論理的な次のステップである。 モジュールやコンポーネントが、統合されたシステムの一部としてどのように機能するかを検証する。 統合は、コンポーネントを関連するグループに統合し、それらが機能要件を満たしているかどうかを検証する。

 

#4. エンド・ツー・エンド・テスト

エンドツーエンド(E2E)テスト は、最初から最後まで、つまりエンドツーエンドで、ソフトウェア・アプリケーション全体の機能と性能を検証します。 ここでのアイデアは、製品がライブ環境でどのように機能するかを確立することである。 このタイプのテストでは、実際のユースケースと実データをシミュレートし、入力から出力まで、アプリケーションを通過するデータと情報の流れを徹底的に把握する。

 

#5. パフォーマンステスト

パフォーマンステスト は、強迫状態や多用状態に置かれたときにアプリケーションがどのように機能するかをテストする実証済みの方法である。 テスト項目には、製品のスピード、安定性、応答性、リソースの割り当てなどがある。

一般的なパフォーマンス・テストの種類には、以下のようなものがある:


  • 負荷テスト
    : このテストタイプでは、過剰なトランザクションやユーザーをシミュレートし、ソフトウェアが余分な負荷をどのように処理するかを確認します。

  • ストレステスト
    :アプリケーションの限界を超えて、潜在的なボトルネックや障害を特定する。
  • ボリュームテスト: このタイプのテストでは、大量のデータや同時ユーザーを使用して、アプリケーションのパフォーマンスを確認します。
  • 耐久試験: この種のテストは、長期間にわたって一定の負荷が与えられたときに、アプリケーションがどのように動作するかを確認しようとするものです。

 

#6. リグレッションテスト

リグレッションテスト は、過去に実施したテストを再度実施し、ソフトウェアの変更や修正が機能にどのような影響を与えたかを確認するものである。 アップデートの意図しない結果を浮き彫りにすることができるため、アプリケーションの安定性と品質を確保する上で非常に重要な部分である。 過去に合格したテストを再利用することで、テスト担当者は問題が発生した箇所を迅速に指摘し、迅速な解決につなげることができる。

 

#7. サニティテスト

回帰テストの包括性には欠けるが、
サニティ・テスト
は、統合、修理、バグ修正の後にバグや重大な障害を見つけるための迅速で便利な方法です。 サニティテストは、スピードと回帰テストの徹底的な性質とのトレードオフとみなすことができる。

サニティ・テストには主に2つの種類がある:ホワイトボックスのサニティテストとブラックボックスのサニティテストである。

  • ホワイトボックス・サニティ・テスト は、一般的なソフトウェアテストの一種で、アプリケーションのソースコードにアクセスするテストを含む。 ソースコードにアクセスできるということは、問題が発生しそうなコードの領域を見つけ、その部分にテストを集中させることができるということだ。
  • ブラックボックス・サニティ・テスト には、ソースコードにアクセスできないテスターが含まれる。 その代わりに、ソフトウェアの機能性に焦点を当て、論理的に欠陥の候補となる領域を探索する。

 

#8. システムテスト

システムテスト は、システムレベルでアプリケーションをテストしているように見える。 この種のテストでは、ソフトウェア・システム全体を、その要件と機能性に照らして評価する。 システムテストは、個々のモジュールやコンポーネントがそれぞれのペースに置かれた後に行われる。 事実上、完全に統合されたバージョンのソフトウェアがどのように機能するかを理解することなのだ。

 

#9. スモークテスト

スモークテスト サニティ・テストの一種で、新しいソフトウェアのビルドに重大な問題がないかどうかを調べるものである。 繰り返しになるが、上記で挙げた他のタイプのサニティ・テストと同様、機能の網羅的なリストを徹底的に調べるというよりは、基本的な機能性を検証するためのものである。

スモークテストは、信頼性テスト(Confidence testing)またはビルド検証テスト(Build Verification Testing:BVT)とも呼ばれることが多く、手動と自動の2つの形態がある。

  • 手動スモークテストは、テスターが手作業でスモークテストを実施する伝統的なアプローチである。
  • 自動スモークテストは、テストケースを自動的に実行し、時間とコストの両方を節約する、ますます人気のあるアプローチである。

#10. ユーザー受入テスト

ユーザー受け入れテスト(UAT) は、QAライフサイクルにおけるテストの種類のひとつである。 通常、ソフトウェアがエンドユーザーにリリースされる直前に実施される。 このテストタイプでは、完成した製品を実際のエンドユーザーに送り、仕様と期待を満たしているかどうかをテストする。 UATにはユーザー、顧客、利害関係者が参加することができ、このプロセスは欠陥を検出し、メンテナンスコストを削減する能力で知られている。

このベスト10の品質保証タイプのテスト手法のリストは、すべての基本を網羅しているが、異なる状況に適したテスト手法が他にもあることを覚えておくことが重要である。 その選択は、それぞれのソフトウェアの仕様による。

 

品質保証の組織的手法

知っておくべきこと

アルファテスト - アルファテストとは何か、種類、プロセス、ベータテストとの比較、ツールなど!

品質保証テストの最終目的は、可能な限り最高の製品を作ることだが、アプローチや哲学はいくつもある。 ここでは、世界中の組織やプロダクトマネージャーが使用している、いくつかの異なる品質保証手法を紹介する。

 

1.総合的品質管理(TQM)

 

トータル・クオリティ・マネジメント(TQM)とは、ソフトウェア開発の哲学であり、次のような点に重点を置くことで、卓越した文化を創造するものである:

  • 顧客満足度
  • 従業員エンゲージメント
  • プロセス改善

TQMは、欠陥の発見や解決といった典型的なQAの目標に焦点を合わせている。 しかし、それはより全体的な範囲であり、チームメンバー全員が最高のソフトウェア構築に向けた強力なワークフローとプロセスの構築に投資する文化を構築することも目的としている。

 

TQMの主要な考え方

  • 顧客中心主義: TQMは、顧客のためにそれ以上のことをすることに重点を置いている。 つまり、時間をかけて顧客が何を求めているのかを本当に理解し、顧客のペインポイントを解決するソフトウェアを開発するということだ。
  • 従業員の参加:TQMは、エンジニアやテスターだけでなく、開発に携わるすべての人を巻き込む。
  • 継続的な改善: TQMのもうひとつの重要な側面は、ソフトウェアを改善するための新しいツール、方法、プロセスを常に探し求めることである。
  • プロセス重視: TQMは、スクラムやカンバンのようなアジャイル手法のような、堅実で十分にテストされたプロセスを構築することに重点を置いている。

 

2.プロセス・製品品質保証(PPQA)

プロセスおよび製品品質保証(PPQA)は、高品質のソフトウェア製品を保証するための包括的なアプローチである。 PPQAは、最終製品だけをテストするのではなく、製品開発のライフサイクル全体を重視している。

PPQAは、QAのベストプラクティスの多くを踏襲し、製品デリバリーに対する全体的なアプローチをとっている。 この方法には以下が含まれる:

  • 開発標準に関する広範なドキュメントの作成
  • すべてのソフトウェア開発プロセスの監査を実施し、潜在的な弱点、ボトルネック、非効率性を概説し、改善する。
  • エンジニアのための総合的な学習と開発
  • データとフィードバックを活用し、開発プロセスを継続的に改善する。

 

3.故障試験

一般にネガティブテストと呼ばれる失敗テストは、無効な入力、予期せぬ条件、エッジケースなどを提供することによって、プログラムを壊そうとする品質保証手法である。 これらの手法の目的は、ソフトウェアがリリースされる前にバグや欠陥を発見することである。

失敗テストにおけるソフトウェアQAテストの種類

ここでは、一般的な故障検査の種類をいくつか紹介する:

  • 等価分割: このテスト技法では、入力を同値クラスにダイビングする。 そして、各クラスから1つの入力だけをテストし、理論的にはテスト時間を短縮する。
  • 境界テスト: 想定される値の範囲外の入力をソフトウェアに与えるテスト。
  • エラーの推測: エンジニアは、ソフトウェアに問題を引き起こす可能性のあるエラーを推測し、これらの潜在的な欠陥を探索するテストケースを構築する。

 

4.故障試験の主要な考え方

失敗テストの核となる考え方には、以下のようなものがある:

  • ハッカーのように考える: 失敗テストは、テスターにソフトウェアの一部を壊したり、脆弱性を暴こうとしたりする人のように考えることを促す。 システムに過負荷をかけたり、ソフトウェアに悪意のあるコードを注入しようとしたりすることで、開発者は自社製品の潜在的な弱点をより深く理解することができる。
  • 期待される行動を超えていく: 多くのテストケースは、期待される動作に対してソフトウェアを検証する。 失敗テストは、エッジケースを発見するために、より型破りな方法を取る。
  • 物を壊す: 失敗テストは、テスターが開発初期にソフトウェアを壊すことを促す。 このような骨折は、修復されても最終製品をソフトにするだけだ。

もちろん、これらはソフトウェア品質工学の世界で、堅実な開発文化を確保するために使われている手法の一部に過ぎない。

 

さまざまなソフトウェアとQA手法

さまざまなソフトウェアとQA手法

プロジェクトの範囲、組織の好み、プロジェクトの制約や要件によって、適切な手法やフレームワークは異なる。 QAテストのアプローチで使用される3つのベストメソッドを見てみよう。

 

#1. ウォーターフォール法

ウォーターフォール方式は、伝統的なソフトウェア開発手法である。 よく言われるのは、ソフトウエアを開発する際に「逐次的で段階的なアプローチ」をとるということだ。 要するに、滝のような高さから水が流れ落ち、それぞれの段階が始まってから次の段階に進むことを表現していることから、この名前がついた。

開発の文脈では、要求の収集は、設計、開発、テストの順に先に行わなければならないことを意味する。

このアプローチは構造化され、規律正しいが、他の方法論に見られる柔軟性や組み込みのコラボレーションには欠ける。 最も問題なのは、この方法では後期に欠陥が発生するリスクがあり、その修正に費用と時間がかかることだ。

 

#2. アジャイル方法論

アジャイル手法とQAテストは異なる概念であるが、両者にはいくつかの関係があり、うまく連携することができる。 それぞれの使い方を説明してから、どのように併用できるかを見てみよう。

 

アジャイル方法論

  • 通常スプリントと呼ばれる、1~4週間の短期間でソフトウェアを提供することに重点を置く。 この反復的アプローチは、前述のウォーターフォール方式とは対照的である。
  • スプリントは、開発者にフィードバックや洞察を得たり、失敗から学んだりする機会を与える。 このアプローチは、継続的な改善への扉を開く。
  • アジャイルチームは通常、部門横断的である。 そのため、エンジニア、テスター、利害関係者、プロダクトオーナーは、より全体的なアプローチで製品開発に取り組むことになる。

 

アジャイルにおけるQAテスト

  • 継続的テストはアジャイルの大きな部分を占めており、開発ライフサイクル全体にわたって、頻繁に自動化されたソフトウェアテストに大きく依存している。 このアプローチは、新機能や新フィーチャーによって発生する可能性のある不具合やリグレッションに目を光らせるのに役立つ。
  • アジャイルはまた、開発ライフサイクルのできるだけ早い段階で製品をテストすることを意味する、シフトレフトテストをサポートしている。 繰り返しになるが、ここでの主な利点は、バグや敗因をできるだけ早く、修正しやすいうちに見つけて解決することだ。
  • QAソフトウェアエンジニアリングアプローチは、テスターと開発者の緊密なコラボレーションを重視するアジャイルにマッチする。 このようなフィードバック・ループは、サイロを打破し、全員が高品質のソフトウェアという目標に向かって引っ張ることを確実にする。

 

#3. デブオプス

DevOpsは、開発チームと運用チームを組み合わせたソフトウェア開発の革新的なアプローチである。 QAテストと組み合わせると、QAチームが加わることで、もうひとつのサイロが破壊される。 コラボレーションを強化し、ソフトウェア開発プロセスのオーナーシップを共有することで、チームはより優れたソフトウェアをより早くリリースすることができる。

DevOpsとQAのアプローチの主な特徴には、以下のようなものがある:

  • 上記のアジャイル・アプローチに似た、シフト主導のテスト
  • 継続的インテグレーションとデリバリー(CI/CD)とは、コードが1日に数回マージされテストされることを意味し、フィードバックが実装され、リグレッションが迅速に修正されることを意味する。
  • DevOpsは、ソフトウェアテストとQAテストの両方にソフトウェアテスト自動化を大いに活用し、より迅速でコスト効率の高いテストを実現することで、開発者をより価値主導のタスクに解放する。
  • 継続的なテストと改善は、ソフトウェアテストにおける品質保証の理想と一致するDevOpsアプローチのもう一つの大きな側面である。

おわかりのように、ソフトウェアテストにおける品質保証アプローチでは、これらの手法のいずれかを使用することができる。 しかし、QAテストの価値を最大限に引き出すには、次のようなことが必要である。
アジャイル/デブオプス
アプローチ

 

ソフトウェア品質保証戦略の実施

医療におけるロボティック・プロセス・オートメーションの未来

堅実なソフトウェア品質テスト戦略には、入念で熟慮されたプランニングと、テスト環境、テストケース、テストに使用するソフトウェアに関する十分な情報が必要です。 このセクションでは、QAテスト戦略を実施する最善の方法を概説する。

IS YOUR COMPANY IN NEED OF

ENTERPRISE LEVEL

TASK-AGNOSTIC SOFTWARE AUTOMATION?

 

#1. テスト環境の評価

ソフトウェアのテスト環境は、テストにとって重要である。 アプリケーションがテストされ、評価される場であり、以下のようなものが含まれる:

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • ネットワーク
  • テストデータ
  • テストツール

環境が万全であることを確認することは、堅牢な品質保証テストを実現する上で大きな意味を持つ。

適切なテスト環境を構築するには、製品の特性を理解するための調査が必要です:

  • 特徴
  • 仕様
  • 依存関係
  • 必要条件
  • 建築
  • 統合化

最良のシナリオでは、包括的なドキュメントのおかげで、これらの情報はすべてあなたの指先にある。 これらの情報をすべて収集すれば、リリース出荷前に必要な品質保証テストが可能なテスト環境かどうかを理解することができます。

 

#2. テストケースの開発

堅牢なテスト環境が整ったことを確認したら、テストケースを作成する必要があります。 テストケースの構築は方法論に基づいたプロセスである。 以下はその手順である:

  • ユーザーの要求、期待、仕様についてできるだけ多くの情報を集める。 特徴、機能、エッジケースの分析
  • トレーサビリティ・マトリクスを構築し、各製品の機能を指定されたテストケースにマッピングする。 必要なものはすべてカバーできるようにしておくこと。
  • 必要であれば、テストケースのテンプレートを使ってテストを書き出す。
  • テストケースが明確で簡潔であり、受入を評価するための定量化可能な結果があることを確認する。

 

#3. 必要なテストデータを把握する

テストケースの設計が完了したら、今度はソフトウェアの検証に必要なデータの種類を考えよう。 必要なデータには以下のようなものがある:

  • 有効なデータと無効なデータ
  • 代表的なデータ
  • 境界値
  • 性能試験データ
  • セキュリティテストデータ

テスト前にすべてのデータを準備し、製品をテストするために必要なアカウントを設定してください。

 

#4. 最適なQAテストツールを選択する

厳しい納期と厳しい予算は、ソフトウェア・テスト自動化ツールが競争に勝ちたい企業にとって不可欠であることを意味する。 正しいテスト自動化ツールの選択は不可欠である。 ZAPTESTは、チームがコンカレントテストを実行し、GUIやAPIを検証し、さらには複数のプラットフォームやデバイスで自己修復ボットを実行することを可能にする、堅牢なテストツール群を提供します。

ノーコードテストツール、ライセンス無制限、そして
RPA
ZAPTESTはライバルに差をつける。

 

#5. テストと分析

ステップ1~4に従ったら、いよいよソフトウェア・テストの実施に移る。 しっかりとしたテストスケジュールを立てた上で、テストケースを計画的にこなしていく。 カバレッジを確保するためには、しっかりとしたテスト計画が不可欠である。 結果が出たら、それをテスト計画に追加し、結果を分析する。 ソフトウェアがステークホルダーの期待に応えられるよう、バグや不具合の修正をスケジュールする。

 

#6. 繰り返してから離す

テストが実行され、バグや欠陥が解決されたら、品質保証を確実にするためにテストを繰り返します。 テスト計画では、明確で客観的な成果を達成しなければならない。 最後に、製品をリリースするサインをする前に、業界の要件を満たしているかどうかを再確認してください。

 

QAテストにはどのような役割がありますか?

RPAのメリット

堅牢なQAテストチームとはどのようなものだろうか? ここでは、確かなソフトウェアの品質と保証テストを実施するために必要な人材を簡単に紹介する。

 

1.ソフトウェア品質アナリスト

ソフトウェア品質アナリストはソフトウェアをテストし、その分析に基づいてチームが将来発生する可能性のあるバグや不具合を予測するのを支援する。

2.QA自動化エンジニア / QAテスター

QAオートメーション・エンジニアとQAテスターは、顧客に届く前にバグや不具合を特定しようとする。

3.テスト建築家

テストアーキテクトは、ソフトウェアを適切に検証するためのテストを構築・設計することで、QAテストにおいて重要な役割を果たす。

4.QAリード

QAリーダーはチームリーダーである。 彼らは通常、テストを監督し、スケジュールが遵守されていることを確認する。

5.QAマネージャー

QAマネジャーは、QAチームと顧客との連絡調整を行う。 レポートを納品し、アナリストと協力し、期待に応えるよう製品の品質を評価する。

 

最高のソフトウェア品質保証ソフトウェアとは?

ZAPTEST RPA + テスト自動化スイート

ここ数年、優れたソフトウェア品質保証ソフトウェアが市場に登場し、包括的なテストに向けたより迅速でコスト効率の高い手段を提供している。 市販されている最高のツールをいくつか見てみよう。

 

1.最高のオールインワンツールZAPTEST

ZAPTESTは業界をリードするテスト自動化ツールで、高品質のテスト自動化ツールが満載されています。 WebDriverインテグレーション、並列実行、ノーコードテスト、ライブテスト、クロスプラットフォーム・クロスアプリケーションテストは、このソフトウェアの大きな利点のほんの一部です。

アジャイル/DevOpsチームに最適なツールで、専用のZAP Expertと無制限ライセンスが付属しています。 さらに、ファーストクラスも含まれている。
RPA
ツールや、コーディングCoPilotやComputer Vision Technology (CVT)のような革新的なAIソリューション。

ZAPTESTは、その堅牢な機能群により、お客様のソフトウェアおよびQAに関するあらゆるニーズにお応えします。 さらに、ユーザーフレンドリーで直感的、費用対効果に優れており、以下のような未来的な世界を熱望するチームにとって理想的な選択となる。
ハイパーオートメーション
.

 

手動テスト用推奨ツール

TestRailは堅実なテストケース管理ツールです。 このソフトウェアは、QAチームがテストを整理し、結果を追跡するのに役立つ。 さらに、QAテストの核となるコンセプトである、チームの効率的なコラボレーションを可能にする。 優れたリアルタイムのレポートとインサイト、拡張性、ユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、手動テストを使用しているチームにとって良い選択肢であることは容易に理解できる。

 

自動テストのための推奨ツール

Seleniumは、自動化機能を備えた無料のオープンソースソフトウェアテストツールである。 さまざまなウェブブラウザやプラットフォーム、Python、Java、JavaScript、C#、Rubyなどの言語をサポートしている。 柔軟性があり、再利用可能なテストが可能で、強力なユーザーコミュニティがあり、QAテストに適したツールである。

 

パフォーマンス・テスト用推奨ツール

New Relicは、パフォーマンステストのための優れたQAおよび自動化ツールだ。 統合された負荷テスト、根本原因の分析、ボトルネックの検出、優れたレポート・ツールにより、QAに重点を置いたパフォーマンス・テストに適した選択肢となっている。

各推奨ツールはそれぞれの仕事において優れているが、手動テスト、自動テスト、パフォーマンステストに秀でた強力なオールインワンツールを求めるのであれば、ZAPTESTを第一候補とすべきである。

 

ソフトウェアの品質と保証:

手動か自動か?

アルファテストとベータテストの比較

テスト自動化ツールは、ソフトウェア・テストの世界を一変させた。 予算と納期がかつてないほど厳しくなる中、自動テストの人気が高まっている。 しかし、手作業によるテストの余地はまだあるのだろうか?

 

1.品質保証マニュアルテストの役割

ソフトウェアテストにおける品質保証の歴史において、ほとんどのプロセスは手作業で行われてきた。 ここ10年ほどの間に、ソフトウェア自動化ツールが台頭してきたが、QAテストに関しては、手動テストは依然として有用である。 以下はその一部である:

  • 探索的テスト
  • ユーザー・エクスペリエンス・テスト
  • 確認テスト

 

2.品質保証自動化テストのメリット

品質保証の自動化は、スピード、費用対効果、利便性、そして優れたテストカバレッジのために、近年すっかり定着している。 QAおよび自動化ツールは、不具合を早期に検出し、テストプロセスの精度と一貫性の両方を向上させるのに役立つ。 さらに、CI/CDのようなQAとテストのアプローチを促進し、チームがアジャイル/DevOps手法を取り入れるのを助ける。

QAと自動テストは、どちらもソフトウェア開発に対する最新のアプローチの一部である。 手作業によるテストはまだその地位を保っているが、ユーザー・エクスペリエンス・テストを再現できるAI支援ツールのおかげで、テスト自動化は徐々にその地位を引き継ぎ、質を高めている。

 

ソフトウェアの品質と保証のベストプラクティス

 

品質保証は複雑な分野であり、様々な問題がある。 しかし、適切な準備と意識があれば、それを面倒に思う必要はない。 ここでは、ソフトウェアのビルドを可能な限り優れたものにするためのヒントとベストプラクティスを紹介する。

 

1.CI/CDの使用

継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)のテストは、品質保証に不可欠である。 開発者は、コードの小さなセクションを一元化されたモジュールに更新するため、新しい追加ごとにテスト自動化を優先させることができる。 バグを早期に発見し、問題を迅速かつ効率的に解決することができます。 自動化されたテストは、パイプライン全体で一貫性のある標準化されたテストを活用し、新しい機能が既存の機能を壊さないようにし、リグレッションを防ぐことを意味します。

 

2.手動テストと自動テストを併用する

ソフトウェアテストの自動化には多くの利点があります。
ソフトウェアテストの自動化
コスト削減、テストカバレッジの拡大、時間の節約、ヒューマンエラーの削減、ソフトウェア品質の全体的な向上などである。 これらの利点は非常に大きいため、手動テストの有用性が不明瞭になりかねない。

特に、エッジケースやユーザーエクスペリエンスに関連する状況を発見する必要がある場合はそうだ。 テスト自動化は非常に洗練され、ほとんどの可能性をカバーできるようになったが、時間と予算に余裕があれば、両方のテストタイプの力を組み合わせるとよい。

 

3.テストケースは明確かつ簡潔に

専門用語を多用したテストケースは避ける。 専門用語は避けられない場面もあるが、明確かつ簡潔な表現がベストだ。 テストケースに混乱や曖昧さがあると、基準が誤って受け入れられたり、拒否されたりする可能性がある。 そのため、目的と成果を誰もが理解しやすいものにし、どのようなステップも簡単に再現できるようにします。

 

4.コミュニケーションが鍵

品質保証には、事業全体の利害関係者が関与する。 そのため、プロダクトマネージャー、顧客、開発者、その他関係するステークホルダーが、進捗、リスク、発見などを常に把握できるようにする。 さらに、バグ追跡システムですべての不具合を文書化して追跡し、適切な関係者が文書にアクセスできるようにする。

 

5.シフトレフトテストで前に出る

シフト・レフトのテストは、可能な限り早い段階でテストを実施することに尽きる。 CI/CD アプローチは素晴らしいスタートだが、SDLC 全体にわたってこの哲学を導入することができる。 例えば、ユーザー受け入れテスト(UAT)は、プロジェクトが完成に近づいてから行うのではなく、モックアップやプロトタイプから始めることができる。 フィードバックに合わせて製品を作り直す必要がないため、膨大な時間を節約できる。

IMBのリサーチペーパーに掲載された
IMBの研究論文
設計で欠陥を修正する方が、実装、テスト、メンテナンスで修正するよりもはるかに安上がりであることを示している。


6.セキュリティに留意する

特に顧客データを使用するアプリケーションの場合、ソフトウェアのセキュリティが不十分であれば、その影響は甚大なものとなります。 プロダクトマネジャーは、QAプロセスのできるだけ早い段階で、セキュリティの文化を培うべきである。 QAテストに静的コード解析を導入するのは良いスタートだ。 QAチームに対するセキュリティトレーニングと開発者との深い協力は不可欠であるが、セキュリティテストには時間がかかることに注意すること。 そのため、自動化にはもってこいの候補だ。

 

最終的な感想

ソフトウェア品質保証は、ソフトウェアが顧客の期待に従って開発され、維持されることを保証する体系的なアプローチである。 QAとテストは密接な関係にある。なぜなら、不具合を発見し解決することは、ステークホルダーの問題を解決する安定したビルドを提供する上で大きな役割を果たすからだ。 QAテストは、ソフトウェア品質保証アプローチ全体の一部に過ぎないが、重要な柱のひとつである。

Download post as PDF

Alex Zap Chernyak

Alex Zap Chernyak

Founder and CEO of ZAPTEST, with 20 years of experience in Software Automation for Testing + RPA processes, and application development. Read Alex Zap Chernyak's full executive profile on Forbes.

Get PDF-file of this post